記事カテゴリー

「 マネジメント 」一覧

変革型リーダーシップとは?人物の特徴やビジョン、事例について

改革型リーダーシップとは、現在のリーダーシップ研究の主流であるコンセプト理論の一つです。改革型リーダーシップは、経営危機などによって変革を要する状況下において効果的なリーダーシップスタイルです。1999年以降の日産自動車や2000年以降のパナソニックでは、変革型リーダーシップを発揮して、V字回復を実現しました。変革型リーダーシップはどのようなリーダーシップスタイルなのか、活用するメリットやデメリット、押さえておくべき重要なポイントについて説明します。

メンター制度とは?若手人材育成だけでなく、離職防止にも活用しよう

メンター制度とは、1980年代にアメリカで発祥したと言われる人材育成の指導方法です。日本企業では51%の企業がメンター制度、準ずる制度を導入しているとの調査もあります。メンター制度には人材育成の面だけでなく、離職率の低下や組織風土の醸成にも有効です。日本政府としても離職率の低減を目指すために「人材確保等支援助成金」でメンター制度導入で受給できる助成金を設けたり、メンター制度導入マニュアルを無償で公開するなどの導入支援を行っています。今回はメンター制度導入によってどのような効果が得られるのか、メンター制度導入のメリットやデメリットについて説明します。

チームビルディングとは?目的や取り組み方法を明確化しよう!

強い組織を作るために、チームビルディングを取り入れる企業が増えています。Appleの故スティーブ・ジョブス氏は個人の力よりも全体の力のほうがはるかに大きいとチームの重要性を説明しており、Google社では成功するチームの共通点を探す調査を4年以上、総何百万ドルもの費用をかけて調査しています。成功するチームを構築するために、単純に個人の能力が高い人材を集めても意味がありません。成功するチームを作るためのチームビルディングの目的やメリット、成功するチームにおける共通点について説明します。

カリスマ型リーダーシップとは?カリスマと認知されて部下を動かす!

カリスマ型リーダーシップとは、現在のリーダーシップ研究の主流であるコンセプト理論の一つです。カリスマ型リーダーシップでは、カリスマ性を先天的に身につけていることではなく、部下などからカリスマだと認知されることで発揮できるリーダーシップです。代表的な人物としてAppleの創始者であるスティーブ・ジョブス氏が挙げられます。カリスマ型リーダーシップはどのような場面で活用できるのか、活用するメリットやデメリットについて説明します。

労働生産性を向上させた企業事例や施策とは?業務自動化だけではない!

労働生産性の向上は、多くの企業が取り組んでいる課題です。しかしながら、自社の課題と適した施策に取り組まなければ効果は表れないだけでなく、適した施策を実施しても効果が表れないこともあります。労働生産性が高い企業は、ロボットなどの業務の自動化を行うだけでなく、中長期的な視点での改善を行っています。今回は労働生産性の高い企業が取り組みを行った目的や施策、得られた効果などの事例について紹介します。

コンセプト理論とは?課題に対してリーダーシップ・スタイルを変える

現代のリーダーシップ研究は、コンセプト理論が主流となっています。コンセプト理論は、条件適合理論を発展させたリーダーシップ論です。条件適合理論では、部下や問題の難易度に応じたリーダーシップの一般的な共通解を見つけ出すことが目的でしたが、コンセプト理論は、具体的なビジネスシーンや課題に対して、誰もが活用できるように研究されています。コンセプト理論の概要と、コンセプト理論の中でも代表的な理論について説明します。

ピーターの法則と日本企業で発生しやすい!昇進したら無能になる原因

ピーターの法則は能力主義の社会において起きやすい問題であり、成果よりも人物が評価される日本型雇用と密接に関係する法則です。日本型雇用の評価制度には、終身雇用に基づく年功序列制度や、資格や経験の有無による評価がまだ根強く残っています。今回は何故日本型雇用がピーターの法則に陥りやすいのかの理由について詳しく説明します。

リーダーシップのSL理論とは?部下の能力から将来のリーダーを育成しよう!

SL理論とは、部下の習熟度に合わせて発揮するリーダーシップを変える理論です。SL理論を活用すれば、業務のことが分からない新人社員には具体的な業務指示を行って教育するなど、将来のリーダーとなる人材を育てることが可能となります。SL理論の概要と、部下の習熟度に合わせてとるべきリーダーシップについて説明します。

ピーターの法則の対策とは?会社組織の無能化を回避するために

ピーターの法則とは、優秀な社員であっても昇進し続けるとどこかで無能となる法則です。優秀な社員を昇格させたのに急に成果が出せないなどの場合はピーターの法則に陥っている可能性があります。今回はピーターの法則の対策として、企業組織でできる対策と個人でできる対策について説明します。

パスゴール理論とは?リーダーの行動は部下への影響を与える

パスゴール理論は、条件適合理論の一つであり、部下との接し方に着目したリーダーシップ理論です。どのような状況において、どのように部下に働きかけをすれば動機づけ(モチベーション)が生まれるかについて研究された理論であり、現代のモチベーション理論とも関わっています。パスゴール理論では、課題解決の目標を明確にして、解決への道筋を部下の習熟度や動機づけに応じて対応方法を変えるリーダーシップが説明されています。今回はパスゴール理論の概要とその内容について説明します。