記事カテゴリー

ピープルアナリティクスとは?意味や歴史、採用活動での活用事例

人にまつわる問題を解決する手法として「ピープルアナリティクス」が注目されています。ピープルアナリティクスは比較的新しい概念かつ急速に発展している分野であるため、今後より人にまつわる問題の多くが解決できる可能性を示唆しています。自社の業務にて人にまつわる問題を解決するためには、ピープルアナリティクスが非常に有用であることがあります。今回はピープルアナリティクスの概要や歴史、必要な知識や実践方法などについて紹介いたします。

社内でのキャリアアップを考える重要性とは?スキルアップとの違いを明確にしよう

キャリアアップは転職活動に限らず、自社の優秀な人材を確保する上でも重要な概念です。将来の企業を担う幹部候補の人材や、平成生まれの従業員は「自社ではキャリア成長が望めない」「よりキャリアアップできる環境に移りたい」との理由で退職をしています。自社でキャリアアップ環境を作ることは、優秀な人材の離職防止だけでなく、優秀な人材の採用にも活用できます。今回は自社のキャリアアップを考えることのメリットやデメリット、注意点について説明します。

ローパフォーマーの特徴とは?真面目なローパフォーマーを改善する

成果が出なかったり、能力やスキルが足りていないローパフォーマーは、真面目な人でもなってしまう可能性があります。人事担当者や経営者が「優秀な人材」だと思ったとしても、現場ではローパフォーマー化してしまうことは起こりえます。組織が大きくなるほど、ローパフォーマーが生まれる可能性が高まります。今回はローパフォーマーにしっかりと向き合うために、ローパフォーマーの特徴などについて説明します。

給与重視・仕事内容重視とは?適性検査の価値観を採用・配属に活用する方法

ミツカリには、給与重視・仕事内容重視という項目があります。給与重視は、納得する給与をもらえるのであれば自分の興味のない業務も引き受けられる人です。仕事内容重視は、仕事にやりがいを感じながら働きたい人です。給与重視の人は実力相応のキャリアアップが可能なポジションが適しており、仕事内容重視の人は自分の興味やスキルが仕事に活かせるポジションが向いています。給与重視・仕事内容重視が強い人はどのような人なのか、採用や配属、マネジメントに給与重視・仕事内容重視を活用する方法について説明します。

仕事重視・プライベート重視とは?適性検査の価値観を採用・配属に活用する方法

ミツカリには、仕事重視・プライベート重視という項目があります。仕事重視は、仕事を充実させる事ことそが人生が豊かになると考えている人です。プライベート重視は、プライベートを充実させてこそ仕事の質が高まると考えている人です。仕事重視の人は高い責任と忠誠心が求められるポジションが適しており、プライベート重視の人はプレッシャーのあまり高くないポジションが向いています。仕事重視・プライベート重視が強い人はどのような人なのか、採用や配属、マネジメントに仕事重視・プライベート重視を活用する方法について説明します。

着実志向・挑戦志向とは?適性検査の価値観を採用・配属に活用する方法

ミツカリには、着実志向・挑戦志向という項目があります。着実志向は、大きなリスクを避けてキャリアをしっかり積み重ねたい人です。挑戦志向は、ハイリスク・ハイリターンを好み、挑戦を求める人です。着実志向の人は規律性と秩序あるポジションが適しており、挑戦志向の人は新規事業や責任を問われるポジションが向いています。着実志向・挑戦志向が強い人はどのような人なのか、採用や配属、マネジメントに着実志向・挑戦志向を活用する方法について説明します。

労働移動支援助成金の再就職支援コースとは?職業訓練を有効活用しよう!

労働移動支援助成金の再就職支援コースとは、自社の事業規模の縮小などにより、やむをえず従業員を離職させてしまう場合に、再就職しやすいように職業訓練などを実施することで得られる助成金です。再就職支援コースには3つの支援コースがあり、実施する支援内容によって受給できる助成金の金額なども変わります。再就職支援コースを受給する条件や受給金額、受給する際の注意点などについて説明します。

面接の仕方とは?面接官や企業が押さえるべき6つのチェックリスト

少子化に伴う労働人口の減少に伴い、人材獲得の難易度が上がり続けています。人手不足を理由とする倒産も年々増加しており、中小企業のみにおける大卒求人倍率は9.91倍との調査もあります。一方で「志望していなかった/滑り止め」企業に就職する学生は「面接などの選考試験を重ねていく中で徐々に志望度が上がった」ことを挙げています。採用面接は、人材の見極めを行う場であると同時に、求職者の志望度を向上できる場でもあります。採用面接で志望度を上げることができれば、採用競争力の向上もできると考えられます。今回は面接の仕方の改善や見直しを行う上で、役に立つ6つのチェックリストを紹介致します。

社内ルールを守らない人に対して会社が取るべき対応や施策とは

社内ルールを作ったとしても、従業員に守ってもらえなければ意味がありません。社内ルールが守られない理由として「そもそも従業員に認知されていない」「現場の業務が反映されていない」など様々な理由が考えられます。今回は社内ルールが守られない理由と社内ルールを守らない従業員がいる場合に会社が取るべき施策について説明します。

ローパフォーマーとは?パフォーマンスの低い社員が生まれる原因や対策

ローパフォーマーとは、高い業績を生み出すハイパフォーマーの対義語であり、目標の成果が生み出せない人のことです。業績の悪化や他の社員への悪影響を生む可能性がある人材ですが、ローパフォーマーを切り捨てても解消されないどころか悪化する可能性があります。健全な組織を目指す上ではローパフォーマーへの対応がしっかりとできるかが焦点となります。今回はローパフォーマーの概要や放置するデメリット、原因と対応策について説明します。