記事カテゴリー

「 戦略人事 」一覧

戦略人事とは、経営戦略とリンクしてマネジメントを行う人事体制を意味する言葉です。従来の人事は経営戦略から切り離されているため、人材の採用や研修を行う際は経営層の支持を受けてから動き出すことになり、スピード感のある行動ができません。また「命じられた採用や研修が経営戦略上どんな意味を持つのか」という本質的な理解が置き去りになっているため、経営戦略にマッチした人材マネジメントを効率的に行えないという問題があります。

戦略人事は、多くの企業が重要性を理解していながらも、実践できている企業は半数にも満たない状況です。戦略人事の導入が進んでいない理由としては、終身雇用・年功序列・企業別組合などの旧来の日本型人事制度の存在が原因として挙げられます。日本型人事制度のあり方は、高度経済成長期に注目を浴びて当時の日本企業の強さを支えていましたが、ビジネスを取り巻く環境が変わった現在でも従来の制度のあり方を変えられない企業が多いのです。

戦略人事カテゴリーでは、従来の人事体制を企業戦略に沿った形に変革するために、戦略人事を導入する方法や導入する上での課題、具体的な施策の内容や企業事例などについてご紹介します。

人員計画とは?意味や定義、計画を立てる目的やメリットについて

人員計画とは、会社の業績計画向上のために人材をより活用していくために採用、配置、異動等を網羅した計画のことで多くの企業で策定されています。人員計画は要員計画を実現するために作成し、企業目的を達成するために活用されます。今回は人員計画の意味や定義、計画を立てる目的やメリットについて説明します。

要員計画の立て方や流れとは?メリットやデメリットを理解する

要員計画とは、企業が事業計画を進めるにあたって必要な人材の確保や、不要な人材の整理などを計画することです。要員計画を立てる上では、ボトムアップ方式とトップダウン方式のメリットやデメリットを事前に知っておくことが大切です。今回は要員計画の立て方や流れについて説明します。

要員計画に必要な項目とは?フォーマットを活用して効果的に運用しよう

要員計画とは、企業が事業計画を進めるにあたって必要な人材の確保や、不要な人材の整理などを計画することです。要員計画を立てる上では、業務の棚卸しを行い、必要な役割や職種を事前に確認し、経営戦略とすりあわせていくことが大切です。今回は要員計画に必要な項目や活用できるツールについて説明します。

デリバラブルとは?戦略人事を実現するために必要な視点と考え方

デリバラブルとは、行為の内容を考えるのではなく、行為の結果「誰に、何をもたらすことができるのか」という観点で考えることです。人事業務、戦略人事においては「経営にどのような成果をもたらしたのか」という意味で使用されます。今回は戦略人事を実現するために必要なデリバラブルの考え方について説明します。

要員計画とは?事業計画と密接な関係の要員計画を理解しよう

要員計画とは、企業が事業計画を進めるにあたって必要な人材の確保や、不要な人材の整理などを計画することです。要員計画と事業計画は密接に関係しており、計画を変更する際には慎重になる必要があります。今回は要員計画とは何か、活用するメリットや注意点について説明します。

社内起業家・イントレプレナーの育成事例とは?企業として取り組む施策

競争が激化するビジネスシーンで生き残るためには、常に新しいものを生み出し続ける創造力が不可欠です。カギを握るのが起業家精神(イントレプレナー)ですが、日本は世界的に育成が遅れている傾向にあります。この記事では、いわゆる社内起業家であるイントレプレナーの育成事例を3つ紹介します。

人材発掘のためのスキルレーダーチャートの考え方について

有効求人倍率の増加が示すように、日本全体で人材不足が叫ばれています。新たな人材の獲得が困難だからこそ、大切なのは既存従業員の能力を最大限に活かすことです。人材発掘は人材採用と同様の重要性を持っており、社内の評価制度を整備することで効果は高まります。この記事では従業員の特徴を客観的に把握するために役立つスキルレーダーチャートの活用方法を紹介します。

人材発掘の人材評価3つのポイントとは?客観的かつ具体的に定義しよう

事業を行うために必要なのが人材。近年日本では求人倍率が増加の一途をたどっており、多くの企業で人材不足が叫ばれています。人材獲得の難易度が上昇しているからこそ、既存の従業員を対象にした人材発掘が不可欠です。この記事では、人材発掘のためにどんなことを評価基準にすべきか、その方法の3つのポイントを紹介します。

人材発掘とは?自社の人材から適任を発掘し、人材マネジメントに活かす

昨今の求人市場は売り手市場となっており、新規人材の獲得の難易度は年々上昇しています。そのため、スキルや経験が豊富な人材を獲得するには企業間の激しい競争を勝ち抜かねばならず、安定した人事戦略のためには自社の人材を発掘する体制を整える必要があります。この記事では、人材発掘の必要性やそのメリットについて紹介します。

人事データベースの項目とは?どんなデータがあるのかを認識しよう

人事データベースは氏名・年齢などの情報が含まれる基本属性、入社前後の履歴、勤務実態の管理に役立つ勤怠情報、人材配置に効果を発揮する能力やスキル、モチベーションに関わるマインド、現在の職務内容などの項目で構成されることが多いです。今回は人事データベースに入れるデータ項目について説明します。