記事カテゴリー

「 マネジメント 」一覧

えるぼし認定とは?認定基準を満たしてえるぼし認定企業になろう!

えるぼし認定とは、女性の活躍推進の状況等が優良な企業に与えられる、女性活躍推進法にもとづいた認定制度です。えるぼし認定企業になるための認定基準や評価項目は多数ありますが、基準を満たしてえるぼし認定を受ければ、企業に様々なメリットがあります。今回はえるぼし認定を受けるための認定基準や評価項目についてご紹介します。

社風の種類や例文の一覧とは?会社の雰囲気を一言で表現しよう

社風とは従業員が感じる会社の雰囲気や特徴のことを表します。求職者の会社選びの軸として選ばれたり、離職時の退職理由としても大きな影響を与えています。自社の社風に対して理解を深めるためには、そもそも社風にはどのようなものがあるのか、どんな要素が影響を与えているのかを知っておく必要があります。社風の具体例から、ミライセルフが社風を構成する要素として定義している項目について説明します。

仕事の価値観とは?種類や例を知って面接やマネジメントに活かす!

仕事に対する価値観を理解しておくことは、採用活動やマネジメントにおいて非常に重要です。仕事の価値観の違いは、同じ発言に対する意味の捉え方が変わってしまい「人間関係がうまくいかない」「上司の仕事の仕方が気に入らない」などのミスマッチを引き起こします。仕事の価値観は「人生におけるステージ」や「譲れない優先順位」などから、人によって様々ながら変化していくものです。抽象的ながらも変化していく価値観を把握し、すり合わせを行うことが採用活動やマネジメントにおいて重要です。仕事の価値観とは一体何なのか、具体的にどのような価値観があるのかの例から、どのように業務に活用したらよいのかについて説明します。

えるぼしマークとは?星の数から女性活躍推進をアピールしよう

えるぼしマークとは、女性の活躍推進の状況等が優良な企業に与えられるマークです。「女性が活躍しています!」の文言と最大三つの星が書かれたえるぼしマークは、様々な場面での企業アピールにつながります。今回はえるぼしマークの意味や種類、マークを付与されるメリットについてご紹介します。

社風とは?意味や使い方、社風が合う・合わない、良い・悪いとは?

新卒入社3ヶ月未満で早期退職する理由として、社風への不満が上位に挙げられています。また良くも悪くも入社後にギャップがあった項目としても社風が上位に挙げられています。社風は早期離職や定着に関わる大切な要素ですが、抽象的な概念なため正確に把握することが難しいとも言われています。今回は社風の定義や間違えやすい組織風土や企業文化との違い、活用するメリットや注意点について説明します。

えるぼしとは?意味や認定を受ける目的とメリットについて

えるぼし認定制度とは、女性の活躍推進の状況等が優良な企業に与えられる、女性活躍推進法の取り組みの一つです。えるぼし認定を受けることは、認定企業で働く女性だけでなく、認定を受けた企業自身にも様々なメリットがあります。今回は女性活躍推進法の内容を踏まえつつ、えるぼしの意味や由来、認定を受けるメリットについてご紹介します。

企業文化を変革・醸成して事業の成長につなげる注意点とは?

企業文化は事業の成長にも大きく関わっています。アメリカの調査結果では、企業文化は戦略と同じぐらい重要である、文化なき企業は並の業績しかあげられない意見に、多くの経営者や上級幹部が賛成しています。重要なのは明文化された戦略的な企業文化であることです。企業文化の変革を行う際の注意点を5つ紹介します。

くるみん認定の申請方法とは?取得までの流れやプロセスについて

くるみん認定とは、仕事と子育ての両立支援に取り組んでいる企業が厚生労働大臣から受けられる認定制度です。くるみん認定の申請には、認定基準を満たすために多くのプロセスを踏む必要があります。今回はくるみん認定を申請する方法と、申請までに必要なプロセスを合わせてご紹介します。

離職率の高い原因や理由とは?下げるために根本となる課題を対策しよう

離職率の高い会社には、離職理由として3つの共通点があります。ある調査結果では、約42%の人事担当者が自社の離職率の高さに悩んでいますが、実際に対策を行っている企業は約35%となっています。離職率が高い・適正な値に保つことが大切だと考えながらも、施策に落とし込めていない企業が多いことを意味しています。離職理由として挙げられる3つの理由を知ることで、同じ理由で離職が起こらないように対策を行う、自社の現状から離職が引き起こる可能性を読み取って対応するなど、まずは自社のことを振り返ってみましょう。

企業文化の分析に必要な視点とは?より良い組織文化を醸成するために

自社の業績を上げるため、企業文化を変化させたいと考えていても、具体的に何から手をつければいいのかわからず、試行錯誤している経営者や人事担当者は多いのではないでしょうか。自社の企業文化をよりよいものにするためには、まず自社の企業文化を理解していくことが大切です。企業文化を構成する要素について知るための要素についてご紹介したいと思います。