記事カテゴリー

アダプティブラーニングの導入企業事例とは?自社独自の運用が大切

アダプティブラーニングとは、個人の習熟度や理解力に基づいて、学習内容を提供する仕組みのことです。アダプティブラーニングを導入するためには自社の課題や学習してほしい内容を明確にして運用することが大切です。今回はアダプティブラーニングを導入して成功させた企業事例について説明します。

両立支援等助成金の出生時両立支援コースとは?育児休暇制度を整える

両立支援等助成金の出生時両立支援コースとは、男性が育児休暇を取得する制度を設ける上で活用できる助成金です。育児休暇だけでなく、期間の短い育児目的休暇の導入や利用においても助成されるため、ワークライフバランスを実現するための施策として非常に有効です。今回は出生時両立支援コースの受給要件や受給できる金額について説明します。

採用目標の管理方法とは?KPIの数値管理で目標達成に繋がる!

採用目標とは採用のゴール設定をすることです。採用のゴールを設定して目標達成の有無を確認するだけでは、自社の課題発見に繋がらずに来年の採用活動に活かすことができません。採用目標における進捗率などを管理し、適宜改善を行っていくことが大切です。今回は採用目標の管理方法について説明します。

HSPとは?人口の2割程度存在する繊細な人材を正しく理解しよう

HSP(Highly Sensitive Person)とは、高度な感覚処理感受性を持つ人材のことで、外からの刺激に対して敏感に反応してしまう人材のことです。HSPは全人口に対して15%~20%いると言われており、HSPである人材が身近にいる可能性が高いです。今回はHSP人材の特徴や、適材適所を実現する上で企業がHSP人材をどのように活用すればよいのかについて説明します。

エンプロイメンタビリティとは?企業の魅力を高めて人材を獲得する

エンプロイメンタビリティとは求職者から魅力的と感じ、社員から働き続けたい企業に感じるかという価値を意味しています。人材難で優秀な人材獲得や人材流出防止が急務となっています。今後とても重要となるエンプロイメンタビリティについて紹介します。

従業員満足度を上げる具体的取り組みとは?5つの要因を理解しよう

従業員満足度を上げるためには、従業員満足度調査で現状を把握して具体的な改善施策を実施することが必要です。従業員満足度を向上させる5つの要素を理解し、何に課題があるのかを理解しなければなりません。今回は従業員満足度を向上させる具体的な取り組みについて説明します。

バイアスとは?人事業務とは切り離せない存在を明確に認識しよう

バイアスとは先入観・偏見を意味する言葉です。採用面接や人事評価などの人事業務とバイアスは深く関係しています。バイアスがあることで、客観的に正しい評価ができず、採用すべき人を見極められなかったり、従業員の不満を生む原因となります。今回はバイアスとはなにか、バイアスが何故発生するのかについて説明します。

アダプティブラーニングとは?能力に合わせた教育研修を実施しよう

アダプティブラーニングとは、個人の習熟度や理解力に基づいて、学習内容を提供する仕組みのことです。元々は教育現場で用いられた概念ですが、近年は企業での教育研修にも用いられています。今回はアダプティブラーニングの概要について説明します。

両立支援等助成金とは?自社のワークライフバランスを実現しよう

ワークライフバランスは、働き方改革推進におけるキーワードとして注目されています。求職者の意識にも影響が出ており、新卒や既卒における会社選びとしてもワークライフバランスが重視されています。ワークライフバランスを実現するためには自社制度や設備の整備が必要ですが、政府も両立支援等助成金を設けることで、企業のワークライフバランス推進を支援しています。今回は両立支援等助成金の概要について説明します。