「 採用強化 」一覧

母集団形成とは?目的や注意点、課題について再認識しよう!

企業における労働力不足が深刻な問題となってきています。自社の従業員が不足していると考える企業は過半数を超えている一方で、少子化に伴う労働人口の減少により、人材獲得競争はより激化する傾向にあると考えられます。自社の従業員を確保するためには、自社の採用候補者となってもらう人材を集める母集団形成の重要性が増しています。母集団形成は、単に候補者の数を集めればよいわけではなく、候補者の質も考慮して母集団形成を行う必要があります。母集団形成の目的や課題、注意点や方法の概要について説明します。

トライアル雇用併用求人とは何?一般求人との違いとは?

未経験などの若手人材の採用に有効なトライアル雇用。働きぶりや適性を見てから正社員として雇用できる制度ですが、トライアル雇用併用求人という採用方法があります。トライアル雇用併用求人では、一度の求人で「トライアル雇用」と「一般雇用」の2種類で採用できる求人となります。スキルがあることに越したことはないが、スキルがなくても教育できる場合には非常に効果的な求人となります。スキルを持ち合わせた人材の採用難易度が上がっていく中、若手人材の育成と併用して採用できるトライアル雇用併用求人について説明します。

離職率が高いことによって企業に生じる問題とは何があるの?

離職率が高いことによって起こる問題として様々な問題が挙げられます。従業員が辞めるだけでなく、社内の他の従業員はもちろんのこと、社外に対しても大きな影響を与えています。離職率が高いことによって引き起こるデメリットとして、より実務に直結した問題点について説明します。

仕事の価値観とは?種類や例を知って面接やマネジメントに活かす!

仕事に対する価値観を理解しておくことは、採用活動やマネジメントにおいて非常に重要です。仕事の価値観の違いは、同じ発言に対する意味の捉え方が変わってしまい、「人間関係がうまくいかない」「上司の仕事の仕方が気に入らない」などのミスマッチを引き起こします。仕事の価値観は「人生におけるステージ」や「譲れない優先順位」などから、人によって様々ながら変化していくものです。抽象的ながらも変化していく価値観を把握し、すり合わせを行うことが採用活動やマネジメントにおいて重要です。仕事の価値観とは一体何なのか、具体的にどのような価値観があるのかの例から、どのように業務に活用したらよいのかについて説明します。

応募者の志望度を上げる”採用選考プロセス”のポイントとは?

説明会や求人に応募した時点で、ある程度の志望度は期待できます。しかし、内定が出る即ち入社するほど志望度が高い応募者は多くおらず、自社に興味がある程度の志望度であることが多いです。人事担当者として重要になるポイントとして「応募者の志望度を選考プロセスでどう高めるか」になります。具体的に応募者の志望度を上げるための工夫やポイントについて、それぞれの選考フェーズなどに沿って説明します。

ビジネススキルの種類や分類とは?ビジネススキルを体系的に定義しよう!

一言でビジネススキルと説明しても、思い浮かべるスキルは様々あります。PCスキルといった専門的なスキルから、ビジネスマナーなどの社会人全般におけるスキル、管理者に求められるマネジメントスキルなどがあります。人材採用や人事考課でスキルを用いる際には、スキルの種類や分類を明確にして、具体的なスキルを明確にすることが大切です。カッツの理論(カッツモデル)では、ビジネススキルを3種類に分類し、現場のリーダークラスから経営層まで、求められるスキルの種類ごとに重要性が体系的に分類されています。今回はビジネススキルにおける分類であるカッツの理論(カッツモデル)でビジネススキルを活用する方法について説明します。

中途採用ならではのクロージングのコツとは?一度は仕事を辞めている

中途採用においても内定辞退を防ぐためのクロージング面談は非常に有効です。特に優秀な人材であればあるほど、多くの内定が出るため、内定辞退を防ぐ施策は重要性を増します。しかし、実際に中途採用においてクロージング面談を行っている企業は多くありません。中途採用でのクロージングのポイントは「一度は仕事を辞めていること」。このポイントに絞って、クロージングを行っていない企業と差別化を行い、中途採用における内定辞退を防ぎましょう。

ポータブルスキルの種類や一覧とは?採用選考で見極めよう!

35歳〜55歳のミドル層人材の有効活用のために厚生労働省が提唱している「ポータブルスキル」。ポータブルスキルは大きく分けて「専門知識・専門技術」「仕事のしかた」「人との関わりかた」の3種類に分けられます。特に後者2つはさらに細かく分類されています。ポータブルスキルと類似する概念である「社会人基礎力」や「トランスファラブルスキル」についても、スキルの一覧を紹介しながら、それぞれがどんなスキルなのか、採用選考で活用する際に大切なポイントについて説明します。

新卒採用で内定辞退を防ぐクロージングの3つの重要ポイントとは

採用業務における大きな悩みの一つである「内定辞退」。内定辞退を防ぐためには、クロージングが非常に有効です。特に新卒採用は、内定から入社までの期間が長く、学生も社会人経験がないために多くの悩みを抱え込みがちです。新卒採用のクロージングにおいては、学生一人一人と親身に向き合い、時期によって変化する悩みを解決することが、内定辞退を防ぐコツになります。クロージングを行う際の重要ポイントを3つに絞り、一つ一つ紹介します。

ポータブルスキル(持ち出し可能な能力)とは?適応能力を見極める

スキルピラミッドでは「テクニカルスキル」「ポータブルスキル」「スタンス」で求職者のスペックやスキルを分類します。ポータブルスキルとは、持ち出し可能な能力とも呼ばれ、どんな会社でも適応できる能力を指しています。中途採用においては、前職での専門性の高さだけでなく、自社で活躍してくれるかの観点から、ポータブルスキルを見極めることが非常に重要です。今回は会社への適応能力を意味するポータブルスキル(持ち出し可能な能力)の意味や定義、活用するメリット・デメリットについて説明します。