記事カテゴリー

「 コミュニケーション 」一覧

クリエイティブ・シンキングとは?自由な発想方法を活用しよう

クリエイティブ・シンキングとは拡散思考・水平思考とも訳され、枠組みにとらわれないアイデアを生み出す自由な発想方法のことです。新しいアイディアを生み出すクリエイティブシンキングは、ロジカルシンキング・ラテラルシンキングとも使い分けながら活用することが大切です。今回はクリエイティブシンキングについて説明します。

ラテラル・シンキングの具体例とは?自分の価値観や前提を疑おう

ラテラル・シンキングとは水平指向とも訳され、多角的な視点や自由な発想で創造的に問題解決を行う思考方法です。新しい発想やイノベーションを生み出す思考方法であり、ラテラルシンキングを実施するには、3つのポイントを理解して実践することが大切です。今回はラテラルシンキングの具体例について説明します。

ラテラル・シンキングのやり方や実施方法とは?3つのポイントを押さえる

ラテラル・シンキングとは水平指向とも訳され、多角的な視点や自由な発想で創造的に問題解決を行う思考方法です。新しい発想やイノベーションを生み出す思考方法であり、ラテラルシンキングを実施するには、3つのポイントを理解して実践することが大切です。今回はラテラルシンキングのやり方や実施方法について説明します。

ラテラル・シンキングとは?水平的で自由な思考方法を活用しよう

ラテラル・シンキングとは水平指向とも訳され、多角的な視点や自由な発想で創造的に問題解決を行う思考方法です。新しい発想やイノベーションを生み出す思考方法であり、ロジカルシンキングと組み合わせて活用することで、その効果は増加します。今回はラテラルシンキングについて説明します。

ロジカルシンキングを活用するための帰納法・演繹法とは?

ロジカル・シンキングは論理的思考とも言われ、筋の通った論理から結論を導き出す思考方法です。目の前にある事象を分かりやすく分解し、漏れなくだぶりなく整理・分析することで、より正しく合理的な「最適解」を導き出せます。ロジカルシンキングを理解するためには、帰納法や演繹法と言った論理展開手法の理解が大切です。今回はロジカルシンキングに活用される帰納法や演繹法について説明します。

ロジカル・シンキングの活用方法や活用例とは?論理的に判断するために

NO IMAGE

ロジカル・シンキングは論理的思考とも言われ、筋の通った論理から結論を導き出す思考方法です。目の前にある事象を分かりやすく分解し、漏れなくだぶりなく整理・分析することで、より正しく合理的な「最適解」を導き出せますが、イノベーションなど新しい発想が求められる場合には活用が難しい点もあります。今回はロジカルシンキングの活用方法や活用例について説明します。

弱い紐帯の強みとは?情報収集で見落としがちな重要な関係について

弱い紐帯(ちゅうたい)の強みとは、新規性の高い価値ある情報は社会的なつながりが弱い人からもたらされる可能性が高いことを意味する社会的ネットワークに関する仮説です。関係性が弱い人達にこそ重要な情報が眠っている視点を身につけることで、会社の中長期的な成長も実現できます。今回は弱い紐帯の強みについて説明します。

ロジカルシンキングのやり方や実践方法とは?日常業務に取り入れてみよう

ロジカル・シンキングは論理的思考とも言われ、筋の通った論理から結論を導き出す思考方法です。目の前にある事象を分かりやすく分解し、漏れなくだぶりなく整理・分析することで、より正しく合理的な「最適解」を導き出せます。今回はロジカルシンキングのやり方や実践方法について説明します。

ロジカル・シンキングとは?最適解を導く思考方法を活用しよう

ロジカル・シンキングは論理的思考とも言われ、筋の通った論理から結論を導き出す思考方法です。目の前にある事象を分かりやすく分解し、漏れなくだぶりなく整理・分析することで、より正しく合理的な「最適解」を導き出せますが、イノベーションなど新しい発想が求められる場合には活用が難しい点もあります。今回はロジカルシンキングについて説明します。

クリティカル・シンキングとロジカル・シンキングの共通点や活用方法とは?

クリティカル・シンキングとは批判的思考とも訳され、物事を批判的に問うことで納得の行く結論を導き出す方法です。ロジカル・シンキングとは目の前にある事象を分かりやすく分解し、漏れなくだぶりなく整理・分析することで、より正しく合理的な最適解を導き出す思考法です。共に効果的な思考法として教育研修などでも用いられていますが、それぞれの役割は異なるため、違いを理解して活用することが大切です。今回はクリティカルシンキングとロジカルシンキングの違いや活用方法について説明します。