記事カテゴリー

近接誤差が生まれる原因や対策方法とは?客観性と手軽さがポイント

近接誤差とは、直近の出来事の方が強く印象に残ってしまい、評価期間全体の実際の成果よりも評価が高くなったり低くなったりしてしまう心理的偏向の一種です。近接誤差は主観による評価や面倒臭さから評価を後回しにしてしまうことで生じてしまいます。今回は近接誤差が発生する原因や対策方法について説明します。

社会組織化とは?早期離職や生産性の改善に欠かせないプロセス

組織社会化とは、新卒採用・中途採用を含む新入社員が、組織や仕事にうまく馴染むためのプロセスです。組織社会化は、離職率・定着率の改善だけでなく、労働生産性の向上にも影響があり、結果的に業績の向上にもつながる重要な概念です。今回は組織社会化について説明します。

社外メンター制度とは?社内メンターとの違いを理解して有効活用しよう

社外メンター制度とは、従業員の悩みなどを相談する相手を社外の人に依頼する制度です。社内では相談できない人間関係の悩みを解消できる可能性があるだけでなく、自社にとらわれない新しい発想のアイディアにつながる可能性もある制度です。今回は社外メンター制度について説明します。

厚生労働省の企業向けケアハラスメント対策のパンフレットとは

ケアハラスメントとは、働きながら家族の介護を行う方への嫌がらせや制度利用を阻害することです。以前にも増して介護は身近な問題となりましたが、介護をしたことがない人などによって介護は女性がするものなどと偏見が生まれており、ケアハラスメントにつながっています。今回は厚生労働省が推奨するケアハラスメントの対策方法について説明します。

フォールス・コンセンサス(偽の合意効果)の具体例とは?

フォールス・コンセンサス(偽の合意効果)とは、自分の意見や考え、行動が常に多数派でありかつ正常であると思い込む、認知バイアスです。自分の言動を受け取る側の考え方などを無視してしまうバイアスであるため、自分の思いを一方的に伝えるだけでなく相手にも同じ考え方を強要してしまうことは、人間関係の悪化に繋がります。今回はフォールスコンセンサスの具体例について説明します。

人事評価シートを作るための基礎知識とサンプルについて理解しよう

人事評価シートとは、人事評価の対象となる項目についての客観的な評価を記すものです。人事評価シートは平等かつ効率的な人材管理のほか、人材育成の観点からも利用価値が高い代物です。今回は人事評価シートを作るならばどんな項目を設定すべきかを、サンプルを見ながら紹介します。

フリートーク面接とは?採用活動に失敗する場合は構造化面接で精度向上を

フリートーク面接とは、雑談面接とも呼ばれる面接手法です。フリートークや雑談を中心とした採用面接で、候補者の真のコミュニケーションや素の姿を見抜きます。しかし最近は、フリートーク面接では自社が本当に欲しい人材を獲得できないと指摘する声も上がっています。今回は、フリートーク(雑談)面接で人材が見極められない原因や問題点、解決方法や対処策について説明します。

近接誤差とは?最新の成果のみが全体の評価に影響を与えてしまう

近接誤差とは、直近の出来事の方が強く印象に残ってしまい、評価期間全体の実際の成果よりも評価が高くなったり低くなったりしてしまう心理的偏向の一種です。近接誤差による評価エラーが常態化してしまうと、評価期間の最後だけ頑張れば良いとなってしまい、序盤や中盤のモチベーション低下を招きます。今回は近接誤差について説明します。

給料や賃金が離職理由に与える影響とは?ストレス対策としては良い施策である

離職理由として多くの人が考えられるのが「給与や賃金」に関する理由です。離職理由の本音としては賃金や給与に触れられることは印象ほど多くなく、労働契約時に明示されているために従業員が認識していることが考えられます。離職を防ぐために給与や賃金を挙げるのはどの程度効果があるのでしょうか?今回は給与や賃金が離職理由に与える影響について説明します。

リバースメンタリングプログラムのメリットや導入時の注意点とは?

リバースメンタリングとは、逆メンター制度とも呼ばれ、若手社員が役員に対して仕事の助言を行う仕組みのことです。リバースメンタリングプログラムは、次世代の後継者やリーダーを育成する方法として非常に有効です。しかし、どうすればリバースメンタリングプログラムを社内に導入できるのでしょうか。今回は、リバースメンタリングプログラムのメリットや導入時の注意点についてまとめます。