ロジカル・シンキングの活用方法や活用例とは?論理的に判断するために

ビジネスで求められるロジカル・シンキング

現状の採用選考などの意思決定には「バイアス」が少なくない影響を与えていることはご存知でしょうか?

日本の広告代理店・ADKの調査によると「自社の採用において、明確な採用基準が設定されている」と回答した企業は3割以下となっています。

明確な採用基準が設定されていますか
出典元『PR TIMES』新卒採用選考官経験者の大半が「採用基準が曖昧」なまま選考を行っていることが判明!自社にとって、本当に必要な人材を見極められていないことが大きな課題に

「自社に必要な人材像を理解している」と回答したのは4割でした。「自社の採用において、明確な採用基準が設定されている」「自社に必要な人材像を理解している」両方とも半数以下という結果でした。一般的な企業の採用は、人事担当者などの個人の基準が反映されているという実態が明らかになっています。

自身の会社に必要な人物像について理解しているか

出典元『PR TIMES』新卒採用選考官経験者の大半が「採用基準が曖昧」なまま選考を行っていることが判明!自社にとって、本当に必要な人材を見極められていないことが大きな課題に

リクルートキャリアの「就職白書2019」の調査によると、採用における課題として「採用関係者への採選考基準の統一化」は6位に挙げられており、多くの企業では個人の基準ではなく、統一された基準で行うことが求められていることが見て取れます。

新卒採用における課題
出典元『リクルートキャリア』就職白書2019

Googleの採用面接では、採用活動においては、“ヒトの直観に頼らない一貫した採用要件”に基づいて採用決定を行う『構造化面接』というプログラムを導入しています。「判断の統一化」が明確に規定されており、この採用方法は多くの企業で以前から注目されるものでもあります。

バイアスには様々な種類があり、バイアスを完全に排除するのは難しいものですが、バイアスにかかっていることを認識し、本質を見抜くトレーニングをすることは非常に効果的です。

今回は、バイアスから脱却する方法の一つである「ロジカル・シンキング」の活用方法について、具体例を交えて説明します。

ロジカル・シンキングの活用方法や活用例とは?

「logical(ロジカル)」とは「論理的な」などの意味で、「ロジカル・シンキング」は日本語に訳すと「論理的思考(論理思考)」という意味です。ある一定の枠組みで論理的に道筋を立てて考え、目の前にある事象を分かりやすく分解し、漏れなくだぶりなく整理・分析することで、より正しく合理的な「最適解」を導き出す思考法です。クライアントなどビジネス上での交渉時やプレゼンテーションの場でも役立つもので、ビジネスパーソンにとっては必要不可欠なスキルとされています。

「ロジカル・シンキング」を進める際の代表的なフレームワークは、物事を構造的に分解する手法である「ピラミッドストラクチャー」、物事を「モレなくダブリなく」検討するための手法「MECE」などがあります。

ロジカル・シンキングを行う目的について

論理的思考が重視される現在のビジネスにおいては、ロジカル・シンキングを活用することで、はっきりしない抽象的な事柄をつながった線として捉えることができるようになります。

点はつまり「過去に起こった事柄」で、一つひとつを確認して線として繋げることで問題が解決することもあります。あなたが人事担当者の立場であれば、社員育成のためにもロジカル・シンキングができる力を育成してく必要があります。

ロジカル・シンキングには大きく分けて2つの意味があります。「物事を体系的に整理し、全体と部分の包含関係」と「筋道たてて矛盾なく考え、部分と部分の因果関係」を整理することです。

クリティカル・シンキングとの違いについて

ロジカル・シンキングとは、問題解決のために情報を分類・整理して分かりやすく論理的に解決策を検討することです。クリティカル・シンキングとは、そもそもの前提が正しいのか、他の内容を検証しなくてよいかなど、問題解決に向けて、より掘り下げて検討する思考法です。

クリティカル・シンキングを実行後、ロジカル・シンキングルで説明するというように、合わせ技で使うことでより確固とした理論で、相手を納得させられる結論を導くことができるのです。

ロジカル・シンキングを実践する方法について

問題に対して仮説を立てる

ある問題に対して最適解を導くためには「あるべき姿」と「現状」を明確にしなければいけません。ピラミッド構造やMECEを活用して問題を分解し、その時点での具体的な仮説を立案します。

