記事カテゴリー

「 女性活躍推進 」一覧

一億総活躍社会の実現を目指す働き方改革において、女性やシニア人材、外国人労働者などの多種多様な人材の活用・活躍が求められています。

日本女性の世代別労力率をグラフ化したときにM字となる現象である、M字カーブが問題視されていました。M字となる原因は、新卒などから働き始めて、結婚や出産などで離職し、育児が落ち着く30代後半~40代前半に再就職することが挙げられます。共働き世帯が増えたことや、女性の働きやすい環境整備により、M字カーブは解消されつつあります。

女性を取り巻く状況も変化しています。平均初婚年齢が1970年では24.2歳だったのに対して2014年では29.4歳、平均第一子出産年齢は25.6歳から30.6歳と晩婚化が進んでいます。

国際社会の視点からは、日本は女性の活躍推進が遅れている国である認識があります。世界経済フォーラムの「ジェンダーギャップ(男女格差)指数ランキング」では、日本は144カ国中114位と、後発開発途上国とされる国々と同じレベルに留まっています。

女性の活躍推進を行うためには、育児を考慮した働き方や就業環境を作るだけでなく、他の従業員の理解を得ることも大切です。マミートラック(仕事や子育ての両立はできるが、昇進・昇格はできないキャリアに充てがう)や時短労働による他の従業員の長時間労働などの問題にも留意する必要があります。

女性活躍推進カテゴリーでは、女性の活躍推進における現状や将来像、国内外の女性活躍推進施策や事例、取り組むべき課題や考え方などについて説明します。

アファーマティブアクションが日本で遅れている理由と問題点とは?

日本のアファーマティブアクションは、世界から見て非常に遅れています。日本のジェンダー・ギャップ(男女格差)指数は、世界全体で見ると非常に低いランクで推移しており、先進7ヵ国の中では最下位です。今回は日本のアファーマティブアクションが遅れている原因を、世界の指標と比べながらご説明します。

アファーマティブアクション・ポジティブアクション求人の条件とは?

アファーマティブアクション(ポジティブアクション)とは、男女間の格差の是正を目的に行う取り組みのことです。アファーマティブアクションとしての女性向け求人は、条件をしっかり確認しておく必要がありますが、女性の労働力を集めることができる効果的な方法です。今回はアファーマティブアクションとして認められる求人の条件や、条件を満たした上での注意点についてご紹介します。

アファーマティブアクション・ポジティブアクションの企業事例とは?

アファーマティブアクション(ポジティブアクション)とは、男女間の格差の是正を目的に行う取り組みのことです。自社でアファーマティブアクションの取り組みを始める際、どんな取り組みを行うかを考えるために、他社の事例を見ることで大きなヒントが得られます。今回は実際にアファーマティブアクションに取り組んだ企業の事例を、6例ご紹介します。

アファーマティブアクション・ポジティブアクションの問題点とは?

アファーマティブアクション(ポジティブアクション)とは、男女間の格差の是正を目的に行う取り組みのことです。アファーマティブアクションを実施するためには、組織風土や従業員の意識改革などの長期的な視点での改善が必要な問題もあるため、早めの取り組みが重要です。今回はアファーマティブアクションを実施する上での問題点と解決方法をご説明します。

アファーマティブアクション・ポジティブアクションの取り組み例とは?

アファーマティブアクション(ポジティブアクション)とは、男女間の格差の是正を目的に行う取り組みのことです。アファーマティブアクションの取り組みとは、単に女性を雇用すればよいというものではなく、解決を目指す課題によって取り組むべき手法が異なります。今回はアファーマティブアクションで取り組むべき課題と、課題によって異なる手法についてご説明します。

アファーマティブアクション・ポジティブアクションの意味とは?

アファーマティブアクション(ポジティブアクション)とは、男女間の格差の是正を目的に行う取り組みのことです。企業がアファーマティブアクションに取り組むと、男女格差を是正できるだけでなく、様々なメリットを得ることができます。今回はアファーマティブアクションの意味と必要な理由、メリットやデメリットなどについてご説明します。