記事カテゴリー

就業手当はいくらもらえる?気になる計算方法と総額について

失業保険を受け取っている人が、1年未満の契約の仕事を決めた時に受け取れるものが「就業手当」です。せっかく受け取れる助成金ですが、注意が必要です。「就業手当」は、本来もらえたはずの失業保険の30%しかもらえないのです。失業保険だけでは生活が厳しくなり、アルバイトをせざるを得ない時、つまり今日明日のお金が必要な時は助かる事もあります。今回は具体的に「就業手当」で受け取れる金額の計算方法やどのタイミングで貰えるのかお伝えします。

ビッグファイブの協調性とは?意味や高い・低い人の特徴について

ビッグファイブの協調性とは、自分のことではなく相手のことを思いやる力のことです。他人の心にどれだけ関心があるかを意味しています。日本企業では、協調性が高い人材=良い人材と考えられがちですが、得意・不得意があるだけで、必ずしも良い人材であるとは限りません。今回は協調性の特徴や、協調性が高い・低い人材に適した業務内容などについて説明します。

就業手当とは?安易に申請すると、失業給付金が減少してしまう!

再就職先で1年以上の雇用が見込まれる時に受け取れる「再就職手当」が挙げられます。ただ、せっかく得られた仕事が1年に満たない…なんて事もありますよね。そんな時に受け取れるのが「就業手当」です。「就業手当」は受け取れば必ず得するわけではないので要注意です。場合によっては申請したがために損をしてしまう場合もあります。今回は、申請が任意だからこそ知っておきたい、「就業手当」についての基本を分かりやすく解説します。

就業促進定着手当の申請手続きや必要な書類とは?忘れずに申請しよう

失業後がんばって、早く次の就職先が決まった!けれども給与が前職よりも安い。こんな人のための手当が「就業促進定着手当」です。条件が合っていれば無条件にもらえるわけではなく、国への申請が必要です。「就業促進定着手当」と聞いて、面倒そうと思う方もいるかもしれませんが、実はこの申請はシンプル。今回は初めての人でも分かりやすいように「就業促進定着手当」の申請方法と書類についてご説明します。

人材マッチングサービスの種類とマッチングに重要な4つの要素とは?

人材マッチングとは、企業や組織と人材をつなぎ合わせることを意味する言葉です。人材マッチングの需要と難易度は年々高まり、様々な種類のマッチングサービスが利用されていますが、マッチングに重要な要素は4種類に絞ることができます。今回は人材マッチングサービスの種類と、人材マッチングにおいて重要な4つの要素をご紹介します。

就業促進定着手当の支給日はいつ?受け取りには9ヶ月かかる

「就業促進定着手当」とは、失業後の再就職が早く決まった人が、前職よりも1日あたりの収入が減ってしまった場合に受け取れる手当です。受け取るための条件のうちの一つは、手当の名前に含まれる「定着」です。「就業促進定着手当」は新職場に「定着」したと認定されて、初めて受け取ることができます。今回は、手当を取り逃さないために覚えておきたい申請と、手当の受け取り時期についてご説明します。

採用面接でストレス耐性をチェックする方法や注意点とは?

自社のメンタルヘルスケアを実施するために、採用担当者・人事担当者には多くの期待と役割があります。メンタルヘルス不調が現れる原因として本人の性格や職場の人間関係が挙げられています。性格は生涯を通じて変化しにくいものであるため、採用段階で見極める、既存従業員と相性の良い人材を採用する、相性の良い上司に配属させるなどが可能です。今回はストレス耐性を面接で見極める必要性やメリット・デメリットについて説明します。

就業促進定着手当で受給できる金額とは?計算式から計算してみよう

「就業促進定着手当」は、前職よりも賃金が下がってしまった人のための手当です。条件が合えば再就職後、「再就職手当」に加えて受給することができます。「就業促進定着手当」で受給できる金額は幾らぐらいなのでしょうか。金額の計算には「前職と再就職先の差額」や「失業保険が支給される残日数」など再就職手当の計算で使われた内容が関わります。今回は計算式と決まりについて、具体例を含めてご説明します。

人材ポートフォリオの作り方とは?軸を作成し、人材を4つに分類しよう

人材ポートフォリオとは、組織の状況や事業の戦略に合わせて適切な人材配置を行うための、人材マネジメントの手法です。人材ポートフォリオの作り方には大きく分けて4つのステップがあり、評価の基本となる軸の設定が最も重要です。今回は人材ポートフォリオの作り方を、具体例を交えながら4つのステップに分けてご説明します。