記事カテゴリー

部分最適とは?多くの労働者が生産性向上のために陥りやすい思考について

部分最適とは「特定の問題に対して、一部分のみが最適化されている状態」のことを指し、組織やシステムの一部に着目して業務の効率化を図った状態のことをいいます。特定の問題を解決するためには効果的である反面、他部署や他業務に悪影響をもたらし、組織全体としての生産性を低下させてしまう恐れもあります。今回は部分最適について説明します。

ワークエンゲージメントの尺度と計測方法とは?自社の現状を把握しよう

ワークエンゲージメントとは従業員の心の健康度を示す概念です。ワークエンゲージメントは一時的な状態ではなく、持続的かつ全般的な感情であるため、ワークエンゲージメントを向上させることが組織マネジメントにおいて重要だとも考えられています。今回は自社のワークエンゲージメントを測定する方法について説明します。

エアーハラスメントが起きる原因や対策方法とは?相手への配慮が大切

エアーハラスメントとは、「エアハラ」という略称で使われることもある「空気」に関する嫌がらせのことです。主に「エアコンの温度設定」と「場の空気」の2つの意味で使われ、相手への配慮が足りていないことで発生するハラスメントです。今回はエアハラが発生する原因や対策方法について説明します。

ステレオタイプの日本的な特徴とは?周囲に影響を受けやすいことを理解する

ステレオタイプとは、社会に広く浸透している固定的な概念やイメージのことです。日本は地震大国と言われるように自然災害が多く、身を守ったり被災者を助け合う文化から、周囲の環境に影響されやすくなっていると考えられています。今回はステレオタイプの日本的な特徴について説明します。

人事考課とは?活用方法次第で生産性の向上にも低下にもつながる

人事考課とは従業員に対する評価を行い、評価に基づいて人事異動や昇進、降格、昇給を検討することです。人事考課を行う際は、公平かつ公正な評価をすることで取り組むべき業務や目標が明確になり従業員の成長を促進できますが、正しい運用が出来なかった場合には不平・不満を生む原因ともなります。今回は人事考課について説明します。

ジョブディスクリプション(職務記述書)に記載すべき項目とは

ジョブディスクリプションとは、各人のポジションに応じた職務内容、必要なスキル、裁量などを具体的に明記した文書のことで職務記述書と呼ばれます。ジョブスクリプションを作成する上では、記載すべき項目について理解しておくことが大切です。今回はジョブディスクリプションに記載すべき項目について説明します。

クリティカルシンキングの具体例とは?当たり前と考えている前提を疑おう

クリティカル・シンキングとは批判的思考とも訳され、物事を批判的に問うことで納得の行く結論を導き出す方法です。「最適解」を導き出すために、見えている事象や情報を鵜呑みにせず「本当に正しいのか」という疑問を持ち、じっくり考察した上で結論を出すことを言います。今回はクリティカルシンキングの具体例について説明します。

全体最適を阻害する課題や実現するための方法とは?経営層が主体になろう

全体最適とは「組織全体として最適な状態」のことを指し、組織として最もパフォーマンスを発揮できる状態のことです。全体最適を実現するためには、全体最適を阻害する要因や課題についての対策をしながら、成功させるためのポイントについて理解しておくことが大切です。今回は全体最適の実現方法について説明します。

ワークエンゲージメントを高める方法とは?2つの要因を理解しよう

ワークエンゲージメントとは従業員の心の健康度を示す概念です。ワークエンゲージメントは一時的な状態ではなく、持続的かつ全般的な感情であるため、ワークエンゲージメントを向上させることが組織マネジメントにおいて重要だとも考えられています。今回はワークエンゲージメントを高める方法について説明します。

エアーハラスメントとは?場の空気と温度の2種類の意味がある

エアーハラスメントとは、「エアハラ」という略称で使われることもある「空気」に関する嫌がらせのことです。主に「エアコンの温度設定」と「場の空気」の2つの意味で使われます。エアコンの温度設定については、同じ温度であっても感じ方は人それぞれであるため、どのような温度に設定するか配慮することが大切です。今回はエアーハラスメントについて説明します。