記事カテゴリー

「 採用強化 」一覧

タレントマネジメントの導入事例とは?人事システムを学ぼう!

タレントマネジメントとは、自社の抱えるタレント(優秀な人材)の能力や特性を把握して、パフォーマンスを最大化するための人事戦略です。タレントマネジメントは日本でも人事において先進的な企業で導入が進んでおり、実際の導入事例は自社で導入する際の大きなヒントになります。今回はタレントマネジメントを実際に導入して、効果が現れた企業5社の事例をご紹介します。

タレントマネジメントとは?目的やメリット・デメリットについて

タレントマネジメントとは、自社の抱えるタレント(優秀な人材)の能力や特性を把握して、パフォーマンスを最大化するための人事戦略です。社外から優秀な人材を獲得するだけでなく、既存の社員の能力を最大限に活かすタレントマネジメントは、現代の人材難を乗り越えるためのカギになります。今回はタレントマネジメントの意味と目的、メリットやデメリットについてご紹介します。

タレントアクイジションとは?採用での意味とメリット・デメリット

タレントアクイジションとは、タレント(優秀な人材)をアクイジション(獲得)する役職や組織、行動を意味する言葉です。タレントアクイジションは人材獲得競争が激化する現代の日本において、優秀な人材を確保し自社が発展していくために、他社との差別化を図る有効な手段になります。今回はタレントアクイジションの意味と目的、実施する際のメリットやデメリットについてご紹介します。

テレワークとは?メリットやデメリット、在宅勤務以外の働き方について

テレワークとは、情報技術を活用して会社以外の場所で、遠く離れて働くことを実現する勤務形態のことです。テレワークとは在宅勤務だけを指す言葉ではなく、時間や場所を有効に活用できる様々な働き方があります。今回はテレワークを導入する目的や、テレワークを導入する企業・従業員のメリット・デメリットについて説明します。

採用業務を効率化する方法とは?無駄なプロセスを削減しよう

採用業務の効率化は、人事担当者にとって重大な課題となっています。売り手市場が続くことで「以前と同じやり方では人材確保が厳しい」だけでなく、働き方改革の推進により「就労環境や人事制度の整備」などへの対応も求められています。採用における課題として約7割の人事担当者が「マンパワーが課題である」と挙げています。売り手市場で人事担当者を採用するのも難しくなる中、採用業務を効率化させながら内定辞退率を低下させる3つのポイントについて説明します。

面接の目的とは?見極めと惹き付けを使い分け、失敗しない面接をしよう

面接は全企業のうち99.4%が実施している採用活動プロセスです。面接の目的としては「応募者を見極める」ことが第一に挙げられますが、売り手市場においては「応募者の惹き付け」を行うことも重要です。新卒採用において、過半数の学生が2社以上からの内定を取得しており、「複数の内定から自社を選んでもらう」仕組みを面接にも取り入れることが大切です。面接の目的である「応募者の見極め」と「応募者の惹き付け」を行うことの重要性ややり方、注意点や配分について説明します。

採用ブランディングの動画は必要?目的から活用方法を考える

採用ブランディングの方法として、動画が用いられることがあります。若年層はYouTubeなどで普段から動画に慣れ親しんでいることや、文字や画像以上の情報を伝えられることから、動画は非常に有効な手段として考えられています。一方で、伝わりやすい動画ではなくかっこいい動画を作るなど、動画を作ることが目的となってしまっては本末転倒です。今回は採用ブランディングにおいて動画を使うことのメリットや注意点、活用方法について説明します。

採用ブランディングの実施方法とは?5ステップで解説します

採用ブランディングは、採用マーケティングと同様に、採用領域において近年注目されている概念です。採用ブランディングを実施する方法としては、採用マーケティングと同様に、求める人物像の明確や自社の強みや価値の把握などが必要です。採用マーケティングでの視点は自社にあったのに対して、採用ブランディングでは情報を受け取る求職者目線で考えることが重要です。今回は採用ブランディングの実施方法について、5ステップに分けて説明します。

採用ブランディングとは?意味や目的、メリット・デメリットについて

「採用ブランディング」とはブランディングというマーケティングの手法を採用活動に取り入れた概念です。採用マーケティングとは異なり、採用ブランディングではターゲットに親密感や高価値といった特定のイメージを抱いてもらうことが目的となり、求職者数の増加やミスマッチを防ぐことが採用ブランディングの目指すゴールになります。複数のイメージの共存による混乱や全社員の協力が不可欠などの注意点はあるものの、適切に運用されれば事業の長期的な成長を支える土台作りに大いに有効な手段となるでしょう。

母集団形成とは?意味や目的、課題や注意点について再認識しよう!

企業における労働力不足が深刻な問題となってきています。自社の従業員が不足していると考える企業は過半数を超えている一方で、少子化に伴う労働人口の減少により、人材獲得競争はより激化する傾向にあると考えられます。自社の従業員を確保するためには、自社の採用候補者となってもらう人材を集める母集団形成の重要性が増しています。母集団形成は、単に候補者の数を集めればよいわけではなく、候補者の質も考慮して母集団形成を行う必要があります。母集団形成の目的や課題、注意点や方法の概要について説明します。