記事カテゴリー

面接で優秀な人材を採用・確保する方法とは?化ける人材を見抜く

面接で優秀な人材を見極めるためには「求める人物像」を明確にして、どんな人材が優秀であるのかを定義し、スキルや人柄を見極めることが大切です。売り手市場で即戦力人材の獲得が難しくなっていく中、優秀な人材に成長するポテンシャルがあるかどうかを見極めることが、人材獲得に課題を感じている企業にとって重要となります。今回は優秀な人材とはどのような人材なのか、優秀な人材を見逃さないために何をすべきかについて説明します。

面接で聞くことリストとは?面接の準備を行い、効率的な人材採用を実現しよう!

採用面接の限られた時間を最大限に有効活用するためには、事前の準備が必要不可欠です。そのためには「面接で聞くことリスト」を作成し、求める人物を見抜けるか、面接での回答に対して掘り下げる質問は適切か、様々なパターンを想定してシミュレーションしておくことが大切です。今回は面接で聞くことリストを作る上で、もれなく綿密に洗い出すために必要なことを説明します。

えるぼし認定のメリットとは?女性活躍推進法の助成金を活用しよう

えるぼし認定制度とは、女性の活躍推進の状況等が優良な企業に与えられる、女性活躍推進法の取り組みの一つです。えるぼし認定を受けた企業は、広報や採用におけるメリットだけでなく、助成金や様々な優遇措置を得ることができます。今回はえるぼし認定によって得られる助成金と優遇措置についてご紹介します。

同一労働同一賃金の原則とは? 日本型の法改正と日本の実態について

同一労働同一賃金とは、正規・非正規間の不合理な待遇格差を是正するために進められている施策です。職務が明確である欧州でメジャーな制度ですが、職務が不明確で職能に対する評価制度が一般的な日本では、欧州のまま取り入れることは難しく、日本式の同一労働同一賃金制度が検討されています。同一労働同一賃金制度が検討される背景や目的などの概要について説明します。

社風改革とは?社風を変える方法と問題点・注意点について

社風はどの企業にも必ず存在するものです。しかし、自社の社風を客観的かつ正確に把握できており、言語化できる人は多くありません。そのため、経営者の掲げる理想の社風と、実際の社風が異なる可能性があります。理想の社風と現実の社風が異なる場合、理想を変えるか、現実を変えるかの選択を迫られます。今回は現実を変える「社風改革」がそもそも可能なのか、可能であれば社風改革の際にはどのような点に注意すべきなのかについて説明します。

離職率が高い問題点とは?離職が引き起こすデメリットを理解しよう

離職率が高いことによって生じる企業の問題点は様々挙げられます。従業員が辞めるだけでなく、社内の他の従業員はもちろんのこと、社外に対しても大きな影響を与えています。離職率が高いことによって引き起こるデメリットとして、より実務に直結した問題点について説明します。

【人間関係論】ホーソン実験の実験内容とは?人間関係論が注目された背景とは

良好な人間関係が労働生産性の向上につながることを発見した「ホーソン実験」。約90年前の実験ではありますが「人間関係論」の基となり、現在でも多くの研究や企業に影響を与えています。ホーソン実験では様々な仮説検証を行い「労働環境」「労働条件」「個人の感情」「人間関係」について実験を行いました。今でも影響を与えるホーソン実験の内容について、説明します。

えるぼし認定の申請方法とは?申請の手順を分かりやすくご紹介!

えるぼし認定制度とは、女性の活躍推進の状況等が優良な企業に与えられる、女性活躍推進法の取り組みの一つです。えるぼし認定を受けるための申請方法には4つのステップがあり、ステップごとに必要な手順も多く複雑です。今回はえるぼし認定を受けるための申請方法と、申請までの手順を分かりやすくご紹介します。

リテンションマネジメントとは?優秀な人材の流出を防止し、確保する

優秀な人材の流出を防止するリテンションですが、施策だけでなく、マネジメント段階まで落とし込むことが大切です。リテンションマネジメントでは「人材の流出を防ぐ」就業環境づくりが重視されます。リテンションマネジメントの意味や定義、目的などの概要について説明します。