記事カテゴリー

「 採用要件 」一覧

採用要件とは、求める人物像の設計をする際に、どのようなスキルや価値観を持っているのかを明確にするために必要な採用プロセスです。コミュニーケーションスキルが高いなどの抽象的な定義ではなく、結論を先に話す、根拠が客観的で第三者にとっても明確であるなどの具体的な定義とすることが重要です。

採用要件は、自社の採用選考プロセスの根幹となるだけでなく、人材の教育研修戦略や人事評価制度にも活用ができる、非常に重要な概念です。誤った人材要件を行ってしまうと、採用すべき人材の見極めができないだけでなく、早期離職してしまう人材の採用や中長期的な売上業績の向上にも影響を与えます。

採用要件を定義する場合は、一般的に優秀な人材ではなく、自社にとって優秀な人材を見極めることが重要です。多くの企業が一般的に優秀な人材を採用要件として定義していますが、東証一部上場の有名企業や給与も将来性も高い海外企業などと同じ人材獲得市場に立たなければならないため、採用予算や人員が限られる企業であればあるほど難易度が高くなり、早期離職の可能性も否めません。

採用要件カテゴリーでは、抽象的な採用要件から具体的な採用要件に変更する方法や重要性、具体的な採用要件をどのように活用すべきか、新卒採用や中途採用における採用要件の違いについて説明します。

求める人物像の設計方法とは?4つの視点で考え、採用活動を成功させよう!

採用活動を成功させるためには「求める人物像」を明確にすることが大切です。採用活動に失敗してしまう企業の特徴として「人材獲得が目的になっている」「求める人物像が明確化されていない」ことが挙げられます。少子化かつ売り手市場で人材獲得難が加速する中で、採用活動を成功させるためには、求める人物像の設計が大切です。今回は求める人物像の設計方法で重要な4つの視点について説明します。

新卒採用で「求める人物像」を設定する3つのポイントとは?

採用活動を成功させるためには「求める人物像」を明確にすることが大切です。人材採用は、自社の課題解決手段であり、目的ではありません。新卒採用の場合、対象となる求職者のほとんどは専門性が高いとは言えない人材であるため、「人物重視」「伸びしろを期待」して採用活動が行われます。新卒採用を成功させるためには、抽象的で曖昧である「人物」や「伸びしろ」、「コミュニケーションスキル」などを具体的な項目に落とし込み、優先順位を付けて早期離職を防ぐ採用活動を行う必要があります。今回は新卒採用における「求める人物像」を設定する上で、重要な3つのポイントについて説明します。

KSAOでの業務分析とは?求める人物像を定義するためにKSAOを活用しよう!

採用戦略を立てる上で、求める人材を定義する必要があります。採用活動を成功させるためには、求めているポジションにどのような能力が必要なのかを明確にしなければなりません。KSAOを用いた業務分析は、アメリカ企業でよく用いられている方法です。今回は求める人物像を明確にするために、KSAOでの業務分析を行う方法について説明します。