採用活動における課題と解決方法とは?課題が増えている背景を理解する

多くの日本企業が人手不足に陥っている

日本の人手不足の現状ですが、帝国データバンクの調査によると、従業員の不足を感じている企業は年々増加しているといいます。2019年の調査では従業員不足を感じている企業の割合が50%を超えています。

従業員が不足している企業の割合
出典元『帝国データバンク』人手不足に対する企業の動向調査(2019 年 10 月)

厚生労働省の調査でも、人手不足を感じている企業の割合はここ10年ほど増加傾向が続いており、日本全体で人手不足が深刻な問題になっています。

企業の人手不足感の推移
出典元『厚生労働省』雇用を取り巻く環境と諸課題について

人手不足に陥らないためには人材を採用する必要があるものの、少子化による労働力人口の減少が続く中での採用活動にはさまざまな課題があるのです。

企業の採用活動における課題にはどんなものがあるのか、今回はご紹介します。

採用活動における課題が増えている背景とは

採用活動の課題が多様化し、数も増えています。それはなぜなのでしょうか。

まず挙げられるのが採用・就職活動スケジュールの変更や見直しでしょう。経団連は2021年卒の学生から「採用選考に関する指針」の廃止を決定しました。今まで提示されていた就職・採用活動の「目安」はいったん廃止され、政府主導で新たな枠組みを検討することになりました。

2019年3月に政府は従来のルールの維持を基本とした「2020年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請事項」を策定・公表し、すぐに現在の就職・採用活動日程を変更することはないとしましたが、状況によって新卒採用の仕組みも変動する可能性は否定していません。

Yahooやリクルート等の企業で導入されている新卒通年採用も経団連と大学側が今後、新卒採用は通年採用に移行していくことで合意しています。2021年春までは現行のルールが踏襲されますが、ゆくゆくは新卒通年採用が一般化し、一括採用が主流だった日本の雇用システムも変わっていくとされています。

通年採用とは企業が年間を通じて新卒・中途問わず、自由なスケジュールで採用活動を行うことで、日本は今まで新卒を同じ時期に一括で採用、教育し年功序列制度で長く同じ企業で働いてもらうことで企業の成長と安定を図ってきました。しかし社会の進化は速く、変化し臨機応変に対応することが企業に求められているのです。

採用活動は社会の変化とともに課題も多面的に、そして増加しているのです。

採用活動における課題とは

企業が感じる採用活動における課題は何があるでしょうか。

リクルートが行ったアンケートによりますと、マンパワー不足、認知度、協力体制、コストという順序となりました。採用活動が多様化し、インターンシップも含めた採用期間も長期化し、採用担当の業務が忙しくマンパワーが足りていないというのはどの企業も感じているのではないでしょうか。

新卒採用における課題
出典元『リクルートキャリア』就職白書2019

採用活動における課題の解決方法について

採用活動における課題に関して解決方法はあるのでしょうか。

解決方法については様々な対策があります。大きな課題であるマンパワー不足に対しては、社内の協力体制を整えることが挙げられます。採用面接は管理職や現場社員、リクルーターは社内の若手社員や活躍している社員に任せる等役割を明確にして、社内の人事担当以外にも協力してもらうといいでしょう。

採用支援ツールを導入することもマンパワーやコストの削減に繋がるため検討すると良いでしょう。

自社の状況に合わせた採用活動を検討しよう

少子化による労働力人口の減少が続き、企業の採用活動にはさまざまな課題が生まれています。

採用活動における課題にはどんなものがあるのか、どのように解決できるのかを知り、自社の状況に合った採用計画を立てましょう。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