記事カテゴリー

「 マネジメント 」一覧

スキルマップの活用事例とは?実際の企業における事例を5つご紹介!

スキルマップとは、在籍中の従業員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップを導入する際には、他社の事例を参考にすることで、高い効果と効率が得られます。今回は、スキルマップを導入した企業の事例と、導入した結果得られた効果を5つご紹介します。

ダイバーシティマネジメントのアメリカにおける企業事例と歴史とは?

ダイバーシティマネジメントとは「従業員の多様な個性を企業内に取り込んで活用し、経営に活かしていく」という意味の言葉です。ダイバーシティマネジメント発祥の地であるアメリカにおける歴史や企業事例からは、今後自社で取り組んでいく際のヒントが得られます。今回はダイバーシティマネジメントについて、アメリカにおける歴史や企業事例をご紹介します。

ホリゾンタル・リーダーシップとは?組織の多様化への活用法について

ホリゾンタル・リーダーシップとは、従来のタテの関係によるリーダシップではなく、ヨコの関係を重視した新しいリーダーシップ理論です。ホリゾンタル・リーダーシップは、自社のビジネスや組織全体の多様化・グローバル化に役立つだけでなく、女性活躍推進やダイバーシティ推進にもつながります。今回は、ホリゾンタル・リーダーシップの意味や定義、求められる能力やメリット・デメリットについてご紹介します。

OJTの失敗例とは?失敗例から学ぶOJTを失敗しないための方法とは?

OJTは現在多くの企業で定着していますが、実施してはいるものの上手く機能しておらず、OJTを失敗している例が存在します。自社でOJTを失敗しないためには、失敗例からOJTでやってはいけないことを読み取る方法が一番の近道です。今回は、OJTを実施する際に失敗しないための方法を、OJTの失敗例をもとにご紹介します。

キャリア開発の実施方法とは?自社でキャリア開発を行う方法について

キャリア開発とは、自社内で社員がキャリアを築いていくために、企業が社員に対して支援を行うことを意味する言葉です。キャリア開発を自社で行い、生産性や定着率を向上させるための方法は、大きく5つのプロセスに分けられます。今回はキャリア開発を自社で実施する方法について、プロセスごとの目的とあわせて分かりやすくご説明します。

スキルマップの評価項目の決め方とは?具体的な方法をご紹介!

スキルマップとは、在籍中の従業員それぞれのスキルを可視化した、人材の能力表です。スキルマップを作成する上では、評価項目が細かく具体的であればあるほど、現場の業務実態に近く精度の高い資料となります。今回は、スキルマップの評価項目を設定するための具体的な方法をご紹介します。

ダイバーシティマネジメントとは?意味やメリット、実施方法について

ダイバーシティマネジメントとは「従業員の多様な個性を企業内に取り込んで活用し、経営に活かしていく」という意味の言葉です。ダイバーシティマネジメントを正しく行えば、生産性の向上や離職率の低下など、企業に様々なメリットがあります。今回はダイバーシティマネジメントの意味や目的、メリットや課題についてご説明します。

組織適応力の高い人材とは?組織適応性の4つの傾向から見極める!

組織適応性とは、人材がどのような組織風土と相性が良いかを判断するための根拠となる、人材の性格や価値観の傾向を意味する言葉です。自社の組織風土に合った組織適応力を持つ人材を採用できれば、離職率の改善や生産性の向上が期待できます。今回は自社への組織適応力が高い人材を見抜くために、組織適応性にはどのようなタイプがあるのかをご紹介します。

OJTトレーナーに向く人とは?トレーナーの人選がOJTの質を決める!

OJTを効果的に行うためには、教育研修を行う担当者となるトレーナーの人選が非常に重要になります。OJTトレーナーの人選を行う際には、トレーナーの能力よりも価値観や考え方を重視することで、OJTの効果を高めることができます。今回はOJTのトレーナーに向いている人の特徴を、なぜ向いているのかという理由も含めてご紹介します。

キャリア開発とは?意味や目的、企業のメリット・デメリットについて

キャリア開発とは、自社内で社員がキャリアを築いていくために、企業が社員に対して支援を行うことを意味する言葉です。キャリア開発を推進すると、社員のモチベーションアップや定着率向上など、企業にとって様々なメリットがあります。今回はキャリア開発の意味や目的、企業にとってのメリット・デメリットなどについてご説明します。