記事カテゴリー

「 採用強化 」一覧

ブラインド採用とは?意味や目的、メリット・デメリットについて

ブラインド採用とは、採用選考時の名前や性別・年齢や学歴といった個人情報を取り除き、能力のみで応募者を評価する採用手法です。ブラインド採用は、応募者を能力のみで評価して採用の可否を決定するため、ダイバーシティの推進や優秀な人材の見逃し防止につながります。今回はブラインド採用の意味や目的、企業のメリット・デメリットについてご紹介します。

採用パンフレットの企業事例とは?面白い例や魅力的な例をご紹介!

採用パンフレットとは、企業が求職者に対して自社の魅力をアピールするために制作する、紙媒体の採用ツールです。採用パンフレットを制作する際は、求職者に何を伝えたいかだけでなく、どのようにすれば伝わるかを考える必要があります。今回は、実際の企業が制作した魅力的な採用パンフレットの事例をご紹介します。

採用パンフレットの内容とは?記載すべき情報の具体例について

採用パンフレットとは、企業が求職者に対して自社の魅力をアピールするために制作する、紙媒体の採用ツールです。採用パンフレットの内容は、採用サイトには載せきれないようなパンフレットならではの情報を掲載して、求職者へのアピール力を高める必要があります。今回は、採用パンフレットの内容はどんなものにするべきか、記載すべき情報の具体例についてご紹介します。

採用パンフレットとは?目的やメリット、会社案内との違いについて

採用パンフレットとは、電子媒体だけでは伝えきれない自社の魅力やコンテンツを求職者に伝えるために用いられる、紙媒体の採用ツールです。採用パンフレットは、求職者に対するアピール力の向上や採用活動におけるコストの削減など、企業にとって多くのメリットがあります。今回は採用パンフレットを制作する目的やメリット、会社案内との違いについてご紹介します。

社会人インターンの雇用契約書に記載すべき内容や具体例とは?

社会人インターンとは、社会人が現在所属している企業の仕事を継続しながら、他の企業の現場に参加することを意味する言葉です。社会人インターンの雇用契約書を作成する際は、有償インターンの場合と無償インターンの場合で記載すべき内容が異なります。今回は、社会人インターンの雇用契約書に記載すべき内容や具体例についてご紹介します。

社会人インターンの導入に必要な企業側の準備や注意点とは?

社会人インターンとは、社会人が現在所属している企業の仕事を継続しながら、他の企業の現場に参加することを意味する言葉です。社会人インターンを導入する際は、既に学生インターンを導入している企業であっても、社会人インターンならではの準備が必要になります。今回は、社会人インターンの導入に必要な企業側の準備や注意点などについてご紹介します。

コーポレートアイデンティティの導入・活用に成功した企業事例とは?

コーポレートアイデンティティとは、企業の理念や事業内容を明確に表現して、社会に提示するための戦略を意味する言葉です。コーポレートアイデンティティを自社で活用する際には、実際に導入・活用・変更に成功した企業の事例が貴重な参考になります。今回は、コーポレートアイデンティティの導入・活用・変更に成功した企業の事例をご紹介します。

社会人インターンで副業目的の人材を確保する企業側のメリットとは?

社会人インターンとは、社会人が現在所属している企業の仕事を継続しながら、他の企業の現場に参加することを意味する言葉です。社会人インターンを実施する際には、副業や兼業を目的とした優秀な人材を確保するために、有償インターンと無償インターンの違いについてしっておく必要があります。今回は、社会人インターンで副業目的の人材を確保する方法や、企業にとってのメリット・デメリットについてご紹介します。

コーポレートアイデンティティを活用できる施策の例とは?

コーポレートアイデンティティとは、企業の理念や事業内容を明確に表現して、社会に提示するための戦略を意味する言葉です。コーポレートアイデンティティの効果を最大限に引き出すためには、コーポレートアイデンティティを活用した施策を実施する必要があります。今回は、コーポレートアイデンティティを有効活用するための施策例についてご紹介します。

学内セミナーを開催する上で企業側に必要な準備とは?

学内セミナーとは、学校主催で開催される企業説明会を意味する言葉です。学内セミナーは、学校側と信頼関係を築くことができれば基本的に開催費用が無料ですので、母集団形成の面でもコストの面でも非常に効果的です。今回は、学内セミナーを開催する上で企業側に必要な準備についてご紹介します。