記事カテゴリー

「 コミュニケーション 」一覧

チームワークを高めるために効果的な方法とは?構成要素を理解しよう

チームワークにおいて、メンバー間の信頼関係や絆はそのチームの成果にも直結します。チームワークを活用してその成果や力を最大限発揮させるためにはどのような取り組みが効果的なのでしょうか?ここではチームワークを高めるための効果的な方法について紹介します。

心の知能指数(EQ)の構成要素とは?各能力を理解して活用しよう

心の知能指数(EQ)とは、頭の良さを表すIQとは異なる概念です。EQはビジネスにおける対人関係を良好に保ち、円滑なコミュニケーションを行うために重要な能力であり、育成することが可能です。今回はEQを詳しく理解するために、EQを構成する要素について具体的なビジネスシーンも踏まえて説明します。

良いチーム ワーク・悪いチームワークとは?デメリットも理解しよう

チームワークには良いチームワークと悪いチームワークが存在します。チームワークの効果を最大限発揮させ自社の組織に活用するためには、チームワークを決定づける要素について理解することが重要です。ここでは、チームワークを決める構成要素について紹介します。

心の知能指数、EQとは?ビジネスでの成功要因である能力について

EQとは心の知能指数を表す言葉であり、頭の良さを表すIQとは異なる概念です。IQが高ければビジネスが成功するわけではありませんが、ビジネスで成功する多くの人はEQが高く、対人関係能力に長けていると言われています。今回はEQとはなにか、EQはどのような要素から成り立つのか、EQの高い人材の特徴について説明します。

チームワークとは?重要性や活用するメリット・デメリットを知ろう

企業や組織でも多く取り入れられているチームワークについて、その意味は抽象的な理解にとどまりがちです。十分な理解のないままに活用しても、効果は十分に発揮できません。今回の記事ではチームワークについてより具体的な理解を深めるために、概要やメリットやデリットについて紹介します。

キャリブレーションスキル向上のトレーニング方法とは?

キャリブレーションとは「相手の気持ちに気づく」スキルのことで、コミュニケーションスキルの1つです。キャリブレーションスキルを向上させることで、相手の本心を探れるだけでなく、信頼関係を構築することもできます。今回はキャリブレーションスキルを向上させるトレーニング方法について説明します。

キャリブレーションとは?相手の気持ちに気づくコミュニケーションスキル

業界・業種未経験の人材を積極的に雇用する人事方針をとるならば、コミュニケーション能力は重要な評価基準となります。特に「相手が何をしたいか気がつくこと」は、人間関係の円滑化だけでなく、職場の生産性の向上にもつながります。「気がつく」スキルがキャリブレーションと呼ばれるものです。この記事では、キャリブレーションがどのようなスキルなのか、そしてビジネスシーンでどのようなメリットがあるかを紹介します。

プレゼンテーションスキルの向上方法とは?心掛けたい3つのポイント

ビジネスではプレゼンテーションをしなければならないシーンが度々訪れます。相手に意図を伝えるスキルでもあるプレゼン力ですが、実に7割以上のビジネスパーソンがそのスキルに不安を抱えているという調査結果も報告されています。ではどうすれば上手くなるのでしょうか?この記事では、プレゼンテーションスキルを向上させる3つのポイントを紹介します。

スパンオブコントロールの人数を決定する要素とは?最適な人数を知る

スパン・オブ・コントロールとは、上司が直接連動してマネジメントできる人数の限界を示したものです。一般的には5~8人、多くても10人程度と言われていますが、過半数以上の管理職が10人以上の部下を抱えている現状があります。今回はスパン・オブ・コントロールの人数が変動する要素について説明します。

プレゼンテーションスキルを活用するメリットとは?細分化して考えよう

プレゼンテーションスキルは相手にお願いしたことをやってもらうために大切なスキルです。こちらの意見を伝え、理解してもらうことができて、はじめて人は動きます。一方的ではなく、双方的なコミュニケーションスキルと考えることもできるでしょう。この記事では、ビジネスシーンで不可欠なプレゼンテーションスキルとはなにかを解説し、実際にどのように活用していくかを紹介します。