記事カテゴリー

内定者研修とは?教育目的やプログラム内容を明確にしよう

内定者研修とは、学生が抱える不安や悩みを解消するために、内定者に対して内定期間中に研修や課題を与える、内定者フォローの施策です。内定者に入社意思を固めてもらえる内容の研修を行うためには、内定者研修の本来の目的を再確認し、内定者のためになる研修を行うことが重要です。今回は、内定者が本当に求めている内定者研修を行うために重要となる、研修の目的や内容を基礎から見直していきます。

インターンシップ契約書の目的や注意点、テンプレートとは?

インターンシップの参加者を受け入れるためには、実習時間や実習場所、交通費などの手当、インターンシップ中の事故に関わる保証、情報漏えいなど考慮しなければならない注意点が多くあります。インターンシップの契約書では、インターンシップ中のトラブルによるリスクを事前に回避するために、リスクに関する内容を明確にして契約を交わしておくことが必要です。インターンシップで契約書を設ける目的や注意点、どのような項目を記載すべきかのテンプレートについて説明します。

新卒採用担当の人事に向いている人とは?2つのタイプを理解しよう!

入社3年以内の早期離職の理由として最も挙げられているのが「人間関係への不満」です。世界最大級のビジネス特化型SNS「LinkedIn」のマーケティングマネージャであるPaul Petrone氏は「カルチャーが離職の原因であれば、採用担当者に責任がある」と述べています。今回は求職者が仕事探し・会社探しに重視してる点などから、どのような人材が採用担当者(人事担当者)に向いているのか、どんなことが得意な人材が良いのかについて説明します。

内定後面談とは?質問内容は、時期ごとに違う新卒の悩みを聞くべき

内定後面談は、内定者一人ひとりに直接向かい合うことが出来る、内定者フォローとしての絶好の機会です。内定後面談を効果的な内定者フォローにするためには、内定者の時期ごとの悩みの変化を知り、何を明確にすれば入社意欲が高まるのかを意識しながら質問することが大切です。今回は内定後面談の目的や実施のポイント、時期ごとによる内定者の悩みについてご説明します。

内定式の内容や目的とは?実施する意味から企画コンテンツを考えよう

内定式とは、内々定を出した学生を対象に正式な内定通知を出す式典で、学生の意識としてもほぼ通例となっている、内定者フォローの施策です。内定式の目的と内容をしっかり理解することで、内定者の意思確認を行うだけの場ではなく、自社の魅力を伝え内定者の内定辞退を防ぐ絶好の機会にすることができます。今回は内定者フォローとして行う内定式の内容と目的、実施する効果や注意点についてご紹介します。

内定者の入社前研修に労災は適用される?事故のリスクを理解しよう

内定者フォローの重要な施策の一つに、入社前研修があります。入社前研修や見学会を行う際に企業が留意すべきなのが、就業とみなされた場合に発生する労災保険にまつわる事項です。研修中に起こる事故への対策や対応は、金銭面だけでなく内定者の入社意思決定にも大きく影響します。今回は内定者の入社前研修中に事故や損害が発生した場合に、労災が認定される条件や、認定されない場合の注意点などについてご説明します。

応募したくなる求人票の書き方やコツとは?例文を確認しよう!

応募したくなる求人票を書くためには、数字などの書きやすい「定量情報」よりも、仕事内容などの言語化しにくい「定性情報」を分かりやすく記載しながら、他社の求人票との差別化を行うことが大切です。そのためには、競合他社と差別化できる自社の強みだけでなく、求職者が仕事に求めているニーズについても把握しておく必要があります。今回は応募したくなる求人票の書き方やコツについて、例文を交えながら説明します。

内定者懇親会とは?目的や企画内容のコンテンツ、交流会について

内定者懇親会とは、内定者同士の連帯感を高めることを目的とした、内定者フォローとしての施策です。内定者懇親会で企画する内容や目的は様々ですが、接触のタイミングや頻度によっては、逆に内定者の心を離れさせてしまう恐れもあります。今回は内定者懇親会で企画する内容や目的、懇親会を行うメリットとデメリットについてご説明します。

インターンシップは給料や賃金報酬を設定すべき?有償・無給を法律視点で考える

インターンシップのプログラムには、賃金報酬や給料が発生する内容もあります。賃金報酬が必要化どうかは、労働基準法の観点で、インターンシップ参加者が労働者に該当するかを確認する必要があります。給料が発生する場合には、最低賃金よりも高い金額で設定する必要があります。今回はインターンシップ制度に賃金報酬や給料を設定すべきか、具体的にどれぐらいの金額で設定すべきかについて説明します。