ラテラル・シンキングの具体例とは?自分の価値観や前提を疑おう

採用選考などの正しい判断を狂わせるバイアスの存在

現状の採用選考などの意思決定には「バイアス」が少なくない影響を与えていることはご存知でしょうか?

日本の広告代理店・ADKの調査によると「自社の採用において、明確な採用基準が設定されている」と回答した企業は3割以下となっています。

明確な採用基準が設定されていますか
出典元『PR TIMES』新卒採用選考官経験者の大半が「採用基準が曖昧」なまま選考を行っていることが判明!自社にとって、本当に必要な人材を見極められていないことが大きな課題に

「自社に必要な人材像を理解している」と回答したのは4割でした。「自社の採用において、明確な採用基準が設定されている」「自社に必要な人材像を理解している」両方とも半数以下という結果でした。一般的な企業の採用は、人事担当者などの個人の基準が反映されているという実態が明らかになっています。

自身の会社に必要な人物像について理解しているか

出典元『PR TIMES』新卒採用選考官経験者の大半が「採用基準が曖昧」なまま選考を行っていることが判明!自社にとって、本当に必要な人材を見極められていないことが大きな課題に

リクルートキャリアの「就職白書2019」の調査によると、採用における課題として「採用関係者への採選考基準の統一化」は6位に挙げられており、多くの企業では個人の基準ではなく、統一された基準で行うことが求められていることが見て取れます。

新卒採用における課題
出典元『リクルートキャリア』就職白書2019

Googleの採用面接では、採用活動においては、“ヒトの直観に頼らない一貫した採用要件”に基づいて採用決定を行う『構造化面接』というプログラムを導入しています。「判断の統一化」が明確に規定されており、この採用方法は多くの企業で以前から注目されるものでもあります。

バイアスには様々な種類があり、バイアスを完全に排除するのは難しいものですが、バイアスにかかっていることを認識し、本質を見抜くトレーニングをすることは非常に効果的です。

今回は、バイアスから脱却する方法の一つである「ラテラル・シンキング」を実施する方法を具体例を交えてついて説明します。

「ラテラル・シンキング」を活用するには?

ラテラル・シンキングとは、「水平思考」あるいは「ラテラル思考」とも呼ばれており、どのような前提条件にも支配されない自由な思考法、と言われています。もともとは、1967年にイギリス人医師のエドワード・デボノ氏が提唱したものです。エドワード氏の定義によれば、ラテラル・シンキングとは「どんな前提条件にも支配されない自由な思考法」であり、かつ「水平方向に発想を広げる」という意味合いから、『ラテラル(=水平)』という言葉が使われています。

別の表現でラテラル・シンキングは「前提を疑い抽象化し、セレンディピティを利用する考え方」とも言われています。

前提を疑うことは、常識を疑うこととも等しいです。「一般通念的に、前提(常識)とされているやり方は正しいのか、また今は仮に正しい場合でも将来もそうなのかなどと、疑問に思うことが大切です。

抽象化することは、具体的な事象を見て「何をするものか」「そもそものあるべき姿は?」と抽象化し、本質は何かを突き詰めることです。

セレンディピティを利用することは、偶然に起こったように思えることも単なる偶然だと思わず、それを何かに活かせないかなどと、自分の抱える課題と関連する方法のことです。

ラテラル・シンキングを行う目的について

ラテラル・シンキングは、これからのビジネスで最も必要とされる能力だとも言われています。その背景には、少子高齢化や社会の成熟度合いが進んだ現在、もっとも求められているのは閉塞的な状況を打破できる新しい発想やイノベーションだからです。社会的な要請やビジネスの現場において、変則的な問題を解決する必要が出てきたことで、ラテラル・シンキングは多くの企業で必要とされています。

ロジカル・シンキングは、理論通り順番に考えることができれば、誰もが同じ結論に達するようにできる思考法です。一方で結論は画一的になりがちで、変化の激しいビジネスシーンでは反映できないこともあります。

それに対してラテラル・シンキングは、今までにない独創性を活用した思考法です。今までにない方法で新たなサービスや製品を生み出す可能性があり、その意味でも必要な思考法なのです。

商品や技術開発の分野では、斬新な発想で新しいイノベーションが求められる現場です。変化のスピードが速い現代のビジネスシーンでは、他社にはない独自の強みや差別化要因を確立することが、競合他社から一歩先んじるためには必須です。

大企業など企業の規模感が大きくなるのに比例して、これまでやってきた方法を踏襲しようとしがちです。つまり思考が停止しており、考える幅が狭くなり固定観念に囚われてしまい、結果としてイノベーションが起こる可能性はなくなります。そういったとき、ラテラル・シンキングによって思考の前提を取り払い、新しい視点から課題に取り組むことで、今までにない思考、イノベーションが生まれる可能性があります。

ロジカル・シンキングとの違いについて

ラテラル・シンキングとロジカル・シンキングの最も大きな違いは「前提の捉え方」です。

ロジカル・シンキングの思考プロセスでは「前提」→「推論」→「結論」という筋道をたどります。まずは「A」という前提を置き、その後「AだからB」「BだからC」という推論を辿った結果として「結論はC」という答えに辿り着きます。

