記事カテゴリー

「 経営人材 」一覧

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。次世代の経営を担う人材の育成は、多くの企業で課題となっているにもかかわらず、効果的な育成が行えている企業は少ないのが現状です。
経営人材を育成するためには、自社における経営人材とは具体的にどのような人材なのか、経営層や人事部が主体になって明確化して、採用・育成業務に落とし込む必要があります。
経営人材カテゴリーでは、経営人材とはどんな能力やスキルを持つ人材なのか、どのようにして育成すればいいのかなどについて説明します。

イントレプレナーとは?次世代リーダーの育成が何故組織に重要なのか

イントレプレナーとは社内起業家を意味する言葉であり「会社の従業員として新規事業を起こす」ことを意味します。多くの企業が経営課題として挙げている「新規事業の開発」や「人材の強化」を行うためにはイントレプレナーを理解することが大切です。今回はイントレプレナーが何故企業にとって重要なのかについて説明します。

将来の企業経営を担う幹部候補生の特徴とは?人材要件を明確にしよう

幹部候補とは、組織の中核を任せることを前提に採用・選抜された人材のことです。労働人口の減少にともない、求人市場では企業間の人材獲得競争が激化の一途をたどっています。短期的には人手不足解消のための人材確保が大切ですが、将来を見据えた企業経営では中長期的な人材マネジメントがかかせません。この記事では、将来の企業経営のカギを握る幹部候補生について、どんな人材を抜擢すべきかを解説します。

幹部候補とは?人材を獲得・育成しないと将来の会社経営が危ない

幹部候補とは、組織の中核を任せることを前提に採用・選抜された人材のことを指します。役員などの経営層なのか、事業部長などの管理職なのかは企業によって異なりますが、幹部候補の確保は多くの企業にとっての経営課題として挙げられています。今回は幹部候補とはどのような人材か、幹部候補を確保するために何をしなければいけないのかについて説明します。

日本の起業家精神の現状とは?国際社会と比較した調査から分かること

グローバル化によってスピーディーかつ柔軟な対応力が求められる現在のビジネスシーンでは、常に「次のビジネス」へ目を向ける起業家精神が生き残りの鍵となっています。しかしこうしたビジネスマインドを持った人材は日本には決して多くなく、もっと企業で育成していく必要があります。この記事では、日本や海外の起業家精神に関する調査について、どのようなことが報告されているかを紹介します。

起業家精神の特徴と育成方法とは?価値観とスキルを分けて考える

起業家精神とは、ベンチャー企業やスタートアップ企業を創業するようなアクティブなビジネスパーソンには不可欠なものであり、アントレプレナーシップと訳されることもあります。起業家精神の特徴をおさえ、教育が可能なもの・教育が難しいものを理解することで、新規事業開発や次世代リーダーの育成に活用することができます。今回は起業家精神の特徴を性格・価値観とスキルの2面から説明します。

アントレプレナーシップは教育で習得できるか?

アントレプレナーシップとは、「企業家精神」として理解されています。ビジネスにおけるゼロからイチを生み出す創造だけでなく、生まれたイチを飛躍させる戦略の立案・実行にも不可欠なスキルです。創造性の高いスキルであるがゆえに、アントレプレナーシップは先天的なものという印象を受けがちですが、入社後の教育研修で身につけることも可能です。この記事ではアントレプレナーシップを身につけるためにはどんなスキルの教育研修が有効かを紹介します。

アントレプレナーシップの日本の現状とは?採用が難しいなら教育しよう

グローバル化が進むビジネスシーンで生き残るためには、新たなものを創造し、形にしていくことが不可欠です。欧米諸国では、この精神がアントレプレナーシップとして広く若いビジネスパーソンに共有されています。この記事ではアントレプレナーシップとは何か、世界的に現在の日本がどういう立ち位置にあるのかを解説します。

アントレプレナーシップとは?経営課題として注目される背景や理由

アントレプレナーシップとは「企業家精神」です。現在の経営課題として収益性の向上を挙げる企業が多い中、将来的な課題として新規事業開発や柔軟な対応力を持った人材の育成が経営課題にも挙げられています。この記事では激変する市場を企業が生き残るための人材である「アントレプレナーシップ」について説明します。

経営人材の育成に成功した企業の事例とは?具体的な育成方法について

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。経営人材の育成は、多くの企業が抱える課題であるため、育成方法には各社様々な工夫がなされています。今回は経営人材の育成に成功した企業の事例について、具体的な課題や育成方法とあわせてご紹介します。

経営人材育成のガイドラインとは?内容を要約して分かりやすく解説!

経営人材とは、経営や事業の目的・目標・課題を設定できる素質を持つ、経営感覚を兼ね備えた人材を意味する言葉です。経営人材の育成は、日本を支える各企業にとっての課題であるため、国にとっても重要な課題となっています。今回は、経済産業省が公開している経営人材育成ガイドラインの内容を分かりやすくご紹介します。