記事カテゴリー

「 コミュニケーション 」一覧

上下関係がいらない会社とは?自社に適した組織を目指すために

職場の人間関係の一つに上下関係があります。上下関係は仕事のパフォーマンスや離職意向に影響を与えていますが、上下関係がいらない組織も存在します。上下関係の存在と会社としての優劣は別物であるため、自社にとって適した組織はどちらかを様々な視点から考える必要があります。今回は自社の上下関係をなくしたい場合に考慮すべき内容について説明します。

会社の上下関係が人事業務に与える影響とは?まずは従業員を理解しよう

職場の人間関係の一つに上下関係があります。上下関係は仕事のパフォーマンスや離職意向に影響を与え、特に20代~30代の若手社員のストレスの原因ともなっている、向き合うべき経営課題となっています。今回は会社の上下関係が人事業務に与える影響について説明します。

上下関係とは?職場におけるメリットやデメリットについて

職場の人間関係の一つに上下関係があります。職場の上下関係は仕事のパフォーマンスや離職意向に影響を与える重要な課題です。上下関係は役割というルールのもとに発生し、責任の所在や指示系統、情報の流れに影響を与えます。今回は上下関係を活用するメリットやデメリットについて説明します。

折衝力と交渉力の共通点や違いとは?違いを理解して見極めに活用する

交渉力と折衝力は、ともにコミュニケーションを行う上で重要なスキルです。ともに相手との意思決定を合意する能力ですが、交渉力と折衝力では前提が異なるため、コミュニケーションスキルの高い人材を採用したい場合には、どちらの能力が備わっているのかの見極めを行うことが大切です。今回は交渉力と折衝力の共通点や違いについて説明します。

折衝力を高めるのに必要な研修とは?日々の生活での意識を身につける

折衝力とは、お互いの利害関係が一致しない状態での駆け引きを行うコミュニケーションスキルです。折衝力は、基本的なコミュニケーションスキルから成り立っており、すぐに身につけることはできませんが、日々の生活を意識するように教育研修を実施することで中長期的に育成することができます。今回は折衝力を高める教育研修において重要なポイントについて説明します。

折衝能力を構成するスキルとは?折衝力を高めるために必要なプロセス

折衝力とは、お互いの利害関係が一致しない状態での駆け引きを行うコミュニケーションスキルです。折衝力は、ペーシングや傾聴、クロージングなど様々なコミュニケーションスキルによって構成されています。今回は折衝におけるプロセスを分解し、各プロセスにおいてどのようなスキルが求められるのかについて説明します。

折衝力とは?高い人・低い人材を見極める3つの特徴について

折衝力とは、お互いの利害関係が一致しない状態での駆け引きを行うコミュニケーションスキルです。営業などの社外の人に対してだけでなく、社内の人に仕事を頼むなどのときにも折衝力が求められます。折衝力は交渉力よりも難しいスキルですが、リスクマネジメントの観点からは非常に重要なスキルです。今回は折衝力の内容や、接触力の高い・低い人材の特徴について説明します。

教育研修で交渉力を効果的に向上させる方法とは?強い目的意識を持とう

交渉力とは、お互いの意思決定を合意できるまでコミュニケーションをとるスキルです。交渉力は、コミュニケーションスキルの基本となる傾聴やペーシング、プレゼンテーションスキルなどのスキルが複合している能力です。今回は教育研修で交渉力を効果的に向上させるために必要な意識や方法について説明します。

交渉力を見極める方法とは?交渉をプロセス分けして各スキルを判断する

交渉力とは、お互いの意思決定を合意できるまでコミュニケーションをとるスキルです。交渉力を見極めるためには、まずは交渉におけるプロセスを理解し、各プロセスに求められるスキルが備わっているのか一つ一つ見極めていく方法が有効です。今回は交渉の目的や交渉におけるプロセス、各プロセスに求められるコミュニケーションスキルについて説明します。

交渉力とは?プロジェクトや人間関係を円滑にするコミュニケーション

交渉力とは、お互いの意思決定を合意できるまでコミュニケーションをとるスキルです。自分の意志を通すだけではなく、相手が求めていることを的確に把握し、無用なトラブルを起こさないためにはコミュニケーション能力の一つである交渉力が重要になります。今回は交渉力とはどのような能力なのかについて説明します。