記事カテゴリー

内定者懇親会とは?目的や企画内容のコンテンツ、交流会について

内定者懇親会とは、内定者同士の連帯感を高めることを目的とした、内定者フォローとしての施策です。内定者懇親会で企画する内容や目的は様々ですが、接触のタイミングや頻度によっては、逆に内定者の心を離れさせてしまう恐れもあります。今回は内定者懇親会で企画する内容や目的、懇親会を行うメリットとデメリットについてご説明します。

インターンシップは給料や賃金報酬を設定すべき?有償・無給を法律視点で考える

インターンシップのプログラムには、賃金報酬や給料が発生する内容もあります。賃金報酬が必要化どうかは、労働基準法の観点で、インターンシップ参加者が労働者に該当するかを確認する必要があります。給料が発生する場合には、最低賃金よりも高い金額で設定する必要があります。今回はインターンシップ制度に賃金報酬や給料を設定すべきか、具体的にどれぐらいの金額で設定すべきかについて説明します。

内定者研修にかかる費用とは?賃金・給料や交通費の考え方について

内定者フォローの重要な施策の一つに、入社前研修があります。入社前研修を行う際、内定者に賃金を支払ったり会社が費用を負担することには、合理的な理由があります。研修内容の無駄を省けば、費用削減だけでなく内定者フォローとしての効果を高めることにもつながります。今回は、内定者フォローとして入社前研修を実施する際にかかる費用と、コストをかけてでも研修を行うメリットについてご説明します。

求人票とは?意味や目的、法定項目などの記載事項や必須項目について

売り手市場で求める人材が応募してくれないという課題意識から、求人票の改善を考えている人事担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?求人票は母集団形成における重要な手段の一つですが、記載しなければならない項目と記載してはいけない項目があります。今回は、求人票の基本となる概念や使用目的、法的に避けたい表現、法的な制約などについて説明します。

内定者フォローの種類や時期とは?適した企画イベントを準備しよう

内定者フォローとは、採用した人材からの内定辞退を防ぐために、会社側が内定者に対して行う様々な施策の総称です。内定者フォローの施策には様々な種類があり、施策の種類ごとに目的と時期には違いがあるため、違いに応じた施策を行うことが重要です。今回は内定者フォローの種類ごとの目的や時期の違いについてご紹介します。

インターンシップ企業側の受け入れ準備や注意点・注意事項とは?

新卒採用で人気なのがインターンシップ制度です。就職活動解禁時期よりも前に学生への接点を設けることができ、優秀な学生の囲い込みに用いられています。インターンシップ制度を導入する上では、受け入れ体制の準備やインターンシップ実施における注意点を理解しておくことが重要です。効果的なインターンシップを実施するために必要な6つのステップについて説明します。

採用面接の評価基準とは?評価ポイントを明確にし、評価方法を確立する

採用面接で人材を正確に見抜くためには、評価項目や評価基準、評価方法を具体的にすることが必要です。評価項目が決まらなければ、限られた面接の時間内で有効な質問ができません。評価基準が決まらなければ、質問で得た回答の評価が面接官ごとに異なってしまい、採用担当者と経営者で評価に違いが生まれてしまいます。面接に関わる人材全員が評価項目・評価基準について理解し、一枚岩になることで、効果的な採用面接が実現できます。今回は採用面接における評価基準や評価項目、複数人の面接官が統一した評価を行うための方法について説明します。

内定者フォローとは?目的や嬉しい・面白いと言われる内容について

内定者フォローとは、採用した人材からの内定辞退を防ぐために、会社側が内定者に対して行う様々な施策の総称です。上手な内定者フォローは、内定辞退を防ぐだけでなく、新入社員の即戦力化や自社の採用活動の強化にもつながります。今回は内定者フォローの目的を5つの項目に分類し、内定辞退を防ぐ方法とあわせてご紹介します。