記事カテゴリー

「 マネジメント 」一覧

くるみんマーク・プラチナくるみんマークの意味とメリットとは?

くるみんマーク・プラチナくるみんマークとは、仕事と子育ての両立支援に取り組んでいる企業に対し、子育てサポート企業として付与される認定マークです。くるみんマークを活用すれば、様々な方法で多くの人に向けた企業ブランディングが可能です。今回はくるみんマークの意味とメリットについてご紹介します。

社員のモチベーションアップ方法とは?欲求を理解し、向上につなげよう

社員のモチベーションアップのためには社員の欲求を満たすことが大切ですが、欲求とは給与や昇進などの待遇に限った話ではありません。欲求の内容を正しく理解することが、社員のモチベーションを上げる方法を知る上で非常に重要です。今回は社員のモチベーションアップの方法と、モチベーションの上げ方のコツをご紹介します。

ヒューマンスキル(対人関係能力)とは?項目や種類を知ろう!

ビジネススキルのなかでも、どんな人材にも大切なものが「ヒューマンスキル」です。ヒューマンスキルは、主にコミュニケーションや教育で発揮される能力で、ヒューマンスキルが高い人材は専門性やキャリアにとらわれず、どんなポジンションでも活躍することが期待できます。具体的にはどのようなスキルなのでしょうか?この記事では「ヒューマンスキル」を構成する7種類の能力の項目を紹介し、人事業務に活用することでどのような効果が期待できるかを説明します。

くるみんとは?税制優遇措置だけじゃない認定企業のメリットについて

くるみんとは、仕事と育児の両立支援に取り組んでいる企業に対して、厚生労働大臣が実施している認定制度です。くるみん認定を受けた企業には、税制優遇だけでなく様々なメリットがあります。今回はくるみん認定制度の概要と、認定企業のメリットについてご紹介します。

組織風土改革の成功事例・失敗事例とは?成功・失敗要因を探る

多くの企業が組織風土改革に取り組んでいます。成功した企業はもちろん、残念ながら失敗した企業も数多くあります。今回は組織風土改革に取り組んだ企業事例から、改革が成功した要因や失敗した要因について読み取っていきます。最も大切なのは、組織風土の改革には必ず明確な目的が必要なことです。「組織風土の改革」はあくまで課題解決の手段であり、改革をすることが目的ではありません。その他にも大切な要因は様々あります。実際の改革事例を紹介しながら説明します。

組織風土の改善方法とは?プロセスやポイント、注意点について

組織風土は改善できます。しかし、組織風土は自然発生して外部からの影響を受けにくいため、改善には多くの期間と労力を必要とします。組織風土を改善するためには、まず組織風土がどのようなものか、自社の組織風土の現状を把握する、理想とする組織風土とのギャップを埋める過程が必要となります。従業員一人一人の理解を得ながら、「なぜ組織風土を改善するのか」を明確にし、仕組みや制度を浸透させる方法について説明します。

モチベーションマネジメントとは?心理学で分かるモチベーション理論

モチベーションマネジメントとは、社員が高いモチベーションを持って仕事に取り組めるように、企業が行う施策や管理のことです。社員のモチベーションを上げるためのマネジメント方法は、心理学の理論に大きなヒントが隠されています。今回はモチベーションをマネジメントする方法と、モチベーションとはどういうものなのかを、心理学的な理論にもとづいてご説明します。

組織風土を分析すると?組織風土と業績は事業戦略との整合性がカギ!

組織風土と業績との関係性を分析し、調査したリクルートの論文があります。組織風土は4つに分けられ、各組織風土と業績には関係性があることが分かりました。しかし重要なのは「業績が上がる組織風土に改善する」ことではなく、「事業戦略に適した組織風土である」「組織風土に適した施策である」ことです。論文の分析調査結果から、どのような組織風土があるのかを説明しながら、組織風土を改善する前に知っておいてほしいことについて説明します。

社員のモチベーションとは?モチベーションの意味と高める方法について

モチベーションとは「動機づけ」という意味の英語で「人が行動を起こすことにつながる要因」を意味します。社員のモチベーションを上げることで、労働生産性の向上だけに限らず、企業にとって非常に大きく数多くのメリットがあります。今回はモチベーションという言葉の意味や、社員のモチベーションを上げることで得られる様々なメリットなどについてご紹介します。

組織風土の醸成に関わる要素とは?組織改革に役立てよう

組織風土とは、人間でいう性格のような、外部からの影響を受けにくく変革するのが容易ではない概念です。組織風土が醸成される要素として、経営理念や就業規則などの明文化できる「ハード要素」と部署内でのローカルルールや信頼関係などの明文化できない「ソフト要素」の2種類の要素が存在します。他にもどのような要素が挙げられるのか、具体例も踏まえながら説明いたします。