記事カテゴリー

「 経営人材 」一覧

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。次世代の経営を担う人材の育成は、多くの企業で課題となっているにもかかわらず、効果的な育成が行えている企業は少ないのが現状です。
経営人材を育成するためには、自社における経営人材とは具体的にどのような人材なのか、経営層や人事部が主体になって明確化して、採用・育成業務に落とし込む必要があります。
経営人材カテゴリーでは、経営人材とはどんな能力やスキルを持つ人材なのか、どのようにして育成すればいいのかなどについて説明します。

経営人材の育成に成功した企業の事例とは?具体的な育成方法について

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。経営人材の育成は、多くの企業が抱える課題であるため、育成方法には各社様々な工夫がなされています。今回は経営人材の育成に成功した企業の事例について、具体的な課題や育成方法とあわせてご紹介します。

経営人材育成のガイドラインとは?内容を要約して分かりやすく解説!

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。経営人材の育成は、日本を支える各企業にとっての課題であるため、国にとっても重要な課題となっています。今回は、経済産業省が公開している経営人材育成ガイドラインの内容を分かりやすくご紹介します。

経営人材の育成方法とは?具体的な育成プロセスについて

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。経営人材を育成するためには、経営層の取り組みだけでなく、中長期的な育成計画の作成が大切です。今回は経営人材の育成方法について、具体的な育成プロセスをご紹介します。

経営人材に求められるスキルとは?スキルの種類や必要な理由について

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。企業を維持・成長させていくためには、時代の流れに合ったスキルを持つ経営人材の育成が必要不可欠です。今回は経営人材に求められるスキルの種類や、それぞれのスキルが必要な理由についてご紹介します。

経営人材とは?意味や定義、採用・育成のために必要な要素について

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。経営人材を確保するためには、優秀な人材を採用するだけでなく、どんな人を・どのように育成するのかを明確化することが大切です。今回は経営人材の意味や定義、経営人材を採用・育成するために必要な要素についてご紹介します。