記事カテゴリー

組織適性検査を使ったチームビルディングとは?心理的安全性を実現する

組織適性検査は、組織の現状を把握するための適性検査であり、効果的なチームワークを実現するためのチームビルディングにも有効活用することができます。有効活用するためには、チームビルディングの目的や方法を明確にしながら、現状の組織の課題を明確にすることが大切です。今回は組織適性検査をチームビルディングに活用する方法について説明します。

構造化面接とは?目的や進め方、メリット・デメリットについて

Googleの採用面接でも使われる手法としても有名な「構造化面接」があります。構造化面接の最大のメリットは、面接官による評価のばらつきを抑え、応募者のパフォーマンスを客観的に予測できるという点です。構造化面接の定義や目的、進め方、メリットと注意点について説明します。

定着率向上のメリットとは?目的にも手段にもなり得る!

就業者の1/3が3年以内に離職する中で定着率の向上は各企業が優先的に取り組むべき課題です。定着率の向上で得られるメリットは、採用や教育コストの削減だけでなく、労働生産性の向上や社員のモチベーションの向上、風評被害の防止など多岐にわたり、最終的には顧客満足度の向上など企業収益に大きく関わってきます。今回は定着率向上によって得られるメリットについて、一つ一つ説明します。

ストレスコーピングとは?ストレス発生のメカニズムから対処法を学ぼう

ストレスコーピングとは、ストレス対処方法の一つで、ストレスの原因をなくす・ストレスの感じ方を変える、ストレスを発散する方法に細分化できます。日本の過半数の労働者が仕事で強いストレスを抱えているため、労働者自身にストレス対処方法を身に付けてもらうこともストレスマネジメントで必要な視点です。今回はストレスコーピングとは何か、ストレスが発生するメカニズムにどう影響を与えるのかについて説明します。

テレワークの導入方法とは?目的やセキュリティを明確にして準備しよう

テレワークとは、在宅勤務だけでなくサテライトオフィスやモバイルワークなども含めた、職場から離れたところで働く勤務形態の総称です。従業員だけでなく会社にとってもメリットが大きいテレワークですが、導入には様々なプロセスや準備、対策が必要になります。今回はテレワーク導入の全体的な流れと導入に必要なプロセス、導入のためのルールとセキュリティ対策についてご説明します。

ケイパビリティ・ベースド・ストラテジーとは?活用企業事例も紹介!

ケイパビリティ・ベースド・ストラテジーとは、企業組織が持つ能力であるケイパビリティを最大限に活用し、競争優位を構築することを目指す戦略のことです。ケイパビリティを戦略に活用することで、他社との差別化を可能にするだけでなく、自社の成長を促すことが可能になります。ケイパビリティは自社で構築するだけでなく、外部から取り込むことが有効な場面もありますが、自社のケイパビリティを理解していなければ不可能です。ケイパビリティ・ベースド・ストラテジーとは何か、必要性や活用企業事例について説明します。

組織適性検査とは?意味や目的、活用方法や注意点について

多くの適性検査が個人を対象とするのに対して、組織適性検査とは組織を対象とした適性検査のことです。長く働いてくれるか、活躍してくれるかを知るためには、組織相性を見極めることが重要であり、まずは自社組織の現状を把握することが求められます。今回は組織適性検査とは何か、組織適性検査の活用方法、活用する際の注意点について説明します。

オヤカクの対策方法とは?親の悩みや求めるポイントを理解しよう!

「オヤカク」とは、内定を出した学生に対して、企業が「当社への入社を親は承諾しているか」を確認する、または企業が内定学生の親に直接連絡を取って説明・確認する行為のことです。オヤカクが必要だと考える企業・親が増加する一方で、オヤカクに対して良い印象を持っていない人や親が希望する施策と企業が必要だと考える施策にギャップがあるなどの課題があるのも現状です。今回は効果的なオヤカク施策を実施するために、親が希望する内容やギャップ、具体的な対策例について説明します。

定着率の向上方法とは?人材の定着施策を目的別に考える

定着率の向上は、人事担当者・経営者の頭を悩ませる課題の一つです。定着率を向上させることで、採用・教育コストの削減や労働生産性の向上などが期待できる一方で、定着率を向上させるための具体的な課題に落とし込めていない企業が多く存在します。今回は既存従業員・新規従業員の二つの視点から、定着率を向上させるための施策について説明します。