記事カテゴリー

採用筆記試験の種類とは?測定項目ごとに活用方法を確立しよう

採用筆記試験は、新卒採用では9割、中途採用でも5割の企業が実施している選考プロセスです。採用筆記試験には、適性検査や論文作成などの様々な種類があり、何を試験するのか、結果をどのように活用するのかを確立しておくことが、効率的な運用を行うために欠かせません。今回は筆記試験の種類や活用方法について説明します。

適性検査を対策するメリットとデメリットとは?入社後の未来も考える

多くの企業で、採用試験としての適性検査が用いられています。適性検査は、能力や性格などの目に見えないものを可視化する検査のことで、企業ごとに異なる採用目的によって適性検査の活用方法は様々です。今回は、適性検査を対策することのメリットやデメリットについて説明します。

キャリアアンカーの8つの種類とは?それぞれの特徴や適職について

キャリアアンカーとは、キャリアの選択や構築を行う上で欠かせない、個人が最も大切にする価値観や欲求のことを意味します。キャリアアンカーには8つのタイプがあり、それぞれの特徴を知ることで、労働生産性の向上や組織全体の活性化を図ることができます。今回は、8つのキャリアアンカーにはそれぞれどのような特徴があるのかを詳しくご紹介します。

ティール組織とは?言葉の意味やメリット・デメリットについて

ティール組織とは、階層構造や管理マネジメントの仕組みが存在しない、社員一人ひとりが裁量権を持って行動する組織形態を意味する言葉です。ティール組織では、社員の主体性や当事者意識が強化され、組織全体の生産性の向上につながります。今回はティール組織の意味や目的、ホラクラシーとの違いやメリット・デメリットについてご紹介します。

適性検査が実施される目的や理由とは?個人として理解されるために

適性検査は、性格や能力などの目に見えないものを計測して可視化するために採用選考で使われるツールです。適性検査を実施する企業は多いのですが、選考に適性検査を利用する企業が少ないのが現状です。受検した適性検査で企業が何を重視しているのかも読み取ることができます。今回は採用選考で何故適性検査を受検しなければならないのか、適性検査を導入している企業の特徴について説明します。

採用筆記試験とは?実施する意味や目的、活用方法について

採用筆記試験は、新卒採用では9割、中途採用でも5割の企業が実施している選考プロセスです。性格や学力などの目に見えない定性情報を可視化してくれるツールですが、何を試験するのか、どの基準で判断すべきかは企業によって異なります。今回は採用筆記試験を企業が活用する目的や活用方法、実施するメリットやデメリットについて説明します。

ワークライフバランスとは?言葉の意味や企業のメリットについて

ライフワークバランスとは、若者の経済的な自立や誰もが意欲と能力を発揮できる社会を目指して内閣府が定義した、仕事と生活の調和を意味する言葉です。ワークライフバランス実現に向けた取り組みの推進は、社員のモチベーションアップや組織全体の生産性向上など、企業にとって様々なメリットがあります。今回はワークライフバランスの意味や定義、企業のメリットや実際の取り組みについてご紹介します。

ビジネスマナーとは?人材採用でどれだけ重視すべきなのか

8割以上のビジネスパーソンが、仕事を円滑に進めるためにビジネスマナーは欠かせないものであると回答しています。一方で、ビジネスマナーができていると回答した人は44.2%と、重要性を理解しながらも十分に身につけられていない現状が明らかになっています。今回はそもそもビジネスマナーとは何か、人材採用シーンでビジネスマナーを重視するメリットやデメリット、注意点について説明します。

採用サイトとは?意味や目的、企業のメリット・デメリットについて

採用サイトとは、自社を志望している求職者に向けて情報を発信する、求人募集のための専用ウェブサイトです。採用サイトを活用すれば、求職者に自社の魅力をアピールできるだけでなく、企業イメージの向上や内定承諾率の向上にもつながります。今回は採用サイトの意味や目的、メリットやデメリットについてご紹介します。

グループディスカッションとは?目的やメリット・デメリットについて

グループディスカッションとは、学生を数人のグループに分けてテーマを与えて議論させ、グループとしての結論を出させる選考方法です。グループディスカッションを活用すれば、学生の論理性や協調性、コミュニケーション能力など、書類選考や個別面接では評価が難しい要素を見極められます。今回はグループディスカッションの目的や、採用選考に導入するメリット・デメリットなどについてご紹介します。