記事カテゴリー

抜擢人事が注目されている理由とは?導入を成功させる要素について

抜擢人事とは、年齢や社歴にかかわらず、若い社員を主要な要職に起用する人事制度を意味する言葉です。抜擢人事は、組織を活発化させる起爆剤となる反面、組織内の人間関係を悪化させる危険がある点に注意が必要です。今回は、抜擢人事が注目されている理由や、導入を成功させる要素についてご紹介します。

ブラインド採用とは?意味や目的、メリット・デメリットについて

ブラインド採用とは、採用選考時の名前や性別・年齢や学歴といった個人情報を取り除き、能力のみで応募者を評価する採用手法です。ブラインド採用は、応募者を能力のみで評価して採用の可否を決定するため、ダイバーシティの推進や優秀な人材の見逃し防止につながります。今回はブラインド採用の意味や目的、企業のメリット・デメリットについてご紹介します。

経営人材育成のガイドラインとは?内容を要約して分かりやすく解説!

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。経営人材の育成は、日本を支える各企業にとっての課題であるため、国にとっても重要な課題となっています。今回は、経済産業省が公開している経営人材育成ガイドラインの内容を分かりやすくご紹介します。

採用パンフレットの企業事例とは?面白い例や魅力的な例をご紹介!

採用パンフレットとは、企業が求職者に対して自社の魅力をアピールするために制作する、紙媒体の採用ツールです。採用パンフレットを制作する際は、求職者に何を伝えたいかだけでなく、どのようにすれば伝わるかを考える必要があります。今回は、実際の企業が制作した魅力的な採用パンフレットの事例をご紹介します。

再雇用を行う場合の退職金とは?支払い時期や請求権の時効について

再雇用制度とは、定年後の雇用継続を望む65歳までの労働者に対して就労の機会を与える義務を、雇用主である企業に課す制度です。再雇用を行う場合の退職金を巡るトラブルは、再雇用者だけでなく現役社員にとっても企業への信頼感を大きく損ねる原因となるため、注意が必要です。今回は、再雇用制度における退職金の扱いについてご紹介します。

副業・兼業を禁止できる場合とできない場合とは?裁判例をご紹介!

副業・兼業とは、同時に2つ以上の仕事を掛け持ちしている状態を意味する言葉です。現在の日本では副業・兼業を禁止している企業が多いですが、法的には一部の例外を除いて禁止できないことが定められています。今回は、副業・兼業を禁止できる場合と禁止できない場合の違いについて、実際の裁判を例に挙げてご紹介します。

コーチングに必要なスキルの種類とは?スキルアップの方法について

コーチングとは、相手の話に耳を傾けて観察や質問、提案などによって相手の内面にある答えを引き出す、目標達成支援の手法を意味する言葉です。コーチングを行うコーチには、コミュニケーションを円滑に行うためのさまざまなスキルが求められます。今回はコーチングに必要なスキルの種類や、コーチングスキルを向上させる方法についてご紹介します。

抜擢人事とは?意味や目的、企業のメリット・デメリットについて

抜擢人事とは、年齢や社歴にかかわらず、若い社員を主要な要職に起用する人事制度を意味する言葉です。抜擢人事では「誰にでもチャンスがある」という環境が作れるため、若手を中心とした社員のモチベーションを向上させ、組織全体の活性化につながります。今回は、会社側が適切な配属を行うために実施される「抜擢人事」についてご紹介します。

ポーターとローラーの期待理論とブルームの期待理論の違いとは?

ポーターとローラーの期待理論とは、社員のモチベーションを高めるためには「仕事に対する報酬」と「企業の目的と社員の目的の一体化」が重要であるとする理論です。期待理論にもとづいたマネジメントを行えば、社員のモチベーションアップにともなう生産性の向上が期待できます。今回は、ポーターとローラーの期待理論とブルームの期待理論との違いや、マネジメントでの活用方法をご紹介します。

経営人材の育成方法とは?具体的な育成プロセスについて

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。経営人材を育成するためには、経営層の取り組みだけでなく、中長期的な育成計画の作成が大切です。今回は経営人材の育成方法について、具体的な育成プロセスをご紹介します。