注意が必要なのが、ロジカル・シンキングは前提Aの置き方次第で結論が変わることです。当たり前ですが、ロジカル・シンキング自体が「Aが何か」、その設定を指示できるわけではないことです。前提の設定が間違えると、ロジカル・シンキングの構造は破綻してしまいます。

ラテラル・シンキングの思考プロセスでは、前提Aの置き方自体に着目します。前提そのものを覆す発想をすることで、これまでにない新しいアイデアを生み出す思考法なのです。

ロジカル・シンキングとラテラル・シンキングは異なる思考法で、それぞれの強みやそれを発揮できる分野が異なります。新しい発想や問題解決にはラテラル・シンキングを、ロジカル・シンキングは即した問題解決の際に活用できます。

ビジネスシーンでは、まずはラテラル・シンキングで考察し、その後ロジカル・シンキングで最適解の結論に導くように活用することで、思考法として相互補完することができます。

ラテラル・シンキングを実践する方法について

ラテラル・シンキングの活用シーンは「新しい方向性の企業戦略を打ち出してイノベーションを起こしたい」場合や、既存のサービスや商品などを他の分野に役立ててイノベーションを起こしたい」場合、「成熟した市場におけるマーケティングや新商品開発を行う」場合などに有効です。成熟した、もしくは未知の領域での活用だけでなく、既存のサービスや製品、技術を組み合わせることによって、新たな発想を展開する際にも非常に役立つものです。

ラテラル・シンキングをスムーズに行うためには、「3つの要素」について意識することが大切です。

前提を疑う

ラテラル・シンキングは、思考を深める際に前提を持たないことがあります。

前提の確からしさを自分自身に投げかけてみましょう。前提に疑問を持つことで、新しい結論を導くことができます。

抽象化する

物事を一段高い視点で考え見方を変えてみる=抽象化することも有効です。物事で注目すべきところはどこか、何が重要なパーツなのかを考え、それを軸に発想を展開させます。

本質を捉えた発想を生み出すことができます。

予想を超える発見をする=「セレンディピティ」

「セレンディピティ」とは、偶然出会うことや予想とは異なる発見をすることを意味しています。偶然に体験したことなどから積極的にヒントを得て、自分や自社の課題に当てはめて解決の糸口を探るアプローチです。

こういった思考法は閃きを得やすくなると言われており、斬新なアイデアや問題を解決するための糸口を発見する可能性が生まれるのです。

ラテラル・シンキングの具体例について

「2人に買ってきた5個のミカンがある。2人にどうわけるべきか?」

ロジカル・シンキングを使って考えると、1人に2個ずつミカンを分けて、残り1個は半分ずつ分ける、というのが正解です。一方、ラテラル・シンキングで考えると、「全部をジューサーにかけてジュースにしてそれを2人に分配する」といった回答も正解になるのです。

何事も『暗黙の了解・先入観』を疑うことです。こういった例題を出されると、多くの人が意識せずに「ミカンは固形物であることが一般的だから、そのままの形で分けなければいけない」という暗黙の先入観で考えがちです。ラテラル・シンキングは、そういった先入観を取り払う、つまり「固形物として配る必要はないのではないか?」という発想ができれば「全部をジュースにする」という解を見出しやすくなります。

新しいアイデアやイノベーションには、こういった「一般的に考えるのではない」「暗黙の事実・先入観」にはない考え方が不可欠です。自分はどのような先入観を持っているのかを、自分で自覚することが重要なのです。

人事部の採用担当者の場合、課題として「採用が計画通りにできない」というものがあったとします。ラテラル・シンキングでアプローチするならば、まずは、自分の先入観や常識と思っていることを考え、それを洗い出します。

  • 「新卒採用は目標人数を達成しないといけない」という先入観
  • 「採用するためには大手人材サービスをとりあえず利用する」という先入観
  • 「採用後もしっかりフォローする」という先入観

これらの「暗黙の先入観」を洗い出して初めて、先入観を疑うというステップができるようになります。そして「先入観を疑う」ことができれば「目標人数を達成しないといけない」→数より質を重視する考え方もある、「大手人材サービスを利用するべき」→大手である必要はない。目的次第で変えていいのではないか、「しっかりフォローする」→営業など現場も巻き込んで組織全体で取り組むなど、さまざまな問題解決策が発想できるはずです。

常に暗黙の先入観を自覚して、今ある常識を疑うトレーニングができれば、創造的な問題解決策を考案することができるのです。

課題に直面したときには、自分の価値観を疑ってみよう

ラテラル・シンキングとは「水平指向」とも訳され、多角的な視点や自由な発想で創造的に問題解決を行う思考方法です。

垂直思考とも言われるロジカル・シンキングとの使い分けによって、新たな発想が生まれる可能性があるため、新規事業の人材抜擢など、新たな挑戦を行う場合には非常に効果的な思考方法であることをしっかりと認識しておきましょう。

資料ダウンロードフォーム

    「採用だけじゃない!適性検査を最大限に活用する方法」が無料でダウンロードできます

    主に採用選考での「求職者の見極め・理解」に活用されている適性検査ですが、近年は「配属・異動」や「マネジメント」にも活用の範囲が広がっています。
    「人柄」「基礎学力」などの目に見えない概念を計測する適性検査を最大限に活用するために、人事業務やマネジメントシーンにおける適性検査の活用例について資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

    ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

    プライバシーポリシー

    関連するタグ