記事カテゴリー

イントレプレナーとアントレプレナーの違いや共通点とは?

競争が激化するビジネスシーンで生き残るために重要なのが「新しいものを生み出し続けること」です。こうした創造力のカギを握る人材がイントレプレナーやアントレプレナーです。どちらも新規事業の立ち上げには欠かせない人材ではありますが、両者にはどんな共通点があり、どんな相違点があるのでしょうか?この記事では、混同しやすいイントレプレナーとアントレプレナーの概念について解説します。

アンラーニングの実施方法とは?リフレクションを大切にしよう

変化の大きいビジネス社会を生き抜くためには、人も会社もラーニング(学習)したものをアンラーニング(学習棄却)し、常に成長し続ける必要があります。「アンラーニング」は人事用語で言うところの「学びなおし」や「学習棄却」と呼ばれる学習方法のひとつです。ここでは「アンラーニング」を実際に実施するための方法について説明します。

面接回数が多いメリット・デメリットとは?選考・内定辞退防止のポイント

面接の回数が多いと日程調整などの労力は増えますが、応募者との相互理解を深められ、早期活躍を期待しやすいという面もあります。本記事では、面接の回数が多いメリット・デメリットと選考期間が長引くことによる選考・内定辞退を防止するポイントを解説します。

採用目標とは?設定する意味やメリット、活用する注意点について

採用目標とは採用のゴール設定をすることです。採用目標を設定することで、目標までの到達率が可視化されるだけでなく、何が悪かったのかが分かることで、今後の改善にも活用できます。今回は採用目標について、そもそもなぜ目標を立てる必要があるのか、目標を立てることにどのようなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。

逆境指数(AQ)とは?IQやEQと並ぶリーダーに必要不可欠な能力

逆境指数(AQ)とは「日常のさまざまな逆境に対して、人や組織はどのように反応するのか」を指数化した指標です。IQやEQに並び、AQも現代のリーダーには必要不可欠な要素として考えられており、人事評価制度での昇格要件にAQを取り入れている企業も多くあります。今回は逆境指数(AQ)の概要について説明します。

エンプロイーエクスペリエンスとは?従業員のエンゲージメントを上げる

エンプロイーエクスペリエンスとは、直訳すると「社員の経験」のことであり、入社後だけでなく入社前も含めた従業員の経験をデザインしてエンゲージメントを高める概念です。エンプロイーエクスペリエンスは、労働生産性や離職率に大きく影響を与えている重要な概念です。今回はエンプロイーエクスペリエンスの概要について説明します。

従業員満足度調査の目的と流れとは?課題を明確にして改善し続ける

従業員満足度を向上させるためには、現状と課題の認識、改善策の立案が大切です。そのためには従業員満足度調査を行う必要があります。従業員満足度調査では、調査を行うことが目的ではなく、課題や改善策を明確にすることが目的です。今回は従業員満足度調査を行う目的や流れについて説明します。

社内起業家・イントレプレナーの育成事例とは?企業として取り組む施策

競争が激化するビジネスシーンで生き残るためには、常に新しいものを生み出し続ける創造力が不可欠です。カギを握るのが起業家精神(イントレプレナー)ですが、日本は世界的に育成が遅れている傾向にあります。この記事では、いわゆる社内起業家であるイントレプレナーの育成事例を3つ紹介します。

アンラーニングとは?過去の知識や経験にとらわれずに育成を行う

変化の大きいビジネス社会を生き抜くためには、人も組織もラーニング(学習)したものをアンラーニング(学習棄却)し、常に成長し続ける必要があります。「アンラーニング」は人事用語で言うところの「学びなおし」や「学習棄却」と呼ばれる学習方法のひとつです。今回はアンラーニングの概要について説明します。

面接回数が少ないメリット・デメリットとは?回数を減らす方法について

多くの企業で、面接は2回以上実施されています。現在は、面接回数が減少傾向にあります。面接回数を減らすことで、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?本記事では、面接の回数が少ないメリット・デメリットと、面接の回数を減らす方法について紹介します。