記事カテゴリー

「 マネジメント 」一覧

社内ルールのフォーマットやテンプレート例とは?良い会社ルールを決めよう

新しい社内ルールを作る、既存の社内ルールを見直す場合にも何故そのルールが必要なのかの目的を明確にすることが大切です。不要なルールは業務効率の低下だけでなく、社員のモチベーションの低下や離職を引き起こす可能性すらあります。新しい社内ルールの作成時や既存の社内ルールの見直しに活用していただけるように、どのような目的があるのかをリストアップし、フォーマット化致しました。

同一労働同一賃金が派遣社員や派遣会社に及ぼす影響や考え方とは?

同一労働同一賃金制度において、派遣労働者は「派遣先企業」と「派遣元企業」の2つが関わるため、何を同一労働とみなしてどちらの企業の同一賃金を支払うのか、議論が交わされています。現在検討されている方法は2種類ありますが、派遣労働者に対してそれぞれメリット・デメリットがあり、どちらが正解であるといったものはありません。具体的にどのような方法があるのか、どんな内容が議論されているのか、現在おさえておくべきポイントについて説明します。

社内ルールの例とは?無駄なルールをなくし、良いルール作りを目指そう

社内ルールは多ければ多いほど良いものではなく、良い社内ルールや悪い社内ルールなど様々あります。良い社内ルールは労働生産性の向上や従業員エンゲージメントの向上に繋がりますが、悪い社内ルールは逆の効果が生まれます。今回は社内ルールの様々な事例から、何故良かったのか、何故悪かったのかの共通点について説明します。

社内ルールの作り方や決め方とは?ガイドラインや社内規定を明文化しよう

社内ルールは業務の効率化などにも貢献しますが、多ければ多いほどいいものではなく、明確な目的を持って社内ルールを設けることが大切です。社内ルールの作り方とは、何に注意してルールを設けるかを明確にすることです。新しく社内ルールを設ける場合、既存の社内ルールを見直す場合にともに重要です。今回は自社の社内ルールを見直すために、社内ルールの作り方や注意点について説明します。

ハイパフォーマーの特徴やスキル、行動特性とは?人材を定義しよう

売上の8割を生み出すと言われる上位2割の従業員であるハイパフォーマーですが、自社組織で活用する上で、まずはハイパフォーマーの特徴について知ることが大切です。ハイパフォーマーが持ちあわせているスキルなどをミドルパフォーマー、ローパフォーマーに身に付けさせることで、効率の良い人材育成が可能になります。今回はハイパフォーマーの特徴として、思考(価値観)、スキル、行動特性の3つの視点から説明します。

ユースエール認定の申請方法とは?必要な条件と認定の流れについて

ユースエール認定制度とは、若年層の採用活動や育成活動を積極的に展開し、雇用状況が優良な中小企業に対して、厚生労働省が認定を行う制度です。ユースエール認定の申請にはいくつかの条件があり、条件を満たした上で手続きが必要です。今回はユースエール認定を申請するための条件と、申請の方法についてご紹介します。

社内ルールとは?会社のルール作りの必要性や目的、メリットについて

社内ルールは就業規則と異なり、暗黙のルールなども含まれる、会社内のルール全般のことを指します。就業規則は契約で明文化されていますが、社内ルールの全てが明文化されているケースは稀です。社内ルールがあることで業務がスムーズになる場合もありますが、逆に業務が滞ってしまう、デメリットの面もあります。今回は社内ルールを設ける目的やメリット・デメリットについて説明します。

ハイパフォーマーとは?意味や定義、活用方法と注意点について

パレートの法則はビジネスシーンでもよく用いられます。「売上の80%は上位20%のトップパフォーマーから構成される」など、売上に大きな影響を与える人材をハイパフォーマーと考えられます。常にハイパフォーマーとなる人材要件は存在しませんが、活用するメリットや共通する要素などは多くの企業や学術分野で研究がされています。今回はハイパフォーマーとはどのような人材であるのか、概要について説明します。

コアバリュー経営の企業事例とは?施策内容から成功事例を知る

米フォーブスが発表した優良中小企業ランキングに掲載された企業のうち、半数以上が自社のコアバリューを公開しているなどから、コアバリュー経営が注目されています。当然ながら、コアバリューを掲げるだけでなく、コアバリューに伴った行動や施策などを行うことが大切です。今回はコアバリュー経営で成功を収めている企業の成功事例を5つ、紹介いたします。

ハイパフォーマーとローパフォーマーの関係や割合の法則性とは?

会社の業績やチーム力をアップさせる上では、高い業績を発揮するハイパフォーマーと低い業績であるローパフォーマーを考慮することが必要です。経済学などでの学術分野ではハイパフォーマーやローパフォーマーの比率や、ローパフォーマーの対応方法が考察されています。今回は特にローパフォーマーに焦点を当て、ローパフォーマーへの対応方法や組織で活かす方法などについて説明します。