記事カテゴリー

求人票の賞与の見方とは?基本給や手当の内訳、就業規則を確認しよう

賞与の支払いは、法的な義務はないものの、賞与のある企業はアピールポイントとして求人票にも記載しています。賞与は基本給ベースで支払われることが多いため、求人票に月給の記載があったとしても、基本給と手当の割合などを事前に確認しておくことが大切です。今回は求人票における賞与の見方について説明します。

面接の目的とは?見極めと惹き付けを使い分け、失敗しない面接をしよう

面接は全企業のうち99.4%が実施している採用活動プロセスです。面接の目的としては「応募者を見極める」ことが第一に挙げられますが、売り手市場においては「応募者の惹き付け」を行うことも重要です。新卒採用において、過半数の学生が2社以上からの内定を取得しており、「複数の内定から自社を選んでもらう」仕組みを面接にも取り入れることが大切です。面接の目的である「応募者の見極め」と「応募者の惹き付け」を行うことの重要性ややり方、注意点や配分について説明します。

求人票の賃金・給与の見方とは?基本給と手当、最低賃金の定義を知ろう

求人票に必ず記載される項目として、賃金や給与が挙げられます。職場への不満の多くが給与・賃金が低いと挙げられており、賃金や給与の意味を正確に知っておかなければ、入社後のギャップに悩んでしまう可能性があります。今回は求人票の賃金や給与の定義や見方について説明します。

ストレッサー(ストレス要因)の種類や例とは?仕事や上司の影響範囲

職場のストレスを軽減するためには、ストレスの原因となるストレッサー(ストレス要因)を発生させないことが最も良い改善方法です。すべてのストレッサーを排除することは不可能ですが、明らかに不要で悪影響を与えているストレッサーについては改善が可能です。今回はストレッサーの種類や具体例から、改善可能なストレッサーにはどのようなものがあるのかについて説明します。

ナレッジワーカーの条件や特徴とは?抽象化して定義すると

顧客ニーズの多様化、付加価値の創造など、企業が競争で勝ち残るためにはナレッジワーカーの活用が必要不可欠です。ナレッジワーカーとは、知識や経験を知恵として活用して付加価値を生み出す労働者のことを指します。ナレッジワーカーの条件や特徴は自社が置かれている環境によって様々ですが、抽象化して条件や特徴を定義して説明します。

求人票の見方とは?労働条件の実態と求人票の内容が違う理由について

求人票は、多くの人が仕事探しの情報収集元とする情報です。求人票に記載されている内容はあくまで目安であり、正確な労働条件等は雇用契約書を確認することが大切です。入社後にこんなはずじゃなかったと後悔しないための求人票の見方について説明します。

副業解禁はいつから?企業が働き方改革に対応する方法について

2018年1月に厚生労働省が公表した「モデル就業規則」で「原則副業を禁ずる」文面が削除され、「原則副業を容認する」文面が追加されました。副業に関する法的な拘束はないため、各企業が「副業を解禁する」とみなしたタイミングで「副業が解禁された」とみなすことができます。逆に現在でも「正当な理由なしに副業を禁止すること」は、労働者の自由を奪う行為として法的問題に発展する可能性が0ではありません。今回は副業が解禁された流れと、企業としてどのような対応や考えが求められるのかについて説明します。

学習性無力感の克服方法や対策方法とは?事前・事後の対応を理解しよう

就職活動や転職活動で選考がなかなか通らずに諦めてしまう、上司に業務改善の提案をしても一切反映されないなど、様々な生活シーンで無力感を感じる場面があります。無力感を学習し、行動を起こさなくなる現象は「学習性無力感」という心理学理論であり、教育学や経営学などでも課題として挙げられているものですが、今回は学習性無力感の対策や克服する方法について説明します。

ケイパビリティとは?企業や組織の潜在能力を明確にしよう!

ケイパビリティとは、企業や組織の潜在能力を指す言葉です。コア・コンピタンスも企業や組織の潜在能力を指す言葉として、同様に用いられますが、厳密には意味が異なるものです。グローバル化や市場ニーズの変化など、激化する競争社会で勝ち残っていくためには、自社のケイパビリティを理解して企業戦略に落とし込むことが必要不可欠です。ケイパビリティとは何か、活用するメリットやデメリットについて、コア・コンピタンスとの違いなど、ケイパビリティの概要について説明します。