記事カテゴリー

「 採用強化 」一覧

内定者研修にかかる費用とは?賃金・給料や交通費の考え方について

内定者フォローの重要な施策の一つに、入社前研修があります。入社前研修を行う際、内定者に賃金を支払ったり会社が費用を負担することには、合理的な理由があります。研修内容の無駄を省けば、費用削減だけでなく内定者フォローとしての効果を高めることにもつながります。今回は、内定者フォローとして入社前研修を実施する際にかかる費用と、コストをかけてでも研修を行うメリットについてご説明します。

求人票とは?意味や目的、法定項目などの記載事項や必須項目について

売り手市場で求める人材が応募してくれないという課題意識から、求人票の改善を考えている人事担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?求人票は母集団形成における重要な手段の一つですが、記載しなければならない項目と記載してはいけない項目があります。今回は、求人票の基本となる概念や使用目的、法的に避けたい表現、法的な制約などについて説明します。

内定者フォローとは?目的や嬉しい・面白いと言われる内容について

内定者フォローとは、採用した人材からの内定辞退を防ぐために、会社側が内定者に対して行う様々な施策の総称です。上手な内定者フォローは、内定辞退を防ぐだけでなく、新入社員の即戦力化や自社の採用活動の強化にもつながります。今回は内定者フォローの目的を5つの項目に分類し、内定辞退を防ぐ方法とあわせてご紹介します。

面接評価シートとは?採用面接のチェックシートとして活用しよう!

面接評価シートとは、具体的な評価項目や評価基準が明確にすることで、採用面接の精度と効率を向上できるチェックシートです。面接評価シートは、採用合否だけでなく配属先の決定まで活用されることもあるため、自社オリジナルの面接評価シートを作成することが大切です。面接評価シートを導入するメリットやデメリット、注意点を確認しながら、作成手順について説明します。

グループディスカッションのテーマ(お題)の決め方とは?評価項目から考えよう!

グループディスカッションは参加者の「コミュニケーション力」を評価できる方法です。テーマ(お題)を何にするのかによって「論理性」「創造性」などの評価項目が変わってくるため、自社の採用要件に適したテーマを選ぶことが大切です。今回はグループディスカッションのテーマ(お題)の種類ごとに、どんな評価項目があるのかや、テーマ(お題)例などについて説明しています。

グループワークや面接で使える行動評価尺度5選!客観的な評価基準を設けよう

グループワークや面接では、面接官ごとによって評価にばらつきが生まれてしまうことがよくあります。この原因として、意識しなくとも人間の心理として「慣れ親しんでいる価値観」のみで評価する主観的評価が混じってしまうことが挙げられます。評価者によって評価がばらつかない、客観的な評価を行うためには、評価基準を決める「評価尺度」が必要です。今回は代表的な行動評価基準である「グラフィック・レーティング尺度」「行動頻度尺度」「行動基準評定尺度」「行動観察尺度」「行動要約尺度」の5つの尺度について説明します。

雇用のミスマッチが起きる原因と対策とは?採用・人事担当者ができること

雇用のミスマッチとは、労働力の需要と供給のバランスが崩れることで、人材不足が硬直する状態のことです。人材不足の現状で即戦力が必要となりながらも、採用の早期化によって、即戦力になる新卒生の採用が望めなくなったり、知名度と資金力に劣る中小企業がハンデを追わされることとなっています。雇用のミスマッチが起きる原因として、マクロな視点である「情報不全」とミクロな視点である「特性不全」の2つが考えられます。今回は雇用のミスマッチが起きる原因である情報不全と特性不全とはなにか、どのようにしたら解消できるのかの対策方法について説明します。

転職のミスマッチを防ぐ〜中途採用におけるカルチャーフィットの可視化〜

転職者、特に中途採用においては即戦力となる人材が重視される傾向にあります。中途採用においても早期離職する理由として最も挙げられているのが「上司や経営者など人間関係の不満」です。即戦力が重視される中途採用においては「スキルマッチ」が重視されがちですが、中長期的に活躍してもらうためにはカルチャーフィットにも注意を払う必要があります。今回は一度は仕事を辞めている転職者や中途採用におけるミスマッチの内容と現状、ミスマッチへの対策を行う重要性について説明します。

適性検査の分析方法や使い方とは〜採用総括から配属・教育研修まで〜

適性検査とは、受検者の性格や価値観、能力などを可視化する手段の一つです。人に関するデータを定量化することで、客観的な比較が可能になります。適性検査は主に採用選考で使われることが多いですが、人の性格や価値観と言ったデータは「採用総括」「内定者フォロー」「配属・教育研修」など様々な人事業務へ応用ができます。適性検査の受検結果を他の人事業務へ活用する方法ややり方など、適性検査の使い方について説明します。