記事カテゴリー

ポテンシャル採用とは?企業側のメリットを転職活動に活用しよう

ポテンシャル採用とは、現在のスキルや経験だけではなく、今後の伸びしろを期待して採用する方法です。人手不足かつ売り手市場の影響で、業務経験のない新卒採用だけでなく、第二新卒や中途採用においても企業が実施しています。今回は企業がポテンシャル採用を行う目的やメリットから、求職者としてのメリットやデメリットについて説明します。

ホリゾンタル・リーダーシップとは?組織の多様化への活用方法について

ホリゾンタル・リーダーシップとは、従来のタテの関係によるリーダシップではなく、ヨコの関係を重視した新しいリーダーシップ理論です。ホリゾンタル・リーダーシップは、自社のビジネスや組織全体の多様化・グローバル化に役立つだけでなく、女性活躍推進やダイバーシティ推進にもつながります。今回は、ホリゾンタル・リーダーシップの意味や定義、求められる能力やメリット・デメリットについてご紹介します。

ポテンシャルとは?人材採用のポテンシャルを明確にし、転職活動に活かす

「ポテンシャルが高い」や「ポテンシャル採用」と言ったように、転職の話題では何かと目にすることが多い「ポテンシャル」という言葉。「なんか仕事ができそう」とか「能力が高い」とか、抽象的なイメージが先行しているポテンシャルが示すものを、この記事では具体的に紹介していきます。

OJTの失敗事例とは?運用方法や目的、トレーナーを見直そう

OJTは現在多くの企業で定着していますが、実施してはいるものの上手く機能しておらず、OJTを失敗している例が存在します。自社でOJTを失敗しないためには、失敗例からOJTでやってはいけないことを読み取る方法が一番の近道です。今回は、OJTを実施する際に失敗しないための方法を、OJTの失敗例をもとにご紹介します。

インバスケット思考法を習得する方法とは?ポイントを理解して練習しよう

残業や過労が社会問題となる一方、人手不足が深刻化している昨今。一人ひとりが「効率よく働く」ことが求められる時代となってきました。1つのことから10を学び、同じ間違いは2度繰り返さないのはもちろん、「どういう順番で業務を処理していくべきか」という自分の行動管理能力も重要です。タスクを緊急性と重要性の2軸で捉え、優先順位を設定する思考は「インバスケット思考」では基本中の基本です。こうした思考法を身につけることで「汎用性のある人材」として転職にも有利に働くでしょう。この記事ではそんなインバスケット思考法の身につけ方を紹介します。

キャリア開発の実施方法とは?自社でキャリア開発を行う方法について

キャリア開発とは、自社内で社員がキャリアを築いていくために、企業が社員に対して支援を行うことを意味する言葉です。キャリア開発を自社で行い、生産性や定着率を向上させるための方法は、大きく5つのプロセスに分けられます。今回はキャリア開発を自社で実施する方法について、プロセスごとの目的とあわせて分かりやすくご説明します。

デモグラフィー型ダイバーシティとは?デメリットや問題点を理解しよう

デモクラフィー型ダイバーシティとは、性別・国籍・年齢など、属性の多様性のことを意味する言葉です。デモグラフィー型ダイバーシティは、外見的・表面的な多様性ばかりに意識が向き、社員の不信感や不公平感の原因になりやすいというデメリットがあります。今回はデモグラフィー型ダイバーシティの意味や定義、企業へのデメリットが起こる理由についてご紹介します。

スキルマップの評価項目の決め方とは?具体的な方法をご紹介!

スキルマップとは、在籍中の従業員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップを作成する上では、評価項目が細かく具体的であればあるほど、現場の業務実態に近く精度の高い資料となります。今回は、スキルマップの評価項目を設定するための具体的な方法をご紹介します。

インバスケット思考とは?企業が欲しがるスキルを身に付けよう!

インバスケット思考とは、どのような企業でも使える思考整理スキルです。インバスケット思考では、重要度も処理難易度も様々な業務を判断するのに使えるスキルで、どのような企業でも活用できます。今回はインバスケット思考を身につける目的や活用するメリットについて説明します。