記事カテゴリー

仕事選びで見落としがちなポイントとは?将来を見据えて仕事を選ぼう!

仕事選びの際に見落としがちなポイントについて説明します。この記事は、今の仕事を続けるのが難しいと感じながら、具体的に転職を考えることができない人のための記事です。自身が持つ「仕事選びの軸」と、仕事選びで何を大切するのかといった自身の基準を知ることは、転職を考える際とても重要です。しかし、自身の価値観を重視するあまり、本来、考慮すべきポイントが抜け落ちている場合があります。こでは、仕事選びの際に見落としがちなポイントについて説明します。

採用業務を効率化する方法とは?無駄なプロセスを削減しよう

採用業務の効率化は、人事担当者にとって重大な課題となっています。売り手市場が続くことで「以前と同じやり方では人材確保が厳しい」だけでなく、働き方改革の推進により「就労環境や人事制度の整備」などへの対応も求められています。採用における課題として約7割の人事担当者が「マンパワーが課題である」と挙げています。売り手市場で人事担当者を採用するのも難しくなる中、採用業務を効率化させながら内定辞退率を低下させる3つのポイントについて説明します。

仕事選びの軸の判断基準とは?自己分析から大切にする価値観を反映しよう

「仕事選びの軸」は共通ながらも、何を優先するかは個人の価値観によって異なるため、判断基準の設定が難しいことが問題として挙げられます。自分自身が大切にする「仕事選びの軸」がわからないと、どのように仕事を選べばいいのかもわからなくなります。この記事では「仕事選びの軸」を、どのような基準で判断していくのかを説明します。

ストレス要因のランキングとは?労働者のストレスの原因を知ろう!

ストレス管理を行うためには、ストレスの原因となるストレス要因に優先順位を付けて対策を行うことが重要です。ストレスについては様々な学術研究が行われており、ストレス要因の強さについても、ストレス管理に活用できる結果が報告されています。今回はストレス要因の強さをランキングにした研究結果や、研究内容から読み取れるものについて説明します。

マニュアルワーカー(単純作業労働者)とは?将来性や必要性について

マニュアルワーカー(単純作業労働者)とは、ナレッジワーカー(知識資産労働者)の対語である存在です。高度経済成長期において特徴的な働き方で、マニュアル通りに正確かつ速さが求められていました。現代の働き方においてナレッジワーカーの重要性が高まっているものの、マニュアルワーカーが不要というわけでは決してありません。マニュアルワーカーの意味や定義、今後マニュアルワーカーに求められるものについて説明します。

仕事選びの軸とは何故重要なのか?自分の中に基準を設けて転職しよう!

転職を考える際に明確にしておきたいことが「仕事選びに対するあなたの軸」です。この記事は、今の仕事を続けるのが難しいと感じながら、具体的に転職を考えることができない人のための記事です。自分は何が得意なのか、将来何をしていきたいのか、自分自身が大切にする「仕事選びの軸」がわからないと、どのように仕事を選べばいいのかもわからなくなります。ここでは、どういうことが「仕事選びの軸」になるのかを説明します。

求人票の休日の見方とは?労働条件を入社前に確認しておこう!

求人票には「年間休日数」や「週休二日制」などの休日に関する情報が記載されています。また「有給休暇」などについても法律で規定があり、条件を満たせばパートやアルバイトなどでも付与されます。労働政策研究・研修機構の調査によると正社員を辞めた理由として最も上位に挙げられる理由が「労働条件・休日・休暇の条件が良くなかった」ですが、本来は労働基準法で定められた最低条件の上で、労働契約書などで必ず記載されているのにも関わらず上位の理由として挙げられています。この原因としては①労働契約書と実態が異なる→明示していない・実態と異なる場合は企業に対して30万以下の罰金(労働基準法違反)かつ即時契約解除ができる②そもそも労働契約書を読んでいない・理解していないなどが考えられます。今回はこの「休日や休暇の条件」について説明します。労働条件や休日・休暇を理由に離職する人が多いですが、労働基準法で明示しなければならない項目と定められており、事前に確認しておくことが重要でしょう。年間休日日数が平均(114日)より上なのか、与えられた休日日数からどのタイミングで休めてどのタイミングで働かなくてはならないのか、有給休暇の取得で賄えるのかをイメージしておくことが大切です。

副業を解禁した他社の事例!先進的な活動から、副業解禁の効果を知る

2018年1月に厚生労働省が公表した「モデル就業規則」によって「原則副業を容認する」流れとなっています。副業について法的な拘束力は元々無く「モデル就業規則」での解禁に先立って副業を容認してきた企業がいくつかあります。今回は副業を解禁した他社の事例から、副業を解禁することでどのような効果をもたらしたのかについて説明します。

ケイパビリティとコア・コンピタンスの違いとは?共通点・相違点を探る

ケイパビリティとコア・コンピタンスは、共に組織・起業が持つ能力を指す言葉として使われますが、厳密には意味が異なります。ケイパビリティとは組織の持つ能力全般を指し、他社や市場環境を反映していない能力です。コア・コンピタンスとは、模倣されにくい、競合他社と比べて有意性のある能力のことです。激化する競争社会を勝ち抜くためには、コア・コンピタンスの活用が必須ですが、コア・コンピタンスを活用するためにはケイパビリティを明らかにすることが必要です。ケイパビリティとコア・コンピタンスの言葉の意味や定義、共通する点と相違する点や関係性について説明します。

求人票の就業時間の見方とは?変形労働時間制やみなし労働時間制とは

求人票の就業時間には、時間が定められている場合だけでなく、変形労働時間制やフレックスタイム制、みなし労働時間制などの様々な記載がされます。時間外労働の残業時間や残業代を知るためには、就業時間の種類について理解を深めることが大切です。今回は求人票における就業時間の見方について説明します。