記事カテゴリー

「 マネジメント 」一覧

コンセプト理論とは?課題に対してリーダーシップ・スタイルを変える

現代のリーダーシップ研究は、コンセプト理論が主流となっています。コンセプト理論は、条件適合理論を発展させたリーダーシップ論です。条件適合理論では、部下や問題の難易度に応じたリーダーシップの一般的な共通解を見つけ出すことが目的でしたが、コンセプト理論は、具体的なビジネスシーンや課題に対して、誰もが活用できるように研究されています。コンセプト理論の概要と、コンセプト理論の中でも代表的な理論について説明します。

ピーターの法則と日本企業で発生しやすい!昇進したら無能になる原因

ピーターの法則は能力主義の社会において起きやすい問題であり、成果よりも人物が評価される日本型雇用と密接に関係する法則です。日本型雇用の評価制度には、終身雇用に基づく年功序列制度や、資格や経験の有無による評価がまだ根強く残っています。今回は何故日本型雇用がピーターの法則に陥りやすいのかの理由について詳しく説明します。

リーダーシップのSL理論とは?部下の能力から将来のリーダーを育成しよう!

SL理論とは、部下の習熟度に合わせて発揮するリーダーシップを変える理論です。SL理論を活用すれば、業務のことが分からない新人社員には具体的な業務指示を行って教育するなど、将来のリーダーとなる人材を育てることが可能となります。SL理論の概要と、部下の習熟度に合わせてとるべきリーダーシップについて説明します。

ピーターの法則の対策とは?会社組織の無能化を回避するために

ピーターの法則とは、優秀な社員であっても昇進し続けるとどこかで無能となる法則です。優秀な社員を昇格させたのに急に成果が出せないなどの場合はピーターの法則に陥っている可能性があります。今回はピーターの法則の対策として、企業組織でできる対策と個人でできる対策について説明します。

パスゴール理論とは?リーダーの行動は部下への影響を与える

パスゴール理論は、条件適合理論の一つであり、部下との接し方に着目したリーダーシップ理論です。どのような状況において、どのように部下に働きかけをすれば動機づけ(モチベーション)が生まれるかについて研究された理論であり、現代のモチベーション理論とも関わっています。パスゴール理論では、課題解決の目標を明確にして、解決への道筋を部下の習熟度や動機づけに応じて対応方法を変えるリーダーシップが説明されています。今回はパスゴール理論の概要とその内容について説明します。

ピーターの法則とは?無能になるまで出世・昇進する法則について

ピーターの法則とは「有能な人も昇進し続けると無能になる」という、階層社会学における法則です。日本でも多く見られる、トップダウン型かつ能力主義の組織において当てはまる法則です。無能な人に埋め尽くされた組織はいずれ機能しなくなるため、人材の昇進や配属を考える上では、従業員が無能にならないような人事戦略が求められます。ピーターの法則の概要や特徴、回避するための対策例について説明します。

コンティンジェンシー理論とは?苦手な人への対応方法でリーダーシップがわかる

優秀なリーダーになるためには、取り巻く環境に応じて行動を変えることが必要です。条件適合理論のコンティンジェンシー理論では、苦手な同僚への対応の仕方によって、取るべきリーダーシップが変わることが説明されています。コンティンジェンシー理論が生まれた背景やその内容について説明します。

コア人材を育成・教育する方法とは?適正な育成方法を知ろう

コア人材は、企業の中核を担う人材であり、事業の成長や他社との差別化を図る上で必要不可欠であり代替が効かない人材です。コア人材は会社の発展段階によって要件が異なるため、求められるスキルを理解した上で中長期的な視点で育成を行うことが大切です。会社の発展段階によってどのような要件があるのか、コア人材を育成する方法はどのような方法かについて説明します。

条件適合理論とは?状況に適応したリーダーシップを発揮する

条件適合理論は、現代でも通用するリーダーシップ論です。今までの研究はリーダーだけに着目していたのに対して、取り巻くビジネス環境や部下の能力なども考慮し、適したリーダーシップとは何かを研究した理論となります。それまでの研究である行動理論で追求できなかった「どんな仕事」を「どんな条件」で行うのかまでを考慮した理論です。条件適合理論が生まれた背景や条件適合理論の中でも代表的な理論の概要を説明します。

コア人材とは?組織に必要な人材を定義し、採用・育成しよう!

コア人材とは、名前の通り企業の中核を担う人材であり、他社との差別化を図る上で必要不可欠となり代替の効かない人材のことです。企業における中核は、発展段階によって解決したい問題が異なるため、企業ごとに要件を明確にする必要があります。コア人材を確保するためには要件を明確にした上で、採用や教育・研修だけでなく離職を防止することも重要となります。コア人材の意味や定義、重要性や活用するメリットについて説明します。