イントレプレナーとは?次世代リーダーの育成が何故組織に重要なのか

起業家精神を持つ人材イントレプレナーの抜擢を!

インターネットが一般化して以降、情報の量や速度が飛躍的に向上し、その影響でビジネスモデル自体も変革を余儀なくされてきました。その結果、何をビジネスにするか、どのように働くかについて、現在の会社経営では重要な課題となっています。
日本能率協会はそうした時代を背景とし、現在日本企業が当面している経営課題のトレンド調査を行いました。

アンケート調査では、現在においては「収益性向上」や「売り上げ・シェアの拡大」が1位と3位、2位に「人材の強化」が挙げられています。そして3年後の課題では「人材の強化」と「新製品・新サービス・新規事業の開発」、5年後では「事業基盤の強化・再編、事業ポートフォリオの再構築」「新製品・新サービス・新事業の開発」が課題として上位に挙げられています。

経営課題
出典元『一般社団法人 日本能率協会』日本企業の経営課題2018

この結果からわかることは、常に早急に取り組まなければならない課題として収益やシェアがあり、中長期的な課題として人材マネジメントや新規事業の開発が位置付けられているということです。これからのビジネスを展開する上では、後者の中長期的な課題に対する取り組みをいかに前倒しできるかが鍵となります。

こうしたビジネス課題の背景にあるのが、国際化するビジネスシーンにおける日本の競争力です。日本企業の国際的な競争力を客観的に把握するのに役立つのが、IMD (International Institute for Management Development)が作成する「世界競争力年鑑(World Competitiveness Yearbook)」です。

日本は30年前は国際競争力第1位でしたが、1997年以降は20位前後に低迷、2019年現在では30位となっています。

世界競争力年鑑
出典元『株式会社三菱総合研究所』IMD「世界競争力年鑑」からみる日本の競争力 第1回 IMD「世界競争力年鑑」とは何か?

アントレプレナーシップに着目したとき、企業が行う対策の論点となるのが「新規事業の開発」と「人材育成・マネジメント」の2つです。とりわけ日本では年功序列の評価制度や終身雇用などが根強く残っており、スピーディーかつ柔軟に対応していかねばならない現代のビジネスシーンにうまく適応できていない企業が多数あります。

今回の記事では、起業家精神を持つ人材のキーワードとなる「イントレプレナー」についての基本的なことを説明します。

イントレプレナーの意味・定義とは?

イントレプレナーとは、社内起業家のことを意味しています。新規事業や新サービスの開拓は、市場が拡大・多様化するビジネスシーンにおいて生き残るためには不可欠なものです。

既存のものの維持だけでなく、新たなものを開拓する起業家精神を持ち合わせた人材は「イントレプレナー」として重宝します。

イントレプレナーとアントレプレナーの違いとは?

「イントレプレナー」と類似した言葉で「アントレプレナー」があります。両者は基本的な気質や行動動機は似ていますが「会社の従業員として新規事業を起こす」か「自分自身で会社を起こす」かの違いがあります。

イントレプレナーは「会社の従業員として新規事業を起こす」アントレプレナーは「自分自身で会社を起こす」に該当します。

イントレプレナーはなぜ求められているのか?

昨今のビジネスシーンでは、情報の量や速度が飛躍的に上昇しており、ほとんどの業界で市場は世界規模となっています。

生き残りにおいて重要なのが、絶えず新たなものをつくり続ける創造力です。しかしながら、日本では長く年功序列の評価制度や終身雇用が定着しているため、起業家精神の育成が世界的に遅れているということが問題視されています。

日本の働くことへの価値観は、リスクを極端に恐れ、周囲に波風を立てない保守的なふるまいを導きます。これではグローバルな市場で戦うには不十分で、だからこそ社内起業家たるイントレプレナーの存在が求められているのです。

イントレプレナーの特徴について

イントレプレナーの特徴とは、ビジネスについての幅広い興味・関心を持っていることが挙げられます。新しい事業・サービスをつくるだけでなく、それによってどのようなインパクトを社会に与えるか、どれほどの利益が見込めてどんな方向性の発展が期待できるか……といった総合的な視点からビジネスを見れることが、イントレプレナーには不可欠です。

部署やチームを牽引する存在となるため、リーダーシップやそれを発揮するためのコミュニケーション能力も重要です。新たな事業を立ち上げるには、多くの場合でなんらかのリスクを伴います。それを含めて相手を納得させ、協力を得て人を動かすカリスマ性が、イントレプレナーたる創造性を支えます。

抜擢するならイントレプレナー?アントレプレナー?

イントレプレナーとは社内起業家を意味しています。

新規事業の開発など企業の経営課題に直結した人材であり、特に世界規模の市場など、競争が激しい業界で生き残っていくためには不可欠な存在として需要が高まっている存在です。

似た言葉でアントレプレナーというものもあります。しかし、アントレプレナーは新規事業に向く人材である一方、場合によっては独立してしまう可能性もあります。

子会社や関連会社の設立を良しとするのかは会社次第であるため、アントレプレナーの高い人材を新規事業に抜擢するか、イントレプレナーの高い人材を新規事業に抜擢するかは企業の考え方によるというのが実情です。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

プライバシーポリシー

関連するタグ