記事カテゴリー

リテンション(離職防止)の施策例とは?効果的な施策で効果を向上させよう

人材確保の課題として「新規人材を獲得する」「既存人材の流出を防ぐ」の2視点が必要です。リテンション施策は「既存人材の流出を防ぐ」施策です。リテンションに取り組みたいと考えている企業は67%ですが、実際に取り組んでいる企業は35%と多くなく、どのような施策を行ったら良いかわからない現状があると予想されます。今回はリテンション施策の考え方や着眼点、リテンション施策の具体例について説明します。

社風とは?意味や使い方、社風が合う・合わない、良い・悪いとは?

新卒入社3ヶ月未満で早期退職する理由として、社風への不満が上位に挙げられています。また良くも悪くも入社後にギャップがあった項目としても社風が上位に挙げられています。社風は早期離職や定着に関わる大切な要素ですが、抽象的な概念なため正確に把握することが難しいとも言われています。今回は社風の定義や間違えやすい組織風土や企業文化との違い、活用するメリットや注意点について説明します。

性格とは?心理学分野での性格の定義や要素、種類には何があるのか?

人間を表す言葉として使われる「性格」や「価値観」という言葉。目に見えない抽象的な概念のため、混合して認識されている方も多いのではないでしょうか。今回は性格とは一体何なのか、価値観とはどのように違うのかについて説明します。性格は世界70カ国以上の人々のデータがちくされ、心理学の学術研究として、多くの研究が行われ、様々な知見が得られています。人事担当者として、どのような知見があるのか知っておきたい内容についても併せて説明します。

えるぼしとは?意味や認定を受ける目的とメリットについて

えるぼし認定制度とは、女性の活躍推進の状況等が優良な企業に与えられる、女性活躍推進法の取り組みの一つです。えるぼし認定を受けることは、認定企業で働く女性だけでなく、認定を受けた企業自身にも様々なメリットがあります。今回は女性活躍推進法の内容を踏まえつつ、えるぼしの意味や由来、認定を受けるメリットについてご紹介します。

人事のリテンションの意味とは?優秀な人材の流出対策を実施しよう!

売り手市場によって人材の新規獲得が難しくなる中、既存人材の流出も大きな問題となっています。スキルがあり業績への貢献度が高い優秀な人材ほど、他社からの評価も高くなるため、流出しやすい恐れがあります。人材の流出を防ぐためにリテンション施策が注目されています。しかしリテンションについて対応している企業は2016年時点で35%とまだ多くないのが現状です。リテンションの定義や目的、活用するメリットや注意点について説明します。

企業文化を変革・醸成して事業の成長につなげる注意点とは?

企業文化は事業の成長にも大きく関わっています。アメリカの調査結果では、企業文化は戦略と同じぐらい重要である、文化なき企業は並の業績しかあげられない意見に、多くの経営者や上級幹部が賛成しています。重要なのは明文化された戦略的な企業文化であることです。企業文化の変革を行う際の注意点を5つ紹介します。

社内イベントの目的を明確にして、社員のモチベーション向上につなげよう

社内イベントには、社員のモチベーションアップだけでなく、様々な効果があります。社内イベントを成功させるためには、目的の明確化やメリット・デメリットへの理解、注意点の把握など、様々な要素が必要です。今回は社員のモチベーションアップにつながる「成功する社内イベント」の企画方法についてご紹介します。

コンセプチュアルスキル(概念化能力)とは?意味や定義、項目について

コンセプチュアルスキル(概念化能力)とは、ビジネススキルを体系化したカッツモデルの中で、経営層などのトップマネジメントになればなるほど求められるスキルです。一般社員やリーダー職などでも、比重が少ないだけで、不要なスキルではありません。採用や人事考課など、人材を適切に評価することが求められる人事業務において、コンセプチュアルスキルを理解し、うまく活用できるように、コンセプチュアルスキル(概念化能力)の意味や定義と項目、人事業務に活用するメリットやポイントについて説明します。

くるみん認定の申請方法とは?取得までの流れやプロセスについて

くるみん認定とは、仕事と子育ての両立支援に取り組んでいる企業が厚生労働大臣から受けられる認定制度です。くるみん認定の申請には、認定基準を満たすために多くのプロセスを踏む必要があります。今回はくるみん認定を申請する方法と、申請までに必要なプロセスを合わせてご紹介します。

離職率の高い原因や理由とは?下げるために根本となる課題を対策しよう

離職率の高い会社には、離職理由として3つの共通点があります。ある調査結果では、約42%の人事担当者が自社の離職率の高さに悩んでいますが、実際に対策を行っている企業は約35%となっています。離職率が高い・適正な値に保つことが大切だと考えながらも、施策に落とし込めていない企業が多いことを意味しています。離職理由として挙げられる3つの理由を知ることで、同じ理由で離職が起こらないように対策を行う、自社の現状から離職が引き起こる可能性を読み取って対応するなど、まずは自社のことを振り返ってみましょう。