記事カテゴリー

構造化面接・半構造化面接・非構造化面接の違いや活用方法とは?

採用面接の手法として、臨床心理学で用いられていた「構造化面接」「半構造化面接」「非構造化面接」が用いられています。それぞれの面接手法にはメリット・デメリットがあり、自社に適した採用手法を導入することが、採用活動を成功させるために必要です。今回は構造化面接・半構造化面接・非構造化面接の違いや活用方法について説明します。

人材アセスメントツールとは?評価項目から適した種類を選択しよう

人材アセスメントとは、複数のシミュレーションや心理テストを通して、受講者の能力や適性を測る評価技法です。人材アセスメントで評価できる項目は多数ありますが、事業や組織の目的によって、評価する項目と使用するツールを正しく選ばなければなりません。今回は人材アセスメントを組織で活用するために有効な評価ツールについてご紹介します。

ストレス耐性を決める6つの要素とは?個人差が生まれる理由と原因

ストレス耐性とは、ストレスへの強さを表す指標であり、個人差があるだけでなく、同じ人であっても心身の状態によってストレス耐性が変化します。人材採用などのシーンでも「ストレス耐性を確認したい」と思われる方が多いですが、なぜ個人差が生まれるのか、同じ人であっても何故変化するのかの理由を知っておくことは重要です。今回はストレス耐性を決定づける6つの要素とその内容について説明します。

タレントアクイジションとは?採用での意味とメリット・デメリット

タレントアクイジションとは、タレント(優秀な人材)をアクイジション(獲得)する役職や組織、行動を意味する言葉です。タレントアクイジションは人材獲得競争が激化する現代の日本において、優秀な人材を確保し自社が発展していくために、他社との差別化を図る有効な手段になります。今回はタレントアクイジションの意味と目的、実施する際のメリットやデメリットについてご紹介します。

テレワーク導入に使える助成金制度の種類と受給条件、受給金額とは?

テレワークは、国や政府が推進する働き方改革の一つとして、様々な制度や運動で推進されています。テレワーク導入を推進する助成金制度にはいくつかの種類があり、助成金を上手く活用すれば、テレワーク導入のハードルを下げることができます。今回は自社でテレワークを導入する際に申請できる助成金の種類と、それぞれの受給条件や受給金額についてご紹介します。

経営理念が浸透した企業事例や取り組みとは?理念浸透の行動や施策例

経営理念の浸透は、ほぼ全ての企業が重要であると考えられています。一方で、経営理念が実際に浸透していることを実感していない企業は過半数を占め、浸透させるための施策を講じていない企業も1/3程度存在します。経営理念を浸透させるためには、経営理念を作成して明文化するだけでなく、社員一人ひとりに理解してもらいながら、行動に移してもらうことが大切です。今回は経営理念を浸透させた他社企業の事例を紹介致します。

ビッグファイブ理論とは?心理学での性格は5因子で説明できる

ビッグ・ファイブ理論とは1990年代に提唱された性格分析理論の一つであり、適性検査や性格と業績の関係性研究など、性格分析の基礎理論とも言える理論です。ビッグファイブ理論は、タイプ分けで識別する類型論ではなく、各要素の得点から傾向を認識する特性論です。今回はビッグファイブ理論とは何か、どのように理解すべきか、ビッグファイブ理論を用いた心理学研究の一例について説明します。

非構造化面接の目的、メリット・デメリットや注意点とは?

非構造化面接は、日本企業でも注目が集まっている構造化面接とは真逆の面接手法で、非常に自由性の高い面接手法です。自由性が高すぎるため、面接官の力量によって面接内容が大幅に異なってしまいますが、非構造化面接が有効なシーンもあります。今回は非構造化面接の目的や、実施するメリット・デメリット、注意点について説明します。

人材アセスメントの活用方法とは?人材の評価項目を設計しよう

人材アセスメントとは、人事評価だけでなく採用や教育研修にも活用できる、客観的かつ公平に能力や適性を見極める評価手法です。人材アセスメントを活用するためには、評価する項目を具体的に設定しなければなりません。今回は人材アセスメントがどのような能力や適性を評価できるのかについてご説明します。

ストレス耐性とは一体なに?ストレス耐性が強い人が優秀とは限らない!

ストレス耐性とは、その名の通り、ストレスに対する強さを表す指標です。近年は精神障害による労災申請・決定件数が増加傾向にあり、労働者の身体だけでなく精神面の管理にも注意しなければなりません。一般的には、ストレス耐性が強い人材は優秀な人材であると考えられていますが、その通りではありません。今回はストレス耐性とは何か、ストレス耐性で個人差が生まれる要因やストレス耐性を人事業務で活用する注意点について説明します。