記事カテゴリー

「 マネジメント 」一覧

従業員エンゲージメントを向上させた企業事例とは?高める要素を理解しよう

従業員エンゲージメントが向上すると、労働生産性の向上や離職率低下に大きく貢献することが、研究や調査により明らかになっています。自社の従業員エンゲージメントを高める施策を導入する上で、実際にエンゲージメントレベルの向上に成功した企業の事例は、非常に大きなヒントになります。今回は日本と海外の企業の事例をもとに、従業員エンゲージメントを高める具体的な方法についてご紹介します。

コンピテンシー評価シートを作成する方法や注意事項、ポイントとは?

コンピテンシー評価制度は、短期的な営業成績などだけでなく、中長期的の成長を見据えた行動を評価できる人事評価制度です。コンピテンシー評価制度を運用する際にはコンピテンシー評価シートが必要不可欠です。コンピテンシー評価シートがあることで、従業員に対し、具体的にどのような行動が評価されるのか、どの程度評価されるのかが明確になり、客観的かつ公平な評価が可能となります。今回はコンピテンシー評価シートを作成する方法や運用時に注意しなければいけないポイントについて説明します。

従業員エンゲージメントの向上施策や取り組みとは?対策を考える

従業員エンゲージメントとは、従業員のやる気を高めて企業の業績を上げるために重要なものとして、世界中で注目を集めている指標です。従業員エンゲージメントを高めるための施策は様々ですが、実際の事例を参考にすることで、施策が成功する可能性が大きく高まります。今回は従業員エンゲージメントを高めるための施策をご紹介します。

コンピテンシー評価の問題点やデメリットとは?失敗しないためのポイントとは

コンピテンシー評価を導入したものの、会社の業績が上がらない、社員から評価制度に不満が出るなどが起こる可能性はあります。コンピテンシー評価も人事評価制度として万能ではありません。コンピテンシー評価を導入する前、導入して成果が上がっていない時に確認しておきたい、コンピテンシー評価の問題点やデメリットについて説明します。

従業員エンゲージメントを高める方法とは?向上につながる3つの要素

従業員エンゲージメントとは、従業員のやる気を高めて企業の業績を上げるために重要なものとして、世界中で注目を集めている指標です。従業員エンゲージメントを高めるためには重要な要素が3つあり、従業員エンゲージメント向上につながる大きなヒントになります。今回は従業員エンゲージメントを高めるための3つの要素と、エンゲージメント低下につながる要因の対策方法についてご紹介します。

コンピテンシー評価の評価項目と評価基準を人事評価に応用しよう!

コンピテンシー評価は、目に見える行動から評価ができるため、客観的で透明性もあり、中長期の人材育成にも活用できる人事評価制度です。実際にコンピテンシー評価を導入する際には「評価項目」「評価基準」「評価尺度」を明確にする必要があります。コンピテンシー評価の評価項目・評価基準・評価尺度を決める方法について、例をあげながら説明します。

リアリティショックの対策例とは?引き起こす原因・要因から考える

リアリティーショックとは理想と現実のギャップによって引き起こされます。学術研究によると、リアリティーショックを引き起こす要因として①仕事②対人関係③他者能力④評価の4つが挙げられています。リアリティーショックによって引き起こる問題は、これらの要因によっても異なります。4つの要因の概要と優先して解決すべき要因、リアリティーショックの対策方法について説明します。

従業員エンゲージメント調査とは?人事調査を行う意味と調査の方法

従業員エンゲージメントとは、従業員のやる気を高めて企業の業績を上げるために重要なものとして、世界中で注目を集めている指標です。従業員エンゲージメント調査では、調査結果を真摯に受け止めて行動に落とし込まなければ、調査自体が全く無意味なものになってしまいます。今回は従業員エンゲージメント調査の目的や方法についてご説明します。

コンピテンシー評価とは?人事評価制度に導入する意味やメリット

あしたのチームの調査によると、自社の人事制度評価に「満足していない」従業員は全体の7割以上にもなります。全従業員一律で給与を挙げても、実績をあげている優秀な社員から不満が出るなど、自社の人事評価制度の整備は重要な課題です。コンピテンシーを用いた人事評価制度は、従来の職務能力評価に比べると、評価基準や評価項目が客観的であり、公平な人事考課に活かせるだけでなく、中長期的な企業の発展に貢献できる可能性を秘めています。今回はコンピテンシーを人事評価制度に導入する目的や意義、メリットやデメリットについて説明します。

リアリティショックとは?職場の理想と現実のギャップ・ミスマッチ

リアリティーショックとは、入社前に描いている職場や仕事の理想と現実のギャップのことを指す言葉です。ある調査では、入社後1か月という短期間にも関わらず、新入社員の6割以上がリアリティーショックを感じていると報告されています。理想と現実のミスマッチは、早期離職だけでなく、様々な問題を引き起こします。また、新入社員だけでなく、既存の社員であってもリアリティーショックは起こりえます。リアリティーショックが引き起こす問題について、説明します。