記事カテゴリー

「 マネジメント 」一覧

パフォーマンスマネジメントとは?自発的な行動を促す手法

パフォーマンスマネジメントとは1970年代に提唱されたマネジメント手法で「部下や従業員の目標管理を通して、組織全体の目標達成を実現するマネジメント手法」です。目標管理については従来のマネジメント手法とほとんど変わりませんが、中長期的な目標をベースとした従来の評価方法に見られたタイムラグを防ぐことができます。今回はパフォーマンスマネジメントについて説明します。

マリッジハラスメント(マリハラ)とは?結婚に関する価値観も変化

マリッジハラスメント(マリハラ)とは、結婚にまつわる嫌がらせのことです。「結婚するのが当たり前」「結婚してないとおかしい」「既婚者はエライ」という価値観を押し付けた発言です。厚意や親切心から出た発言であっても、ハラスメントとみなされる可能性は十分にあります。今回はマリハラについて説明します。

多様性を生む360度評価システムを導入するポイントとは?

360度評価とは、上司や人事部だけでなく、共に働いている部下や同僚などの意見も取り入れて評価する制度です。従来の人事評価制度でありがちだった「評価する側と評価される側のギャップ」を取り除く方法として期待されており、日本でも特に大手企業を中心に導入が進んでいます。今回は360度評価を導入するポイントについて説明します。

ストレッチ目標とは?達成困難な目標設定はどんな効果があるのか

ストレッチ目標とは、ただ単純に手を伸ばしても届かない、並大抵なことでは達成困難な目標のことです。ストレッチ目標は目標を達成する結果に意味があるのではなく、目標を達成するプロセスに意味を見出します。しかし現実的でない目標設定は、従業員の不満を生む原因につながる可能性もあります。今回はストレッチ目標について説明します。

行動科学マネジメントのやり方や実施方法とは?ABCモデルを理解する

行動科学マネジメントとは「誰が行っても再現できる」マネジメント手法であり、行動を起こす動機付けに着目する方法です。行動科学マネジメントはABCモデルを理解すれば、誰でも簡単に行うことができます。今回は行動科学マネジメントのやり方や実施方法について説明します。

ソーシャルハラスメントとみなされる具体例や対策方法とは?

ソーシャルハラスメントとは、ツイッターやLINE、フェイスブックなどのソーシャルメディア(SNS)を使った「ハラスメント(嫌がらせ)」のことです。上司が部下のSNSを逐一チェックする、いいねやフォローなどのアクションを求めることもソーハラに該当します。今回はソーシャルハラスメントとみなされる具体例について説明します。

360度評価とは?従来の人事評価制度との違いやメリットについて

360度評価とは、上司や人事部だけでなく、共に働いている部下や同僚などの意見も取り入れて評価する制度です。従来の人事評価制度でありがちだった「評価する側と評価される側のギャップ」を取り除く方法として期待されており、日本でも特に大手企業を中心に導入が進んでいます。今回は360度評価について説明します。

配活における具体的な行動例とは?希望部署に配属されるための行動

配活とは内定者が希望通りの配属になるために、企業研究や企業へのアプローチを行う配属活動のことです。希望する部署の上司や人事部に連絡するだけでなく、配属先を絞った就職活動を行う、語学留学を行うなど、さまざまな配活が行われています。今回は配活(配属活動)における具体的な行動例について説明します。

行動科学マネジメントとは?再現性を持った成果の最大化を目指す

行動科学マネジメントとは「誰が行っても再現できる」マネジメント手法であり、行動を起こす動機付けに着目する方法です。同じ行動を起こせば同じ成果が得られるマネジメントなので、人事制度や育成計画の設計で大きな効果が期待できます。今回は行動科学マネジメントについて説明します。

ソーシャルハラスメントが起きる原因や具体的な対策方法とは?

ソーシャルハラスメントとは、ツイッターやLINE、フェイスブックなどのソーシャルメディア(SNS)を使った「ハラスメント(嫌がらせ)」のことです。SNSを利用する人が増えたことから発生している新しい形のハラスメントです。今回はソーシャルハラスメントとみなされる具体例や起きる原因、対策方法について説明します。