記事カテゴリー

タスク型ダイバーシティとは?メリットや活用方法を理解しよう

タスク型ダイバーシティとは、能力・経験・知識など、実力の多様性のことを意味する言葉です。タスク型ダイバーシティは、組織や事業に新しい知識や価値観を与え、イノベーションを起こす大きなきっかけとなります。今回はタスク型ダイバーシティの意味やメリット、デモグラフィー型ダイバーシティとの違いについてご紹介します。

ヒューマンスキルを向上させる方法とは?日常生活で意識しよう!

ヒューマンスキルとは、コミュニケーション力やリーダーシップなど、どの企業でも活用できるスキルのことです。ヒューマンスキルはどんな職務・役職でも重要なスキルであるため、普段から意識して身につけることが大切です。今回はヒューマンスキルを向上させる方法について説明します。

ポータブルスキルとは?転職活動や今後のキャリアに活かそう!

ポータブルスキルとは、持ち出し可能な能力とも呼ばれ、どの企業でも通用するスキルのことです。経験の不足や特殊な業務であっても、自己分析を行うことで、何かしらのポータブルスキルがあることを見つけられます。今回はポータブルスキルの内容や、ポータブルスキルの把握方法について説明します。

ダイバーシティーによる労働条件の多様化や採用活動での活用法とは?

ダイバーシティーとは、英語で「多様性」を意味する言葉で、様々な違いを受け入れるという意味で用いられます。ダイバーシティーを推進する際には、人材が抱える様々な事情に応じて労働条件を選べるようにすることで、会社全体の生産性の向上につながります。今回は企業におけるダイバーシティーの取り組みについて、採用シーンでの活用方法や採用後の多様な労働条件の決め方をご紹介します。

アンコンシャスバイアスの具体例とは?偏見の原因と対策方法について

アンコンシャスバイアスとは、無意識・無自覚の差別や偏見を意味する言葉です。アンコンシャスバイアスへの対策を考える際には、アンコンシャスバイアスが持つ2つの厄介な特徴に注意が必要です。今回は企業で発生し得るアンコンシャスバイアスの具体例と、対策の方法についてご紹介します。

組織適応性とは?言葉の意味や目的、人事業務における活用方法について

組織適応性とは、人材がどのような組織風土と相性が良いかを示す指標です。組織適応性の高い人材が集まっている会社では、定着率の向上や早期離職の防止だけでなく、生産性の向上や社員同士のコミュニケーションの活発化が期待できます。今回は組織適応性の意味や目的、人事業務に活用するメリットや活用しない場合のデメリットをご紹介します。

OJTによる教育研修の実施方法とは?PDCAのサイクルを意識しよう!

OJTを実施する際には、人事部や経営層だけでなく、実際に教育を行う各部門がOJTの意味や目的を正しく知っておくことが大切です。OJTによる教育研修は、PDCAのサイクルを意識して教育の目的をハッキリさせることで、効果や効率を向上させることができます。今回はOJTの基本となる4段階職業指導法やPDCAのサイクルにもとづいて、OJTによる教育研修の実施方法をご紹介します。

採用コストの削減方法とは?無駄なコストカットを行い、効率的に採用する

採用コストとは、名前の通り「人材採用にかかる経費」のことを意味します。採用コストを削減する際は、上手な方法をとることで他社との採用競争を有利に進められるようになります。今回は、採用コストを削減する際に、他社との採用競争で不利にならないための方法をご紹介します。

心理的安全性の論文の内容とは?エドモンソンの研究結果を読み解く

心理的安全性はGoogleの発表で注目を集めた言葉ですが、心理的安全性という概念を最初に提唱したのは、ハーバード大学のエイミー・エドモンソン教授です。エドモンソン教授の論文には、心理的安全性のメリットや高める方法が詳しく書かれています。今回は、心理的安全性の論文の内容について、重要な部分をピックアップしてご紹介します。