記事カテゴリー

「 リテンション 」一覧

リテンションとは、自社の人材や顧客との関係を維持・保持するという意味です。人事業務におけるリテンションとは、幹部候補や将来の活躍を有望視されている若手社員が外部流出するのを防ぐ(離職防止)施策として用いられます。

リテンション施策には、給与やボーナスなどの金銭的報酬と就業環境の充実やスキル・キャリアのサポートなどの非金銭的報酬の2種類が挙げられます。有効なリテンション施策を見極めるためには、自社従業員の離職の原因や背景を客観的に分析する必要があります。(円満退職するために、会社に伝える離職理由は本音ではなく建前であることが多いです。)

リテンションカテゴリーでは、リテンション施策を活用することのメリットや注意点、具体的な施策例や企業事例などについて説明します。

リテンションマネジメントとは?優秀な人材の流出を防止し、確保する

優秀な人材の流出を防止するリテンションですが、施策だけでなく、マネジメント段階まで落とし込むことが大切です。リテンションマネジメントでは「人材の流出を防ぐ」就業環境づくりが重視されます。リテンションマネジメントの意味や定義、目的などの概要について説明します。

リテンション施策の企業事例とは?他社事例から成功要因を探る

優秀な人材の流出を防止する施策である「リテンション施策」。人材の確保は、世の中の人事担当者・経営者の悩みでありながらも、具体的にどのような施策を実施したら良いのか分かりづらいため、中々実行にうつせない企業が多いのも現状です。今回は他社で成功したリテンション施策を9社分紹介します。リテンション施策で成功させるポイントや、具体的な運用例などを確認して、自社でも活用してみましょう。

リテンション(離職防止)の施策例とは?効果的な施策で効果を向上させよう

人材確保の課題として「新規人材を獲得する」「既存人材の流出を防ぐ」の2視点が必要です。リテンション施策は「既存人材の流出を防ぐ」施策です。リテンションに取り組みたいと考えている企業は67%ですが、実際に取り組んでいる企業は35%と多くなく、どのような施策を行ったら良いかわからない現状があると予想されます。今回はリテンション施策の考え方や着眼点、リテンション施策の具体例について説明します。

人事のリテンションの意味とは?優秀な人材の流出対策を実施しよう!

売り手市場によって人材の新規獲得が難しくなる中、既存人材の流出も大きな問題となっています。スキルがあり業績への貢献度が高い優秀な人材ほど、他社からの評価も高くなるため、流出しやすい恐れがあります。人材の流出を防ぐためにリテンション施策が注目されています。しかしリテンションについて対応している企業は2016年時点で35%とまだ多くないのが現状です。リテンションの定義や目的、活用するメリットや注意点について説明します。