記事カテゴリー

カルチャーフィットの意味やメリットとは?どんな場面で有効なのか

カルチャーフィットとは「会社のメンバーが共有している理念や風土の共有度」を意味しています。早期離職を防ぐ上でもカルチャーフィットは非常に重要です。しかしカルチャーもフィットも目に見えない抽象的な概念なため、実現方法にまで落とし込むことが難しいです。カルチャーフィットを実現するためには、カルチャーとフィットの定義を明確にし、誰しもが共通認識できるようになることが大切です。今回はカルチャーフィットの実証研究から、カルチャーフィットの意味や定義、実現するメリットについて説明します。

注目されるアメリカのHRテック(HR Tech)サービス10選【2017年版】

HRとは「Human Resource」の頭文字で、日本語では人事を意味しています。HRテックとは、人事における課題をテクノロジーを駆使して解決することを指しています。HRテックサービスは近年急激に成長しており、2016年時点でのアメリカでのHRテック市場は1兆3000億円と日本の100倍以上の盛り上がりを見せています。今回は未上場かつM&Aされていないスタートアップ・ベンチャー企業に絞って、会社が伸びる可能性と成長スピードから上位10サービスをランキング形式で紹介します。

環境と性格を考慮した人材の適材適所を実現する方法とは?

ミライセルフが行った仕事における価値観や人間関係の調査から、「環境と性格の相互作用については、切り離してマッチングを考える」べきと気づきを得ました。どちらも個人の力で変えることが難しい要因ですが、うまくいくパターンを見つけることで適材適所を実現できると考えています。適材適所を実現するために有効な理論であるトレイトアクティベーションモデルについて説明します。

世界で熱いHRテック系スタートアップ125社!マネジメント部門【2016年版】

CB Insightsにて公開された2016年3月29日のブログ記事で全125社のHRテック系スタートアップを網羅したマップが紹介されました。 この記事では「保険、福利厚生、人事管理」「カルチャー・生産性」「オペレーション・マネジメント」に絞って、 サービスの概要を紹介します。