記事カテゴリー

「 採用強化 」一覧

ケース面接とは一体何?フェルミ推定との違いと例題について

グーグルの採用面接でも使用されていた「ケース面接」は外資系金融やコンサルティングファームを中心に使われている手法です。ケース面接の元と言われているフェルミ推定との違いや、ケース面接のお題例、応募者の評価項目などについてご紹介しながら、今後自社の採用選考に導入すべきかの視点について、説明致します。

コンピテンシーの意味や定義、使い方とは?人事業務での活用方法

「コンピテンシー(Competency)」という言葉を企業の人事やマネジメントの分野で聞く機会が多くなりました。コンピテンシーとは、成果につながる行動特性のことです。目先の営業成績などの短期的な人事評価ではなく、どうすれば営業成績が上がるのかといった行動特性から中長期的な人材育成を見据えた人事評価が可能になります。コンピテンシーは人事評価制度だけでなく、人材育成・教育や採用分野にも応用ができます。今回はコンピテンシーとはどのような意味・定義なのか、人事業務での使い方について説明します。

求人票送付状の役割とは?高校や大学との信頼関係を築こう!

高校や大学に求人票を送る際の送付状は、他社の求人票との差別化や就職課の担当者との良好な関係構築など、非常に大きな役割を果たします。他社の求人票と差別化できれば、掲示板の良い位置に掲載される・学生との面談時に個別に紹介してもらえるなどの母集団形成の効率化に有効です。就職課の担当者と良好な関係を構築できれば、毎年求人票の差別化を行うことができ、中長期的な母集団形成にも有効です。求人票の送付状の使用用途や役割、書かないといけないことや差別化になるポイントについて説明します。

内定後面談とは?質問内容は、時期ごとに違う新卒の悩みを聞くべき

内定後面談は、内定者一人ひとりに直接向かい合うことが出来る、内定者フォローとしての絶好の機会です。内定後面談を効果的な内定者フォローにするためには、内定者の時期ごとの悩みの変化を知り、何を明確にすれば入社意欲が高まるのかを意識しながら質問することが大切です。今回は内定後面談の目的や実施のポイント、時期ごとによる内定者の悩みについてご説明します。

内定者の入社前研修に労災は適用される?事故のリスクを理解しよう

内定者フォローの重要な施策の一つに、入社前研修があります。入社前研修や見学会を行う際に企業が留意すべきなのが、就業とみなされた場合に発生する労災保険にまつわる事項です。研修中に起こる事故への対策や対応は、金銭面だけでなく内定者の入社意思決定にも大きく影響します。今回は内定者の入社前研修中に事故や損害が発生した場合に、労災が認定される条件や、認定されない場合の注意点などについてご説明します。

内定者研修にかかる費用とは?賃金・給料や交通費の考え方について

内定者フォローの重要な施策の一つに、入社前研修があります。入社前研修を行う際、内定者に賃金を支払ったり会社が費用を負担することには、合理的な理由があります。研修内容の無駄を省けば、費用削減だけでなく内定者フォローとしての効果を高めることにもつながります。今回は、内定者フォローとして入社前研修を実施する際にかかる費用と、コストをかけてでも研修を行うメリットについてご説明します。