記事カテゴリー

「 シニア人材 」一覧

現在の日本は、少子高齢化社会と言われているように少子化・長寿化が進み、総人口の約半分が50歳以上となっています。日本の平均寿命は世界トップクラスとなっており、高齢者人材の活用は、今後の日本社会にとって大きな影響力を持つと考えられます。
少子高齢化による労働力人口の減少により、日本企業の多くは人手不足の状態が続いています。少子高齢化は今後もさらに進むことが確実視されているため、企業が人手不足対策に取り組む上では、働き方改革で推進されている女性や外国人、シニア人材の活用が避けては通れない課題となっています。
シニア人材カテゴリーでは、企業でシニア人材を活用するに当たって知っておくべき再雇用制度やシニア採用の導入方法、シニア人材の活用方法や企業にとってのメリット・デメリットなどについて説明します。

再雇用の意味や定義とは?制度の目的やメリット・デメリットについて

再雇用とは、定年退職者を再び雇用することを意味する言葉です。再雇用制度では、高年齢者雇用安定法により、再雇用を希望する従業員がいる場合には就労の機会を与えることが企業に義務付けられています。今回は再雇用の意味や定義、制度の目的や企業にとってのメリット・デメリットについてご紹介します。