記事カテゴリー

「 コミュニケーション 」一覧

コミュニケーションスキルをアップさせる研修方法や人事制度とは?

コミュニケーションスキルとは、多くの企業の人材採用において、最も重視されている評価基準です。社員のコミュニケーションスキルのアップを図る際は、ビジネスで必要になるスキルのみに要点を絞って具体化し、適切な教育研修を行う必要があります。今回は、社員のコミュニケーションスキルをアップさせる研修方法や人事制度などについてご紹介します。

コミュニケーションスキルの種類とは?採用で評価すべき能力について

コミュニケーションスキルとは、多くの企業の人材採用において、最も重視されている評価基準です。採用選考の場で応募者のコミュニケーションスキルを見極めるためには、コミュニケーションスキルを細分化し、客観的に評価できるレベルまで落とし込む必要があります。今回は、コミュニケーションスキルの種類や評価基準の設定方法についてご紹介します。

コミュニケーションスキルを採用基準として重視すべき理由とは?

コミュニケーションスキルとは、対人関係を健全に保つために必要不可欠な、他人との十分な意思疎通を行う技術を意味する言葉です。コミュニケーションスキルは、職種や業種、会社の内外を問わず重要なスキルであるため、人材採用の重要な評価基準となっています。今回はコミュニケーションスキルの種類や具体例、採用基準として重視されている理由などについてご紹介します。

オープン・リーダーシップとは?組織の運営に役立てる方法について

オープン・リーダーシップとは、組織の透明性とヨコのつながりを重視し、組織のメンバー全員が能力を発揮できるようにするリーダーシップ能力です。オープン・リーダーシップを活用すれば、組織の意思決定や業務の処理速度が格段に上がり、業界・業種を問わずフレキシブルな対応が可能になります。今回はオープン・リーダーシップの意味や目的、求められる能力やメリット・デメリットについてご紹介します。

ホリゾンタル・リーダーシップとは?組織の多様化への活用方法について

ホリゾンタル・リーダーシップとは、従来のタテの関係によるリーダシップではなく、ヨコの関係を重視した新しいリーダーシップ理論です。ホリゾンタル・リーダーシップは、自社のビジネスや組織全体の多様化・グローバル化に役立つだけでなく、女性活躍推進やダイバーシティ推進にもつながります。今回は、ホリゾンタル・リーダーシップの意味や定義、求められる能力やメリット・デメリットについてご紹介します。

ソーシャルスタイル理論のエミアブルタイプの特徴と相性とは?

ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションスタイルは4つのタイプに分類されます。4つのタイプの1つであるエミアブルタイプの特徴や相性を知っておけば、コミュニケーションの円滑化やチームワークの効率化が図れます。今回はエミアブルタイプの特徴と、ソーシャルスタイルごとの相性についてご紹介します。

ソーシャルスタイル理論とは?4つのタイプと診断結果の見方について

ソーシャルスタイル理論とは、効果的なコミュニケーションを行うための手法として、多くの企業で取り入れられているコミュニケーションの理論です。ソーシャルスタイル理論を活用すれば、社内のコミュニケーションが円滑になり、生産性の向上につながります。今回は、ソーシャルスタイル理論によって分類される4つのタイプと、それぞれの特徴についてご説明します。

ソーシャルスタイル理論のアナリティカルタイプの特徴と相性とは?

ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションスタイルは4つのタイプに分類されます。4つのタイプの1つであるアナリティカルタイプの特徴や相性を知っておけば、コミュニケーションの円滑化やチームワークの効率化が図れます。今回はアナリティカルタイプの特徴と、ソーシャルスタイルごとの相性についてご紹介します。

ソーシャルスタイルとは?言葉の意味や企業での活用方法について

ソーシャルスタイルとは、人の言動を4つのスタイルに分けて考えることで、相手との適切な接し方を判断するコミュニケーションの理論です。ソーシャルスタイルを活用すれば、従業員が互いの強みや弱みを理解して補い合えるようになり、組織の生産性が向上します。今回はソーシャルスタイルの意味や目的、企業におけるメリットや活用方法などをご紹介します。

ソーシャルスタイル理論のエクスプレッシブタイプの特徴と相性とは?

ソーシャルスタイル理論では、人のコミュニケーションスタイルは4つのタイプに分類されます。4つのタイプの1つであるエクスプレッシブタイプの特徴や相性を知っておけば、コミュニケーションの円滑化やチームワークの効率化が図れます。今回はエクスプレッシブタイプの特徴と、ソーシャルスタイルごとの相性についてご紹介します。