記事カテゴリー

「 人材確保等支援助成金 」一覧

人材確保等支援助成金とは、厚生労働省が設けている助成金の一つであり、従業員の定着(離職率の減少)を目的とした助成金です。

人材確保等支援助成金では、雇用保険一般被保険者の人数から低下させる離職率の目標が決まっており、目標を達成することで助成されます。取組内容によってコースが分かれており、人事評価・処遇制度やメンター制度など、人事担当者にとって馴染み深い制度を導入することでも助成金を受給できます。

人材確保等支援助成金カテゴリーでは、助成金の概要や受給要件・受給金額、どのような取り組みをしたら助成されるのかについて説明します。

【人材確保等支援助成金】雇用管理制度助成コースとは?

人材確保等支援助成金の雇用管理制度助成コースとは、離職率を低下させるための「評価・処遇制度」や「研修制度」、「メンター制度」などを新たに導入することで受給できる助成金です。目標達成助成であるため、申請の際には現状の離職率と目標とする離職率を記載した雇用管理制度整備計画書を提出する必要があります。雇用管理制度助成コースの目的や受給金額、達成目標として必要な数値などについて説明します。

【人材確保等支援助成金】人事評価改善等助成コースとは?

人材確保等支援助成金の人事評価改善等助成コースとは、人事評価を整備し、離職率を改善した場合に受給できる助成金です。人事担当者としても離職率改善には人事評価制度が重要だと考えていながらも、未だに多くの従業員が自社の人事評価制度に不満を抱えています。人事評価改善等助成コースの目的や受給要件、どんなことをしたら助成されるのかについて説明します。

人材確保等支援助成金とは?離職率改善策の費用負担を軽減しよう!

人材確保等支援助成金とは、早期離職の防止や離職率の改善を目的とした助成金です。様々なコースが用意されており、評価・研修制度やメンター制度の導入などの人事担当者がよく耳にする制度だけでなく、介護や保育、建設などの人手不足が懸念されている特定の業種に限ったコースなどがあります。今回は人材確保等支援助成金とはどのような助成金か、どんなコースがあるのかについて説明します。

勤務間インターバル制度を導入して助成金を受給できるコースとは

時間外労働等改善助成金の勤務間インターバル導入コースとは、退勤から出勤までの生活時間・休息時間を一定時間確保した際に受給できる助成金です。勤務間インターバルを就業規則に新設することはもちろんのこと、既に記載していたとしても、対象となる労働者を増やしたり、インターバル時間を延長する取り組みも助成金の対象となります。勤務間インターバル導入コースの受給要件や達成目標、受給金額などについて説明します。