記事カテゴリー

転職のミスマッチを防ぐ〜中途採用におけるカルチャーフィットの可視化〜

転職者、特に中途採用においては即戦力となる人材が重視される傾向にあります。中途採用においても早期離職する理由として最も挙げられているのが「上司や経営者など人間関係の不満」です。即戦力が重視される中途採用においては「スキルマッチ」が重視されがちですが、中長期的に活躍してもらうためにはカルチャーフィットにも注意を払う必要があります。今回は一度は仕事を辞めている転職者や中途採用におけるミスマッチの内容と現状、ミスマッチへの対策を行う重要性について説明します。

「こんなはずじゃなかった…」就職後に起こるミスマッチの原因と解決策とは

就職後にミスマッチが明らかになってしまうと、心理的なストレスを与えるだけでなく、早期離職につながります。早期離職を防ぐためにも、解決策を知り、事前に対策を行うことが重要です。労働政策研究・研修機構の調査によると、早期離職につながった理由として「労働条件」「人間関係」「仕事内容」の3つのミスマッチが「給与や賃金」よりも多く挙げられています。就職後のミスマッチを防ぐために「労働条件」「人間関係」「仕事内容」を明示することのメリットについて説明します。

新卒採用のミスマッチを防ぐ!学生側の原因と企業による対策方法とは

就活の期間が短くなり、以前と比べて準備・情報不足が目立ち、新卒採用でのミスマッチが発生しやすくなってきています。学生の準備・情報不足だけでなく、企業側が都合の悪い情報は公開しないように曖昧な情報公開をしてしまうこともミスマッチが発生する原因の一つとして考えられます。人事担当者ができる、就職活動のミスマッチを防ぐ解決方法について説明します。

中小企業での適性検査の選び方とは?中途採用でもカルチャーフィットを

中小企業における採用活動は、大手企業の採用活動と比べ、採用予算が少なかったり、専任の担当者がいないために採用活動に割ける時間が限られるなどの様々な課題を抱えています。応募者も少なく、早期離職などの失敗した時のリスクが相対的に大きくなるため、いかにして採用活動の効率を上げながら離職しない人材を確保するのかが求められています。早期離職を防ぐためには、性格や価値観などの抽象的な概念を定量化してくれる適性検査の活用が武器になります。適性検査には多種多様なものがあり、自社に適したものを選ぶことも一苦労です。今回は中小企業における採用課題から、多種多様な適性検査の中から、自社に適した適性検査の選び方について説明します。

適性検査の分析方法や使い方とは〜採用総括から配属・教育研修まで〜

適性検査とは、受検者の性格や価値観、能力などを可視化する手段の一つです。人に関するデータを定量化することで、客観的な比較が可能になります。適性検査は主に採用選考で使われることが多いですが、人の性格や価値観と言ったデータは「採用総括」「内定者フォロー」「配属・教育研修」など様々な人事業務へ応用ができます。適性検査の受検結果を他の人事業務へ活用する方法ややり方など、適性検査の使い方について説明します。

性格適性検査を実施する目的とは?パーソナリティを理解しよう!

採用選考でもよく使われているパーソナリティーを測る適性検査(性格検査)は、抽象的な概念である性格や価値観を可視化できます。適性検査の生まれた歴史を紐解くと、適性検査はあくまで「どんな性格や価値観を持っているのか」の違いを分類するために作られており、スクリーニングなどで「優劣をつける」ことが目的ではありません。そのため適性検査は、スクリーニングよりもカルチャーフィット判定のほうが得意なツールです。適性検査が生まれた背景やビジネスシーンへの応用方法、適性検査を使う上での注意点について説明します。

HRテクノロジーの意味や定義とは?〜HR technology入門編〜

HRとはHuman Resourceの頭文字の略称で、日本語では人事領域のことを意味しています。HRテクノロジーとは、人事領域の課題を統計学や社会学などの基礎知識を活かしたテクノロジーを使って解決することを意味しています。HRテクノロジーは、専門技術に明るくない人事担当者の方にも簡単に使ってもらえるように、人事の広範囲にわたる業務を助けてくれるサービスが多数あります。今回はHRテクノロジーが生まれた背景や2016年の市場規模、人事担当者としての付き合い方について説明します。