記事カテゴリー

求める人物像の書き方や設計方法とは?ペルソナの具体例まで落とし込む

採用活動を成功させるためには「求める人物像」を明確にすることが大切です。採用活動に失敗してしまう企業の特徴として「人材獲得が目的になっている」「求める人物像が明確化されていない」ことが挙げられます。少子化かつ売り手市場で人材獲得難が加速する中で、採用活動を成功させるためには、求める人物像の設計が大切です。今回は求める人物像の設計方法で重要な4つの視点について説明します。

パーソナルブランディングとは?意味や定義を理解し、普段から意識しよう

転職市場で自分の価値を高めるだけでなく、同じ会社で務め続けるためにも、パーソナルブランディングが有効です。日頃パーソナルブランディングを意識している人は1割未満で、重要になると考えているのは8割以上と、大きなギャップが存在します。今回はパーソナルブランディングとは何かについて説明します。

ブラザーシスター制度のメリットやデメリット、対策とは?

ブラザーシスター制度は、新入社員に対して入社2年目~5年目ぐらいまでの若手社員が業務や職場の人間関係における悩みの相談相手となるサポート制度です。ブラザーシスター制度を導入することで、新入社員はもちろんのこと、指導役となる若手社員の早期離職を防止する効果があります。今回はブラザーシスター制度のメリットやデメリット、デメリットを発生させないための対策について説明します。

セルフブランディングの方法とは?5つのステップを理解して活用しよう

企業から求められる人材になるための方法の一つとしてセルフブランディングが注目されています。今回はセルフブランディングの方法について説明します。セルフブランディングは激変する市場において、企業に自身の強みをアピールできる根拠を作れるだけでなく、企業から求められる人材になることができる可能性もある方法です。セルフブランディングの方法は、業務にも活かせることがあるため、セルフブランディングでの実績が業務遂行能力と紐づけて理解されることもあります。

短時間・簡単にできるチームビルディングに最適なゲーム5例とは

チームビルディングは「対話」「ゲーム」「アクティビティ」「スポーツ」など様々な方法があり、1時間以内の短時間でできるものもあります。短時間でできるチームビルディングは、アイスブレイクとしての効果があるだけでなく、チーム結成時や新メンバー加入時のオリエンテーションとして組み込むこともできます。短時間でできるチームビルディングのゲームやアクティビティについて、メリットやデメリット、具体的なルールと身につくスキルなどについて説明します。

セルフブランディングとは?強みを理解し、適したニーズの市場を選ぼう

市場のグローバル化やAIやロボットなどのテクノロジーの進化だけでなく、日本が世界に誇る製造業も衰退し、上場廃止や買収など、身の回りの環境の変化も激しい現状です。YouTuberなどの個人の発信力が強い影響を与えるようになり、自分自身をブランディングする、セルフブランディングが注目されはじめています。セルフブランディングは企業から必要とされる人材になる方法の一つであり、ブログや動画などで意見を発信しやすくなった現代において、自分自身の価値を高める有効な手段です。

キャリアパス制度とは?制度の構築方法や作成方法について

キャリアパスとは、目指す職位や職務に到達するための経験や能力の積み重ねを行う道筋や順序のことです。キャリアパスを明確にすることは、自社の理想の人物像を明確にすることでもあり、採用選考や教育研修制度、人事評価制度にも活用することができます。今回は自社独自のキャリアパスを構築する方法や人事制度への活用方法について説明します。

やりがいと仕事の関係とは?仕事で満足できる要因を知り、自己分析に活かす

仕事のやりがいは、不満を解消することではありません。不満の反対は満足ではないため、仕事で満足できる要因を見つけることが、仕事のやりがいを見つけることに繋がります。動機付けやモチベーションは、心理学などで様々な研究が行われています。今回は心理学研究の知見から、仕事のやりがいの要因について説明します。

採用ブランディングとは?意味や目的、メリット・デメリットについて

「採用ブランディング」とはブランディングというマーケティングの手法を採用活動に取り入れた概念です。採用マーケティングとは異なり、採用ブランディングではターゲットに親密感や高価値といった特定のイメージを抱いてもらうことが目的となり、求職者数の増加やミスマッチを防ぐことが採用ブランディングの目指すゴールになります。複数のイメージの共存による混乱や全社員の協力が不可欠などの注意点はあるものの、適切に運用されれば事業の長期的な成長を支える土台作りに大いに有効な手段となるでしょう。