記事カテゴリー

採用サイトに掲載すべきコンテンツとは?学生が集まるサイトを作ろう

採用サイトとは、自社を志望している求職者に向けて情報を発信する、求人募集のための専用ウェブサイトです。採用サイトを制作する際には、求職者のニーズに合ったコンテンツを作るために、求職者がどんな情報を求めているのかを知っておく必要があります。今回は採用サイトに掲載すべきコンテンツについて、求職者がどのような情報やデータを求めているのかをご紹介します。

適性検査が中途採用での転職活動にて実施される目的や理由とは

適性検査は経歴などではない目に見えない「能力」や「性格」「ストレス耐性」などを測るのに使われていますが、あくまで目に見えないものを可視化するツールであるため、受検結果の活用方法は企業によって様々です。今回は適性検査が中途採用での就職活動にて実施される目的や理由について説明します。新卒採用・中途採用ともに多くの企業で適性検査が活用されていますが、適性検査の種類によって出てくる結果も違えば、採用などでの活用方法や判断基準は企業それぞれで異なります。

新卒採用や就活での適性検査の使われ方とは?企業の課題が見えてくる

適性検査は経歴などではない、目に見えない「能力」や「性格」「ストレス耐性」などを測るのに使われています。今回は適性検査が新卒採用での就職活動にて実施される目的や理由について説明します。新卒採用・中途採用ともに多くの企業で適性検査が活用されていますが、適性検査の種類によって出てくる結果も違えば、採用などでの活用方法や判断基準は企業それぞれで異なります。多くの企業では、「自社が求める人物像」であるかなどの視点で活用されており、採用目標人数に対して候補者が多い人気企業では、足切りなどの目的で使われることもあります。

グループディスカッションで評価できる社会人基礎力とは?

グループディスカッションとは、学生を数人のグループに分けてテーマを与えて議論させ、グループとしての結論を出させる選考方法です。グループディスカッションを実施する上では、自社の採用要件のうち、どんな能力を重点的に評価するかを考える必要があります。今回はグループディスカッションで評価できる能力を「社会人基礎力」に当てはめて詳しくご紹介します。

採用要件を定義する方法とは?採用要件を明確・具体的に定義しよう!

採用要件とは、労働条件や求職者のスキルなど、採用活動において企業が応募者を採用するかどうかを決める基準を意味する言葉です。採用要件を具体的に定義することで、自社の求める人物像を明確にでき、採用活動を効率化できます。今回は、採用要件を定義する方法について詳しくご紹介します。

適性検査の種類とは?企業が求めている人材が項目から逆算できる

適性検査は経歴などではない目に見えない「能力」や「性格」「ストレス耐性」などを測るのに使われています。今回は適性検査でどのような項目が見極められているのかについて説明します。一言で適性検査と言っても、世の中には様々な適性検査が存在し、企業が見極めたい目的によって使われる適性検査は異なります。多くの適性検査は受検者に対してフィードバックがないため、どのようなことが見極められていたのかが不明確ですが、どの適性検査を受検したのかが分かると、該当企業の採用選考で、どのような項目が重視されているのかが理解できます

採用筆記試験の種類とは?測定項目ごとに活用方法を確立しよう

採用筆記試験は、新卒採用では9割、中途採用でも5割の企業が実施している選考プロセスです。採用筆記試験には、適性検査や論文作成などの様々な種類があり、何を試験するのか、結果をどのように活用するのかを確立しておくことが、効率的な運用を行うために欠かせません。今回は筆記試験の種類や活用方法について説明します。

適性検査を対策するメリットとデメリットとは?入社後の未来も考える

多くの企業で、採用試験としての適性検査が用いられています。適性検査は、能力や性格などの目に見えないものを可視化する検査のことで、企業ごとに異なる採用目的によって適性検査の活用方法は様々です。今回は、適性検査を対策することのメリットやデメリットについて説明します。

キャリアアンカーの8つの種類とは?それぞれの特徴や適職について

キャリアアンカーとは、キャリアの選択や構築を行う上で欠かせない、個人が最も大切にする価値観や欲求のことを意味します。キャリアアンカーには8つのタイプがあり、それぞれの特徴を知ることで、労働生産性の向上や組織全体の活性化を図ることができます。今回は、8つのキャリアアンカーにはそれぞれどのような特徴があるのかを詳しくご紹介します。

ティール組織とは?言葉の意味やメリット・デメリットについて

ティール組織とは、階層構造や管理マネジメントの仕組みが存在しない、社員一人ひとりが裁量権を持って行動する組織形態を意味する言葉です。ティール組織では、社員の主体性や当事者意識が強化され、組織全体の生産性の向上につながります。今回はティール組織の意味や目的、ホラクラシーとの違いやメリット・デメリットについてご紹介します。