リクルーター面談とは?求職者の志望意欲を上げる3ステップ

リクルーター面談は「求職者目線」で実施しよう

リクルーター面談は、求職者の自社への理解促進などを図り、母集団形成に役立ちます。自社の採用要件にマッチする人材を獲得しやすくなる、というメリットもあります。

リクルーター面談では、リクルーターは常に「求職者目線」に立ち、採用選考の各フェーズにおいて、アドバイザーやメンターとしての機能も果たすことが重要なのです。

リクルーター面談で志望度が下がるケースも多発

ディスコが発表した「リクルーターとの接触経験」 レポートによると、就職活動中にリクルーターとの面談を経験する学生は4割以上で、年々増加傾向にあります。

リクルーター面談の経験
出典元『キャリタス就活2017』就活生に聞いた「リクルーターとの接触経験」

リクルーターと接触して良かったことがあると回答した学生は96%で、最も多かった理由は 「事業内容や社風など企業理解が進んだ」。リクルーター制度の導入が、母集団形成に役立つことは明らかです。

リクルーターと接触してよかったことの有無
出典元『キャリタス就活2017』就活生に聞いた「リクルーターとの接触経験」

リクルーターに対する印象がその企業への志望度にどの程度影響するのかを尋ねた質問については、実に9割弱が「影響がある」と回答しており、企業側はリクルーター制度がうまく機能するよう改めて留意すべきだといえます。

リクルーターの印象による志望度の影響
出典元『キャリタス就活2017』就活生に聞いた「リクルーターとの接触経験」

リクルーター面談を行った結果、自社への志望度が下がってしまうケースも多発していることが伺えます。リクルーター面談の実施の現状を、改めて見直してみてはいかがでしょうか。

リクルーター面談を実施する前にやるべきこと

リクルーター面談を実施するには、まず最初に採用基準を明確化することが重要です。どのような人材を獲得したいのか、自社が求める人物像を明らかにし、人材を見極める評価基準を明確にします。リクルーター制度を明確なルールに則って導入・実施するようにしましょう。

1.リクルーターの役割の明確化

リクルーター制度を実施することで「獲得したい人物像」に沿い、リクルーターが果たすべき役割を明確にします。

例えば「正直に自己開示でき、相手との信頼関係を構築できる人材」をリクルーター制度で見抜くために、「相手の話をうまく引き出しながら、要所では鋭い質問を投げかけて反応を見極める」など、リクルーターが果たすべき役割を明確にします。

2.リクルーターの選定と教育

リクルーターが果たすべき役割の明確化ができたら、次はリクルーターの選定です。リクルーターの役割の明確化で決めた役割を果たせる人物でありつつ、出身校ごとに○名ずつなどの目安を設けたり、若手・中堅・ベテランの層をバランスよく集めるなど、選定基準を明確にしましょう。

リクルーター面談の目的や内容を周知し、リクルーターとしてどのように振舞うべきかの教育を行います。

3.運用ルールの策定

リクルーター面談においては、求職者目線に立って自社への印象度向上を図ることが最重要ですが、一次面接官として求職者の情報収集や採用選考のスクリーニングを行うという役割を担う場合もあります。

情報共有をはじめとする、リクルーター制度の運用ルールを予め明確にしておくことで、リクルーター全員および人事担当者と目線を合わせ、企業が一枚岩となってリクルーター面談を実施できます。

リクルーター面談実施の前に、質問を準備しよう

リクルーター面談において、リクルーターが各々独自判断で言動したり、候補者に対して不愉快な想いをさせてしまっては、志望度を逆に下げてしまうリスクがあり、本末転倒です。リクルーター面談における全体設計が、非常に重要なのはこのためです。

リクルーター面談において質問すべきことや、想定される質問に対してどのように回答すべきか、質問の準備をしましょう。リクルーター面談の心得なども、事前にリクルーター同士で共有し、ルールに則った運用を目指すことが必要です。

リクルーター制度がうまく行っておらず見直しをする場合にも、各プロセスにおける課題を明確にし、ルールを設計・周知することで、リクルーター制度は成功に近づくでしょう。

資料ダウンロードフォーム

「従業員離職防止ガイド 人事施策編」が無料でダウンロードできます

企業の経営課題にも発展する従業員の離職を減らすためには、既存人材と新規人材へのアプローチがあります。
それぞれのアプローチ方法を、離職を防ぐチェックリストとして資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

以下のフォームに必須項目をご記入の上、ダウンロードしてください。

関連するタグ