記事カテゴリー

キャリアプラトーとは?40代ミドル層のモチベーション低下要因

キャリアプラトーとは、組織内での昇進・昇格の可能性に行き詰まり、モチベーション低下や能力開発の機会損失に陥る現象のことで、40代のミドル層に多く見られる現象です。キャリアプラトーに陥っているミドル層社員のモチベーションを改善することが、新人教育や労働生産性の向上、しいては中長期的な企業の成長を実現することが可能となります。今回はキャリアプラトーについて説明します。

選択バイアスの具体例や対策方法とは?客観的な視点で確認する意識をもつ

選択バイアスとは、統計となるデータがそもそも偏っていることを表しています。選択バイアスから脱却するためには、自社の状況などだけを観るのではなく、対象となる市場調査など、幅広い情報収集を行い、自社の現状との比較を行い、客観的な視点で確認することが大切です。今回は選択バイアスの対策方法について説明します。

プロセス評価を導入するために必要なこととは?導入の流れを理解しよう

プロセス評価とは、業績などの結果だけではなく至る過程についても評価を行う人事評価手法の一つです。プロセス評価を導入するには、定性的な評価項目の透明性を確保することが大切です。今回はプロセス評価を導入するために必要な準備や流れについて説明します。

粘土層管理職とは?働き方改革を阻害する要因と対策について

粘土層管理職とは、昔ながらの固定概念や古い価値観を持ち続け、企業の変化を拒む管理職のことを言います。女性の活躍、長時間労働の是正など、様々な施策の阻害要因になってしまう存在ですが、企業にとっては現場の若手と同じく大切な社員です。今回は粘土層管理職について説明します。

ラーニングオーガニゼーションの実施方法とは?注意すべき5つの項目

ラーニングオーガニゼーションとは、組織に属する全員が組織に対する課題発見と解決を行う組織のことをいいます。ラーニングオーガニゼーションの実施には5つの構成要素が鍵となります。今回はラーニングオーガニゼーションを実施する方法について紹介します。

フィッシュ哲学の実践方法とは?4つのマインドを意識しよう

フィッシュ哲学とは、アメリカ西海岸・シアトルにある魚市場が発祥の組織を活性化するためのマネジメント手法です。①注意を向ける②遊ぶ③喜ばせる④態度を選ぶという、4つのマインドを持つことで実践できます。今回はフィッシュ哲学の実践方法について説明します。

認知的徒弟制とは?高度な技術や伝統を継承していくための学習モデル

認知的徒弟制とは、伝統的な徒弟制の職業技術訓練をモデルとして、見習い修行の学習過程を認知的に理論化した学習方法のことです。認知的徒弟制によって、マニュアル化しにくい高度な技術や伝統を継承していくことが可能になります。今回は認知的徒弟制について説明します。

キャリアロスとは?女性の活躍推進を阻害する要因を理解しよう

キャリアロスとは、労働者が育児休暇や休職などで職場を離れることで復帰後のキャリアに支障が出る現象のことです。仕事と家庭の両立を支援することが必要不可欠であるだけでなく、復帰後でもキャリアアップをしたい人、昇進せずに育児を中心にしながら働きたいなど、従業員が望む働き方やキャリアプランを会社が用意することも必要です。今回はキャリアロスについて説明します。

選択バイアスとは?誤った調査が正しい判断を狂わせてしまう

選択バイアスとは、統計となるデータがそもそも偏っているものです。自社が集めた母集団が現在の学生の傾向であると考えて「過去の選考基準だと今の学生は通過できないから、学生の質が下がった」「今年の学生は○○な傾向がある」などと考えると、自社の採用活動において正しい施策が打てなくなる可能性があります。今回は選択バイアスについて説明します。

プロセス評価とは?業績評価ではできないメリットデメリットについて

プロセス評価とは、業績などの結果だけではなく至る過程についても評価を行う人事評価手法の一つです。成果主義とは逆のアプローチとなるプロセス評価は、結果を出すための過程を評価できるため中長期的な人材育成に向いているのが大きな特徴です。今回はプロセス評価について説明します。