記事カテゴリー

社会的望ましさの尺度とは?要素を分解し、採用面接で活用しよう

社会的望ましさとは、「一般的に正しいと思われるような振る舞いをする」行動バイアスのことです。採用面接において、求職者の受け答えがどれだけ真実であるかを見極めることは大切です。自分を良く見せようとして「話を盛る」ことは少なくないですが、より重要なのは「話を盛っているから悪い」わけではないことです。この記事では様々にある「社会的望ましさ尺度」についての紹介を行います。

外国人採用とは?実施する目的やメリット・デメリット、実態について

少子高齢社会になり、労働生産人口が減少し続ける一方で、労働力人口は増加しています。背景として、女性の活躍推進やシニア採用、外国人採用などが挙げられます。外国人労働者は増加し続けている一方で、約3%の事業所でしか外国人人材が働いていない実態があります。今回は外国人採用を行う目的やメリット・デメリット、社会的な背景や実態について説明します。

社会的望ましさとは?求職者の盛った話・嘘は成長につながる

社会的望ましさとは、「一般的に正しいと思われるような振る舞いをする」行動バイアスのことです。採用選考では、求職者が盛った話・ウソをつくことは珍しくない一方で、多くの人事担当者が真偽を見抜いています。ウソをつくから悪いと決めつけるのではなく、社会一般的に望ましいように振る舞おうとしている観点から求職者を見極めることで、入社後の成長や配属に活かすことができます。今回は社会的望ましさとは何か、人事業務にどのような影響を与えるのかについて説明します。

リファレンスチェック後の内定取り消しは可能なのか?

採用選考の段階で経歴や実績を「盛って」話す人は、実のところ決して少なくありません。経歴詐称などが発覚すると、最悪の場合は会社の信用問題にも発展するケースもあり、情報の信ぴょう性を確認することが大切です。そこで行われるのがリファレンスチェックです。しかし、内定者のリファレンスチェック後に何らかの詐称が発覚した時、内定取り消しとして大丈夫でしょうか?この記事では、法的な内容も視野に入れつつ解説します。