記事カテゴリー

「 マネジメント 」一覧

人材ポートフォリオの作り方とは?具体例をもとに設計方法を解説!

人材ポートフォリオとは、組織の状況や事業の戦略に合わせて適切な人材配置を行うための、人材マネジメントの手法です。人材ポートフォリオの作り方には大きく分けて4つのステップがあり、評価の基本となる軸の設定が最も重要です。今回は人材ポートフォリオの作り方を、具体例を交えながら4つのステップに分けてご説明します。

アファーマティブアクション・ポジティブアクションの取り組み例とは?

アファーマティブアクション(ポジティブアクション)とは、男女間の格差の是正を目的に行う取り組みのことです。アファーマティブアクションの取り組みとは、単に女性を雇用すればよいというものではなく、解決を目指す課題によって取り組むべき手法が異なります。今回はアファーマティブアクションで取り組むべき課題と、課題によって異なる手法についてご説明します。

人材ポートフォリオとは?言葉の意味とメリット・デメリットを解説!

人材ポートフォリオとは、組織の状況や事業の戦略に合わせて適切な人材配置を行うための、人材マネジメントの手法です。人材ポートフォリオでは、2つの軸・4つの領域に人材を分類することで、人材が持つ能力を最大限に発揮できる人材配置を行うことで、労働生産性の向上につなげることができます。今回は人材ポートフォリオの意味と目的、活用するメリットやデメリットについてご説明します。

アファーマティブアクション・ポジティブアクションの意味とは?

アファーマティブアクション(ポジティブアクション)とは、男女間の格差の是正を目的に行う取り組みのことです。企業がアファーマティブアクションに取り組むと、男女格差を是正できるだけでなく、様々なメリットを得ることができます。今回はアファーマティブアクションの意味と必要な理由、メリットやデメリットなどについてご説明します。

適性検査の妥当性とは?適性検査を使う目的を明確にしよう!

採用や人事考課などで用いられることの多い適性検査ですが、適性検査と言っても様々な種類があり、自社に適した適性検査を選んで活用することが大切です。適性検査を選ぶ基準の一つに「妥当性」があり、妥当性とは利用目的や場面にどの程度相応しいかを示す指標です。今回は適性検査の妥当性について、定義や考え方、計測方法について説明します。

企業理念が共感できない?従業員に浸透しないその理由とは

企業理念の浸透が重要であると考える企業は98%とほとんどの企業が重要性を理解しています。実際に企業理念が浸透していると考える企業は66%と、まだ浸透していない企業が多くあります。何故企業理念が浸透しない、共感できないのでしょうか?理由として「そもそも認知されていない」「抽象的で解釈が異なり、内容が理解できない」などの様々な理由があります。企業理念が共感できない5つの代表的な理由と改善策について説明します。

企業理念はなぜ必要か?意味や定義、経営理念との違いとは

経営理念と類似した概念として企業理念があります。広義では一緒の意味とされる経営理念と企業理念ですが、狭義の意味では異なります。企業理念の浸透が重要であると考える企業は約98%であるのに対し、社員に浸透していると実感している企業は約66%と、理想と現実にギャップがあることが分かります。今回は企業理念の意味や定義、活用する重要性などについて説明します。

強い企業の経営理念とは?他社の事例から浸透理由を考える

経営理念の浸透は、ほぼ全ての企業が重要であると考えられています。一方で、経営理念が実際に浸透していることを実感していない企業は過半数を占め、浸透させるための施策を講じていない企業も1/3程度存在します。経営理念を浸透させるためには、経営理念を作成して明文化するだけでなく、社員一人ひとりに理解してもらいながら、行動に移してもらうことが大切です。今回は経営理念を浸透させた他社企業の事例を紹介致します。

VUCA時代に求められる能力とは?早めの研修で勝利をつかもう!

VUCAとは、様々な要素によって形成される予測不可能な状況を表すビジネス用語です。VUCA時代を勝ち抜いていくために必要な能力を知っていれば、人材の教育・研修や採用要件などの人事業務に活用でき、VUCAワールドを勝ち抜く鍵になります。今回はVUCAに満ちた時代を勝ち抜くために、どのような能力が求められるのかについて説明していきます。

経営理念の作り方。心に響く経営理念の作り方とそのポイントとは

経営理念は「企業経営の方向性」を指し示すだけでなく、企業ブランディングや採用ブランディングにも大きな影響を与える要素です。しかし経営理念を掲げるだけでなく、広く公表しながら浸透させなければ意味がありません。そのためにも、経営理念を作る段階で、具体的でわかりやすく、かつ経営者が本気で考えた経営理念にすることが大切です。今回は経営理念の作り方と注意点について説明します。