記事カテゴリー

プレイングマネージャーが失敗してしまう原因や対策方法とは?

プレイングマネージャーとは、組織の成果や利益を出すプレイヤーとして活躍しながら部下の育成や評価などのマネジメントを行うポジションです。プレイング業務とマネージャー業務の双方をこなさなければならず、業務量が増加しがちになり、うまく業務もマネジメントもできない状況に陥ることもあります。今回はプレイングマネージャーが失敗してしまう原因について説明します。

ラーニングオーガニゼーションとは?学習・成長し続ける組織について

ラーニングオーガニゼーションとは「人々が継続的に能力を広げ、望むものを創造したり、新しい考え方や普遍的な考え方を育てたり、人々が互いに学びあうような場」のことで、学習組織を意味しています。会社を中長期的に成長させ続けるために、ラーニングオーガニゼーションは非常に重要な概念であり、組織を構成する人材の最大限の活用が人事部や経営者に求められます。今回はラーニングオーガニゼーションについて説明します。

フィッシュ哲学とは?組織活性化や従業員満足度向上を目指すために

フィッシュ哲学とは、アメリカ西海岸・シアトルにある魚市場が発祥の組織を活性化するためのマネジメント手法です。仕事への取り組み方を従業員が自分たちで選択し、楽しみながらポジティブに目の前の顧客と向き合うことが理念とされています。行動原理(マインド)がシンプルなため、サービス業だけでなく、医療現場や教育の場など、さまざまな業種で導入されています。今回はフィッシュ哲学について説明します。

グループ・イニシエーションとは?新入社員を定着させるために

グループ・イニシエーションとは組織の一員として認められるために行われる課題のことです。早期退職の主たる原因の1つである「職場に馴染めるか」といった新入社員にとって大きな悩みを解決するために行われます。今回はグループ・イニシエーションについて説明します。

ライフキャリアレインボーの作り方とは?ロールやステージ、価値観を理解する

ライフキャリアレインボーとは、キャリアは人生の年齢や場面の様々な組み合わせであると定義した概念で、相互に影響を与えて役割が変化していきます。ライフキャリアレインボーは、5つのライフステージと8種類のライフロール、そして年齢で表されます。今回はライフキャリアレインボーの作り方について説明します。

信念バイアスの具体例や対策方法とは?プロセスも評価しよう

信念バイアスとは、結果が正しければ過程もすべて正しいと思い込む効果、または結果が間違っていれば過程も全て間違っていると思い込む効果のことです。信念バイアスに陥ると、人事評価などが正しく行えなくなるばかりか、評価制度などに不満をもたせることでモチベーションの低下や人間関係の悪化、離職問題にまで発展する可能性もあることに留意しておくことが重要です。今回は信念バイアスの具体例や対策方法について説明します。

業績評価における目標設定の具体例とは?個人と会社の目標を紐付けよう

業績評価とは、業務の結果や成果によって人材を評価する手法です。業績は仕事の「質×量」で決まると言われ、質と量のバランスは職種や役職によって異なります。そのため、職種や役職に応じて設定する目標も変わります。今回は業績評価における目標設定の具体例について説明します。

プレイングマネージャーの適切な業務割合とは?マネジメント比率を高める

プレイングマネージャーとは、組織の成果や利益を出すプレイヤーとして活躍しながら部下の育成や評価などのマネジメントを行うポジションです。プレイング業務とマネージャー業務の双方をこなさなければならず、業務量が増加しがちですが、適切な業務割合が存在します。今回はプレイングマネージャーにおける業務割合について説明します。

インフォーマルラーニングとは?学習機会の過半数を占めている

インフォーマルラーニングとは、非公式な学習の意味で、教育研修ではない業務中や普段の生活で学びを得る自主的な学習のことです。インフォーマルラーニングによる学びは教育研修以上の効果があり、社員個人や社員同士がインフォーマルラーニングをすすめるための仕組みづくりが重要となります。今回はインフォーマルラーニングについて説明します。

グリット(やり抜く力)を育成する方法とは?2つのことを意識しよう

グリットとは簡単に言えば「やり抜く力」です。心理学の分野で研究されてきた概念で、特に近年では労働生産性との関係性も注目されており、人材が成功するに必要な要素とも言われています。グリットは教育や研修により後天的に育成して伸ばすことも可能な能力です。今回はグリットを育成する方法について説明します。