記事カテゴリー

メンター制度のメリット・デメリットとは?目的と効果を明確にしよう

若手人材の教育だけでなく、離職率を低下させる手法としてもメンター制度が注目されています。日本政府も、メンター制度導入で受給できる助成金を設けたり、メンター制度導入マニュアルを無償で公開したりと、企業にメンター制度の導入促進を行っています。メンター制度を導入すれば必ず効果が得られるわけでなく、メリットだけでなくデメリットにも着目し、事前に対策を練っておくことが効率的な運用には欠かせません。今回はメンター制度導入のメリットやデメリット、デメリットへの対策について説明します。

着実志向・挑戦志向とは?意味や特徴、違いを知って自己診断結果を活用する

着実志向とは着実性・安定性を好む人であり、挑戦志向型とはリスクを取って挑戦することを好む人です。最新の心理学研究から、着実志向・挑戦志向の人に向いている職業などが明らかになっています。意味や特徴だけでなく、コミュニケーション方法や職場環境選びへの応用方法についても説明します。

専門追求型・組織貢献型とは?意味や特徴、違いを知って自己診断結果を活用する

専門追求型とは独立した専門家として働くことが好きな人であり、組織貢献型とはチームワークを活かして働くことが好きな人です。最新の心理学研究から、専門追求型・組織貢献型の人に向いている職業などが明らかになっています。意味や特徴だけでなく、コミュニケーション方法や職場環境選びへの応用方法についても説明します。

チームビルディング手法「タックマンモデル」とは?段階を乗り越えよう

企業組織は、大小様々なチームで成り立っています。個人を集めてチームにしたとしても、適切なチームビルディングを行わなければ、チームが有効に機能しません。タックマンモデルとは、チームビルディングの手法の一つで、チームの段階を5段階に分けて、各段階におけるチームの特徴や取るべきチームビルディング方法を明確にしたモデルです。タックマンモデルを活用することで、有効に機能するチームを構築することができます。今回はタックマンモデルがどのようなものか、各段階におけるチームの特徴やチームビルディングの方法について説明します。

産業保健関係助成金とは?メンタルヘルスケアを積極的に実施しよう!

産業保健関係助成金とは、労働者健康安全機構が設けている助成金で、労働者が健康的に働ける環境づくりに活用できる助成金です。産業保健関係助成金は比較的新しい助成金で、誕生した背景として「長時間労働などによる労災認定件数の増加」などがあると考えられます。産業保健関係助成金には、4つの助成金があり、ストレスチェックを実施したり、職場環境の改善を行うことで受給できます。今回は産業保健関係助成金の目的や各助成金について、受給できる金額や要件について説明します。

過程重視・結果重視とは?意味や特徴、違いを知って自己診断結果を活用する

過程重視とは仕事の結果よりも途中のやり方や過程を重視する人であり、結果重視とは仕事の過程ではなく結果を重視する人です。最新の心理学研究から、過程重視・結果重視の人に向いている職業などが明らかになっています。意味や特徴だけでなく、コミュニケーション方法や職場環境選びへの応用方法についても説明します。

理念重視・ビジネス重視とは?意味や特徴、違いを知って自己診断結果を活用する

理念重視とは自身の利益より社会への貢献を優先する人であり、ビジネス重視とは社会への貢献よりも自身の利益を優先する人です。最新の心理学研究から、理念重視・ビジネス重視の人に向いている職業などが明らかになっています。意味や特徴だけでなく、コミュニケーション方法や職場環境選びへの応用方法についても説明します。

母集団形成とは?意味や目的、課題や注意点について再認識しよう!

企業における労働力不足が深刻な問題となってきています。自社の従業員が不足していると考える企業は過半数を超えている一方で、少子化に伴う労働人口の減少により、人材獲得競争はより激化する傾向にあると考えられます。自社の従業員を確保するためには、自社の採用候補者となってもらう人材を集める母集団形成の重要性が増しています。母集団形成は、単に候補者の数を集めればよいわけではなく、候補者の質も考慮して母集団形成を行う必要があります。母集団形成の目的や課題、注意点や方法の概要について説明します。

自己評価・他己評価とは?意味や特徴、違いを知って自己診断結果を活用する

自己評価とは他人からの評価を気にせず、自分の中に価値基準がある人であり、他己評価とは他人からの評価や見られ方をより大切にする人です。最新の心理学研究から、自己評価・他己評価の人に向いている職業などが明らかになっています。意味や特徴だけでなく、コミュニケーション方法や職場環境選びへの応用方法についても説明します。

変革型リーダーシップとは?人物の特徴やビジョン、事例について

改革型リーダーシップとは、現在のリーダーシップ研究の主流であるコンセプト理論の一つです。改革型リーダーシップは、経営危機などによって変革を要する状況下において効果的なリーダーシップスタイルです。1999年以降の日産自動車や2000年以降のパナソニックでは、変革型リーダーシップを発揮して、V字回復を実現しました。変革型リーダーシップはどのようなリーダーシップスタイルなのか、活用するメリットやデメリット、押さえておくべき重要なポイントについて説明します。