記事カテゴリー

「 戦略人事 」一覧

戦略人事とは、経営戦略とリンクしてマネジメントを行う人事体制を意味する言葉です。従来の人事は経営戦略から切り離されているため、人材の採用や研修を行う際は経営層の支持を受けてから動き出すことになり、スピード感のある行動ができません。また「命じられた採用や研修が経営戦略上どんな意味を持つのか」という本質的な理解が置き去りになっているため、経営戦略にマッチした人材マネジメントを効率的に行えないという問題があります。

戦略人事は、多くの企業が重要性を理解していながらも、実践できている企業は半数にも満たない状況です。戦略人事の導入が進んでいない理由としては、終身雇用・年功序列・企業別組合などの旧来の日本型人事制度の存在が原因として挙げられます。日本型人事制度のあり方は、高度経済成長期に注目を浴びて当時の日本企業の強さを支えていましたが、ビジネスを取り巻く環境が変わった現在でも従来の制度のあり方を変えられない企業が多いのです。

戦略人事カテゴリーでは、従来の人事体制を企業戦略に沿った形に変革するために、戦略人事を導入する方法や導入する上での課題、具体的な施策の内容や企業事例などについてご紹介します。

戦略人事を導入する上での課題とは?阻害する要因や解決方法について

戦略人事とは、経営戦略とリンクしてマネジメントを行う人事体制を意味する言葉です。戦略人事は企業にとって多くのメリットがありますが、導入するためには人事部のリソース不足解消や経営層の理解を得る必要があるなど、様々な課題を解決しなければなりません。今回は戦略人事を導入する上での課題や、導入を阻害する要因の解決方法についてご紹介します。

戦略人事の導入に成功した企業事例とは?人事課題の解決事例について

戦略人事とは、経営戦略とリンクしてマネジメントを行う人事体制を意味する言葉です。戦略人事の取り組み内容は、企業が抱えている課題や解決したい問題によってそれぞれ異なるため、自社の課題を明確化する必要があります。今回は、戦略人事の導入に成功した企業の事例を参考にして、戦略人事の導入に役立つヒントをご紹介します。

戦略人事を導入する方法とは?導入の課題を解決する方法について

戦略人事とは、経営戦略とリンクしてマネジメントを行う人事体制を意味する言葉です。戦略人事を導入する際には、自社の課題を明確にして、経営戦略を人事戦略に落とし込みながら具体的な業務として実践する必要があります。今回は、戦略人事を導入する方法についてご紹介します。

戦略人事とは?意味や定義、導入する目的やメリットについて

戦略人事とは、経営戦略とリンクしてマネジメントを行う人事体制を意味する言葉です。戦略人事は、経営戦略に沿った人材の採用や研修をスピーディーに行えるようになるなど、企業にとってさまざまなメリットがあります。今回は戦略人事の意味や定義、導入する目的やメリットなどについてご紹介します。