ワークエンゲージメントとは?従業員の心の健康度を把握していますか?
パーソナルハラスメントが起きる原因や対策方法、具体例とは?
パーハラ
ステレオタイプが人事業務に与える影響とは?まずは認知することが大切
記事カテゴリー

ワークエンゲージメントとは?従業員の心の健康度を把握していますか?

ワークエンゲージメントとは従業員の心の健康度を示す概念です。ワークエンゲージメントは一時的な状態ではなく、持続的かつ全般的な感情であるため、ワークエンゲージメントを向上させることが組織マネジメントにおいて重要だとも考えられています。今回はワークエンゲージメントについて説明します。

パーソナルハラスメントが起きる原因や対策方法、具体例とは?

パーソナルハラスメントとは、その人の外見やクセ、生活スタイルなど、個人の特性に対して行われる「嫌がらせ」のことです。「パーハラ」という略称で呼ばれることもあります。「相手が嫌がるかもしれない」という想像力の欠如、相手が嫌がったときに共感できない共感力の欠如、「相手を揶揄してでも、話の中心にいたい」という優越感が、パーハラが起きる原因です。今回はパーハラが起きる原因や対策方法、具体例について説明します。

ステレオタイプが人事業務に与える影響とは?まずは認知することが大切

ステレオタイプとは、社会に広く浸透している固定的な概念やイメージのことです。日常生活では危険を回避したり脳への負担を軽減するためにステレオタイプは必要ですが、人材採用や人事評価においてはステレオタイプの影響を認識し、振り回されないように注意することが大切です。今回はステレオタイプが人事業務に与える影響や具体例について説明します。

人事評価が高い人材の特徴とは?人事制度改善はどう着手すべきなのか

人事評価制度が高い人には特徴があります。しかし正当な評価で高い評価を受ける人もいれば、正当でない評価で高い評価を受ける人も存在し、正当でなく高い評価を受けている人を放置してしまうと、周りの従業員からの不満が生じ、適切な人事評価制度の運用ができなくなるばかりか、高い評価を受けるべき人材の離職にもつながる可能性があります。今回は高い人事評価を受ける人材の特徴について説明します。

故意でなくても求人詐欺に該当する?求人詐欺にならないためのポイントとは

求人詐欺とは、求人票等に記載された内容と実際の労働条件が異なってしまうことです。不都合な情報を捻じ曲げた悪意のある求人票だけでなく、曖昧な表記が求人詐欺に該当してしまう可能性があります。今回は自社の求人票が求人詐欺とみなされないために注意すべきポイントについて説明します。

クリティカルシンキングとは?人材評価に潜むバイアスから脱却するために

クリティカル・シンキングとは批判的思考とも訳され、物事を批判的に問うことで納得の行く結論を導き出す方法です。「最適解」を導き出すために、見えている事象や情報を鵜呑みにせず「本当に正しいのか」という疑問を持ち、じっくり考察した上で結論を出すことを言います。クリティカルシンキングを実践すれば、採用選考や人事評価などに潜むバイアスから脱却できる可能性があります。今回はクリティカルシンキングについて説明します。

組織社会化の実行方法とは?乗り越えるべき3つの課題を理解しよう

組織社会化とは、新卒採用・中途採用を含む新入社員が、組織や仕事にうまく馴染むためのプロセスです。組織社会化を行うためには、解決しなければならない課題について理解し、どのように課題を解決していくのかの方法について明確な目的意識をもった状態で取り組む必要があります。今回は組織社会化の実行方法について説明します。

社外メンターの効果を最大化させるポイントとは?従業員への周知が大切

社外メンター制度とは、従業員の悩みなどを相談する相手を社外の人に依頼する制度です。社外メンター制度の効果を最大化させるためには相談の内容や目的を前もって共有しておき、アフターケアもしっかり行うことが大切です。今回は社外メンター制度の効果を上げる方法について説明します。

パーソナルハラスメントとは?日常会話がハラスメントになる可能性も

パーソナルハラスメントとは、その人の外見やクセ、生活スタイルなど、個人の特性に対して行われる「嫌がらせ」のことです。「パーハラ」という略称で呼ばれることもあります。パーハラはセクハラやパワハラの一種として捉えることができ、日常会話においてもハラスメントとしてみなされる可能性があります。今回はパーソナルハラスメントについて説明します。

ステレオタイプとは?日常生活では必要だが、人事業務では要注意!

ステレオタイプとは、社会に広く浸透している固定的な概念やイメージのことです。日常生活では危険を回避したり脳への負担を軽減するためにステレオタイプは必要ですが、人材採用や人事評価においてはステレオタイプの影響を認識し、振り回されないように注意することが大切です。今回はステレオタイプについて説明します。