記事カテゴリー

キャリアアップ助成金の賃金規定等共通化コースとは?正規・非正規間の格差を埋める!

キャリアアップ助成金の賃金規定等共通化コースとは、正規・非正規間の賃金格差を是正する制度導入のために設けられた助成金です。同一労働同一賃金制度が大手企業は2020年4月から、中小企業は2021年4月からの運用が求められている中で、正規・非正規間の賃金規定を早い段階から整備することは非常に重要です。賃金規定等共通化コースの受給金額や受給要件、申請期間などについて説明します。

コア人材とは?組織に必要な人材を定義し、採用・育成しよう!

コア人材とは、名前の通り企業の中核を担う人材であり、他社との差別化を図る上で必要不可欠となり代替の効かない人材のことです。企業における中核は、発展段階によって解決したい問題が異なるため、企業ごとに要件を明確にする必要があります。コア人材を確保するためには要件を明確にした上で、採用や教育・研修だけでなく離職を防止することも重要となります。コア人材の意味や定義、重要性や活用するメリットについて説明します。

PM理論とは?リーダーシップの行動理論を具体例から考える

リーダーシップ研究の行動理論の一つに、日本発のPM理論があります。優れたリーダーの行動から優秀なリーダーの要因を追求する行動理論において、PM理論は「目標達成行動」と「集団維持行動」の2種類の行動に着目してリーダーを分類した理論です。PM理論が生まれた背景やその内容、企業組織における活用事例について説明します。

トライアル雇用助成金の奨励金額とは?計算式を確認しよう

トライアル雇用は未経験者や就業経験が少ない人に対して、雇用を増やしていくために生まれた制度です。就業する企業側にもメリットがあるように、トライアル雇用奨励金の支給も行われています。トライアル雇用奨励金の支給金額の計算式は難しくないため、一度理解しておけば、実際に支給される金額の計算も簡単です。計算式やその意味、最大支給金額などにトライアル雇用奨励金の概要について説明します。

労働生産性の計算式とは?物的・付加価値と名目・実質の違いを知ろう

労働生産性の向上が叫ばれているなか、自社の改善点を知るためには、労働生産性の計算方法を知ることが大切です。一言で労働生産性と言っても、労働生産性は「物的労働生産性」「付加価値労働性」「名目労働生産性」「実質労働生産性」などと種類が様々あり、同じ種類の労働生産性で比較しなければ誤った結果になってしまうことを注意する必要があります。今回は労働生産性にどのような種類があるのか、それぞれの計算方法について説明します。

キャリアアップ助成金の健康診断制度コースとは?パートやアルバイトが対象となる!

キャリアアップ助成金の健康診断導入コースとは、企業に対して、非正規労働者に対する健康診断制度の導入を促進するために作られた助成金です。正規・非正規間の格差は賃金や福利厚生などの待遇だけでなく、健康面でも格差があります。正社員には受診が義務付けられている健康診断は、パートタイマー・アルバイトであっても所定労働時間の3/4以上働いているのであれば受診義務が発生します。しかしながら、実際の受診率は91%と、まだ100%でないのが現状です。3/4未満、1/2以上働く労働者に対しては努力義務とされていますが、受診率は72.1%と改善の余地が残されています。健康診断導入コースの受給要件や受給金額、申請の流れについて説明します。

フリーライダー問題へ対策や解決策とは?自社のフリーライダーを減らすために

組織に貢献せずに、職務怠慢やネガティブな言動で組織に悪影響を与えるフリーライダーは、全労働者の5%以上を占めており、大規模な組織になればなるほど一定数存在してしまう可能性があります。フリーライダーを生まないための事前の対策や、既にフリーライダーがいる場合でも対応を行うことで、フリーライダーの数は減らせます。フリーライダーへの問題解決を行うための対策や対応について説明します。

マネジリアル・グリッド理論とは?リーダーシップを行動例から探る

リーダーシップ研究の行動理論の一つにマネジリアル・グリッド理論があります。行動理論はリーダーの行動パターンから優秀なリーダーを分析する方法であり、リーダーのタイプが4つのみでしたが、マネジリアル・グリッド理論では81タイプに分類し、大きく5分類にまとめられています。マネジリアル・グリッド理論が生まれた背景や内容、マネジリアル・グリッド理論におけるリーダーシップについて説明します。

トライアル雇用併用求人とは何?一般求人との違いとは?

未経験などの若手人材の採用に有効なトライアル雇用。働きぶりや適性を見てから正社員として雇用できる制度ですが、トライアル雇用併用求人という採用方法があります。トライアル雇用併用求人では、一度の求人で「トライアル雇用」と「一般雇用」の2種類で採用できる求人となります。スキルがあることに越したことはないが、スキルがなくても教育できる場合には非常に効果的な求人となります。スキルを持ち合わせた人材の採用難易度が上がっていく中、若手人材の育成と併用して採用できるトライアル雇用併用求人について説明します。

労働生産性とは?今の日本の労働生産性は本当に低いのか

本の労働生産性が低いと様々なところで議論されています。少子化や売り手市場に伴う労働力人口の減少、長時間労働の是正施策などによって、労働者1人あたりの生産性を向上させることが求められています。市場のグローバル化やロボット・人工知能の利活用による業務内容の変化により、企業は自社の労働生産性について真剣に考えることが求められています。今回は労働生産性とはどのようなものなのか、日本国内における労働生産性の推移や国際社会との比較結果などについて説明します。