記事カテゴリー

雑談面接とは?候補者のコミュニケーション能力を見抜く手法として有効なのか

雑談面接とは、雑談形式による面接のことです。候補者が想定していない質問を投げかけて、それに対する回答や話し方などから候補者の「真のコミュニケーション能力」を見抜くのに役立ちます。しかし、単なるおしゃべりに終始しないよう注意も必要です。今回は、雑談面接の意味や定義、おおまかな流れ、企業側と候補者側それぞれのメリット・デメリットと、雑談面接におけるポイントについて説明します。

逆算化傾向とは?総合評価や昇進ありきの人事評価は周囲に悪影響を与える

逆算化傾向とは、人材の評価を行う際に最初に総合評価を決めてしまい、帳尻を合わせるように細かい評価を調整してしまう心理的偏向の一種です。逆算化傾向が現れると、人事評価が上司の印象によって決まってしまい、各従業員の長所・短所が正しく査定されないという問題点が生じます。今回は逆算化傾向について説明します。

離職理由の建前と本音のギャップとは?離職原因を見極めるために

多くの人が離職理由として建前を会社に伝えており、本音の理由は別に存在します。建前の理由として多く挙げられるのは「キャリアアップ」などのポジティブな理由ですが、本音としてキャリアアップを上げているのは1割にも満たず、本音の離職原因は別にあります。離職を改善するためには、離職者の離職理由をうのみにするのではなく、自社の離職原因を見極める必要があります。今回は離職理由として挙げられる建前と本音の理由のうち、ギャップが大きいものについて説明します。

ジュニアボード制度の導入に役立つ企業事例とは?

ジュニアボード制度とは、若手・中堅社員が企業経営の施策に対して提言する疑似役員会のことであり、若手・中堅社員の経営への参画意識を高めるのに非常に有効な手法です。ジュニアボード制度を導入したからと行って必ず成功するわけではなく、失敗してしまった起業も多くあります。今回はジュニアボード制度の企業事例について説明します。

ケアハラスメントとは?介護休業は法的に認められている

ケアハラスメントとは、働きながら家族の介護を行う方への嫌がらせや制度利用を阻害することです。育児介護休業法によって、全従業員が介護休業を取得できるのに対し、介護休業の利用を認めない、利用させないようにする、利用したら不利益を与えるなどは違法行為に該当する可能性があります。今回はケアハラスメントとはどんなハラスメントなのかについて説明します。

ポジティブ心理学とは?組織の生産性向上のために必要なこととは

ポジティブ心理学とは、人の持つポジティブな側面に焦点を当てたことで生まれた新しい捉え方です。学問としてはまだ日は浅いものですが、、世界中から研究報告や実践報告がされており、組織の生産性向上にも大きな影響を与える考え方として注目されています。今回はポジティブ心理学の概要について説明します。

主観での人事評価から脱却するポイントとは?定量情報まで細分化しよう

人事評価制度とは、社員の働きぶりについて会社側が客観的指標のもと評価を行うシステムのことです。人事評価では業績・能力・情意の3要素を評価することが大切ですが、評価の公平・公正さを保つためには主観からの評価から脱却することが大切です。今回は評価のブレが起きやすい定性情報を定量情報にすることの重要性や具体例について説明します。

集団面接と個人面接の役割や目的の違いとは?うまく使い分けよう

採用のプロセスを大幅に見直して採用活動の質向上を図るためには、集団面接と個人面接の役割を比較して明確にすみ分けを行うことも大切です。今回は、面接の目的、見極めるべき項目、企業側・候補者側それぞれのメリット・デメリット、そして面接実施にあたり必要となる準備について、集団面接と個人面接を比較する形で説明します。

極端化傾向とは?小さい差が不公平な人事評価を生じさせる原因となる

極端化傾向とは、評価に差を付けようとするあまり少しの差を必要以上に大きく評価してしまい、極端な評価に二極化してしまう心理的偏向の一種です。人事評価の結果、平均的な評価の人が多すぎるのではないか?と考え、少しの評価の差を人事評価時に大きくしてしまうことです。今回は極端化傾向について説明します。

離職理由に嘘や建前が多い理由とは?離職防止には本音を引き出すことが大切

多くの人が離職理由として建前を会社に伝えており、本音の理由は別に存在します。「離職前に揉めたくない」「なるべく円満に辞めたい」思いから、本音の離職理由を伝えないことが考えられています。離職を改善するためには、日頃から不満を吸い上げる、本音を言える環境を作っておくことが大切です。今回は離職理由に嘘や建前が多い理由について説明します。