記事カテゴリー

マネジメントスキルの項目とは?細分化し、具体的に考えよう!

現在では「長期に渡って自社で活躍し、管理職を任せられる人材が欲しい」と希望する企業が増え、それゆえに「マネジメントスキル」の需要は高いです。マネジメントスキルは有効なアピールポイントになるのです。マネジメントスキルは抽象的で、具体的にはどのようなものなのでしょうか?この記事ではマネジメントを細分化するとどのようなスキルに分けられるのか、またマネジメントスキルを支えるスキルはどんなものがあるのかを解説します。

OJTシートの書き方や記入例とは?作ったシートの活用方法について

OJTシートとは、トレーナーとトレーニーがOJTの目標や進捗状況を共有し、客観的に自分を振り返えるためのツールです。OJTシートの書き方や記入例を知っておくことで、OJTの現場での活用方法が分かり、効果的・効率的なOJTを行えるようになります。今回はOJTシートの書き方や記入例をご紹介します。

マネジメントスキルとは?中長期のキャリアプランを考えよう!

20代後半から30代前半にかけて「転職」で悩む方はたくさんいます。年齢を重ねるごとに転職で求められるものも変わっていき、現在では「長期に渡って自社で活躍し、管理職を任せられる人材が欲しい」と希望する企業が増えています。それゆえ「マネジメントスキル」の需要は高く、面接でもしっかりとアピールしたいポイントだと言えます。しかし企業が求めるマネジメントスキルとは一体どのようなものでしょうか? この記事ではマネジメントの意味や定義を確認しながら、どのようなビジネスシーンで活用可能かを紹介し、社会で活躍するためのマネジメントスキルについての理解を深めます。

キャリア開発ラダーとは?意味や目的、企業での活用方法について

キャリア開発ラダーとは、看護師の段階的な成長を支援するために作られた、キャリアの段階と目標を明確にしたプランのことを意味します。キャリア開発ラダーを活用すれば、忙しさのせいでキャリア開発に取り組めない従業員のキャリア開発を支援できます。今回はキャリア開発ラダーの意味や目的、事例や効果についてご紹介します。

キャリアデザインの方法とは?企業側から支援する方法について

キャリアデザインとは、自身の理想のキャリアを描き、キャリアを実現する方法を考えることです。キャリアデザインの方法を理解することで、社員のキャリアデザインを支援し、労働生産性の向上や組織全体の活性化が図れます。今回はキャリアデザインの方法と、企業が社員のキャリアデザインを支援する方法をご紹介します。

ビジネスでのコミュニケーションスキルをアップさせる方法とは?

採用基準として多くの企業で重視されているのが「コミュニケーションスキル」です。専門的なスキルとは違い、業界・職種問わず要求されるシーンが多いことで、成長を期待できる若手から、キャリア豊富なベテランの採用にも重要な要素として扱われています。転職活動でも「コミュニケーション能力に自信がある」というアピールは定番となっています。ビジネスにおける「コミュニケーションスキル」はどのようなものが求められているのでしょうか?この記事では、役に立つコミュニケーションスキルの向上のポイントを紹介します。

採用面接でアピールできるコミュニケーションスキルとは?細分化してみよう

「長所はコミュニケーション能力の高さです」と面接でアピールする求職者はたくさんいます。しかし「ビジネスの」コミュニケーションでしょうか?採用面接でポイントになるのは、ビジネススキルとしてのコミュニケーションです。「一緒にいて楽しい」ことが重視されるプライベートのコミュニケーションの違いを踏まえ、この記事では「ビジネスシーンで活躍するコミュニケーションスキルとはなにか」を考えていきます。

集団凝集性とは?意味や定義、企業へのメリット・デメリットについて

集団凝集性とは、集団のメンバーを集団に留まらせる「求心力」や「動機付け」などの内的な力を意味する言葉です。集団凝集性を高めることで、社員の企業への帰属意識が高まり、労働生産性の向上や離職率の改善につながります。今回は集団凝集性の意味や定義、集団凝集性を高める要因とメリット・デメリットについてご紹介します。

仕事で重視されるコミュニケーションスキルとは?意味を再確認しよう

20代の若手人材採用では「コミュニケーションスキル」が業務遂行能力以上に重視されるケースがあります。若手人材の採用では現状よりも「伸びしろ」を見ようとする企業が多いことも頷けます。ポイントになるのが「コミュニケーションスキル」です。面接でコミュニケーション能力を重視する求職者は多いですが、そもそもビジネスで必要なのはどのようなコミュニケーションでしょうか?

ダイバーシティマネジメントの企業事例と具体的な成果をご紹介!

ダイバーシティマネジメントとは「従業員の多様な個性を企業内に取り込んで活用し、経営に活かしていく」という意味の言葉です。自社でダイバーシティマネジメントに取り組む際には、他社の企業事例を参考にすることで、施策の質や成功率を上げることができます。今回は日本とアメリカにおけるダイバーシティマネジメントの歴史と、ダイバーシティマネジメントの企業事例をご紹介します。