記事カテゴリー

「 労働生産性 」一覧

日本政府が掲げる「働き方改革」が解決しようとする課題の一つに「労働生産性の向上」があります。少子化による労働力人口の減少や企業の人材不足に伴い、1人あたりに求められる業務の量や質が増加する一方で、長時間労働の是正を行うためには、労働生産性の向上が必要不可欠です。

日本の労働生産性は、バブル期を含めても、過去最大レベルで推移しています。しかしこの20年は停滞が続いており、主要先進7カ国のうちは最下位、先進諸国の中でも平均以下の水準となっています。

労働生産性を向上させるためには、グローバル化する市場競争に勝つためのロボットや人工知能などのテクノロジーの活用はもちろんのこと、適切なマネジメント・リーダーシップの発揮が求められます。主要先進国に差を付けられてしまった(日本はアメリカの2/3の水準)を考えると、日本企業における解決すべき課題は多いことが挙げられます。

労働生産性カテゴリーでは、日本企業の労働生産性がなぜ低いと言われているのかの原因や理由、自社の労働生産性を向上させる施策やメリットなどについて説明します。

プレゼンティーイズムとは?出社しても生産性が低い状態に陥る理由

プレゼンティーイズムとは「出社しているが心身の状況の悪さから生産性が上がらない状態」のことです。日本人は勤勉と言われていますが、有給取得率は40%とヨーロッパ諸国に比べると低い状態である一方で、風邪等で欠勤するボーダーラインとして発熱37.9度を挙げるほど、無理して働いている実情があります。今回はプレゼンティーイズムについて説明します。

パフォーマンスマネジメントのやり方や注意点とは?人事部のサポートが大切

パフォーマンスマネジメントとは1970年代に提唱されたマネジメント手法で「部下や従業員の目標管理を通して、組織全体の目標達成を実現するマネジメント手法」です。パフォーマンスマネジメントを実施するためには、評価制度の抜本的な見直しが必要になります。今回はパフォーマンスマネジメントのやり方や注意点について説明します。

ストレッチ目標の設定方法や運用時の注意点とは?フォローが大切

ストレッチ目標とは、ただ単純に手を伸ばしても届かない、並大抵なことでは達成困難な目標のことです。達成困難な目標を設定したことによって、従業員も予想以上に成長する可能性もありますが、適切な運用を行うにはフォローが必要不可欠であり、フォローがないとパワハラとみなされる可能性もあります。今回はストレッチ目標の設定方法や運用時の注意点について説明します。

パフォーマンスマネジメントとは?自発的な行動を促す手法

パフォーマンスマネジメントとは1970年代に提唱されたマネジメント手法で「部下や従業員の目標管理を通して、組織全体の目標達成を実現するマネジメント手法」です。目標管理については従来のマネジメント手法とほとんど変わりませんが、中長期的な目標をベースとした従来の評価方法に見られたタイムラグを防ぐことができます。今回はパフォーマンスマネジメントについて説明します。

ストレッチ目標とは?達成困難な目標設定はどんな効果があるのか

ストレッチ目標とは、ただ単純に手を伸ばしても届かない、並大抵なことでは達成困難な目標のことです。ストレッチ目標は目標を達成する結果に意味があるのではなく、目標を達成するプロセスに意味を見出します。しかし現実的でない目標設定は、従業員の不満を生む原因につながる可能性もあります。今回はストレッチ目標について説明します。

行動科学マネジメントのやり方や実施方法とは?ABCモデルを理解する

行動科学マネジメントとは「誰が行っても再現できる」マネジメント手法であり、行動を起こす動機付けに着目する方法です。行動科学マネジメントはABCモデルを理解すれば、誰でも簡単に行うことができます。今回は行動科学マネジメントのやり方や実施方法について説明します。

行動科学マネジメントとは?再現性を持った成果の最大化を目指す

行動科学マネジメントとは「誰が行っても再現できる」マネジメント手法であり、行動を起こす動機付けに着目する方法です。同じ行動を起こせば同じ成果が得られるマネジメントなので、人事制度や育成計画の設計で大きな効果が期待できます。今回は行動科学マネジメントについて説明します。

ポジティブ心理学のやり方とは?普段の業務でも取り組める!

ポジティブ心理学とは、人の持つポジティブな側面に焦点を当てたことで生まれた新しい捉え方です。ポジティブ心理学を実践するには、5つの柱であるPERMAを理解し、普段の生活や業務などで取り組める範囲から始めることが大切です。今回はポジティブ心理学のやり方について説明します。

ポジティブ心理学とは?組織の生産性向上のために必要なこととは

ポジティブ心理学とは、人の持つポジティブな側面に焦点を当てたことで生まれた新しい捉え方です。学問としてはまだ日は浅いものですが、、世界中から研究報告や実践報告がされており、組織の生産性向上にも大きな影響を与える考え方として注目されています。今回はポジティブ心理学の概要について説明します。

社内失業が起きる原因や対策方法とは?まずは労働状況について把握しよう

社内失業とは、会社に在籍して勤務しているが仕事がない状態や、仕事のない労働者のことです。日本企業は正社員を解雇しにくい法律があり、終身雇用が前提であった職能評価の存在によって、海外企業に比べて社内失業が起きやすい現状があります。社内失業を防ぐ方法や起きてしまった後の対応方法などはあるのでしょうか?今回は社内失業が起きる原因や対策方法について説明します。