仮説を立てることで明確にすべきことが把握できるため、いち早く必要な情報や分析した結果を活用できます。仮説によって思考の堂々巡りやなどを防ぐことも期待されています。

結果から仮説が成り立たない場合、仮説を立て直すことができるため、より早く正しい結論に導く足掛かりになります。

仮説を検証する

仮説検証には、イシューツリーを書いていきます。イシューツリーの始まりは仮説で、その仮説に対する論点を挙げ、個々の仮説が正しいかどうかをYesかNoで答えていきます。論点が全てYesなら、仮説が結論です。

イシューツリーの作成と同時に「仮説検証に必要な論点」を突き詰めて考えることで、主要な論点が明確になります。イシューツリーによって、論点の優先順位や重要度が見えてくるため、効率的に問題解決に辿り着くことができます。

情報収集や分析作業で「仮説」を進化させる

仮説は事実や分析結果の裏付けがあってはじめて結論となります。つまり情報収集や分析作業によって仮説は進化していきます。情報収集から次に確かであろう仮説をさらに分析します。

新しい事実によって仮説が進化すると、必要な情報収集や分析作業が見えてきます。この繰り返しで仮説は進化していくのです。

Why so?/So what?で仮説の精度を上げて結論を出す

「Why so=なぜそうなのか?」で、辿り着いた結論はどのような根拠に裏付けられているかを問いかけます。問題の原因を見極めることで、問題の構造を明らかにし解決の糸口を見つけます。「So what=だから何なのか?」で、事実や分析結果から何が言えるのかを問いかけ、これによって仮説が進化して結論が明確化されます。

結論を頂点にし根拠の積みかさねで構成されたピラミッド構造を、上から下へWhy so?で問いかけ、下から上へSo what?で分析することで、ピラミッド構造の精度を向上できます。結果として、論理がより精密になることで、精度の高い結論が導き出されるのです。

ロジカル・シンキングの具体例について

【例1】人事計画書にミスが発覚した

悪い解決例:ミスが起きないように注意して仕事をする

ロジカル・シンキングを用いた解決例:

  • ミスが起きた原因を特定する
    ⇒書類を作成した際に、他の案件にも取り組んでおり注意力が散漫だったのが原因
    ⇒書類を作成した後、ダブルチェックを実施していなかった
  • 解決策について仮説を立てる。
    ⇒重要な書類を作成している際は、他のことを同時並行しない。特に、数字やデータなどの細かい確認が必要なものは作業に集中する
    ⇒書類作成後は必ずダブルチェックを実施。実施したかどうかは、必ずチェックシートなどでチェックを行う。

【例2】クライアント先への訪問時間を間違えた

悪い解決例:次回はミスしないよう、事前に必ずスケジュールチェックを行う

ロジカル・シンキングを用いた解決例:

  • 時間を間違えた原因を特定する
    ⇒スケジュール管理をしていたタブレットへの書き込みがそもそも間違えていた
    ⇒日時を決めた際に、別の作業を行っていた
  • 解決策について仮設を立てる
    ⇒アポイントを取った際は、前日にクライアントに確認する
    ⇒スケジュールを記載する際は間違えないように他の作業を行わず、記入だけを行う

ロジカル・シンキングをビジネスに活かすために

ロジカル・シンキングとは論理的思考とも訳され、筋の通っている論理から結論を導き出す思考方法です。

ロジカル・シンキングは、なぜその結果が起こったのか問題を細分化し、論理的に正しいのかを検証することで実践できます。自分の思い込みや主観ではなく、客観的に正しいかどうか、普段から客観視点で物事を判断することで、自然と身につけることができる思考法なので、意識してビジネスの現場で活用していくことをオススメします。

資料ダウンロードフォーム

    「採用だけじゃない!適性検査を最大限に活用する方法」が無料でダウンロードできます

    主に採用選考での「求職者の見極め・理解」に活用されている適性検査ですが、近年は「配属・異動」や「マネジメント」にも活用の範囲が広がっています。
    「人柄」「基礎学力」などの目に見えない概念を計測する適性検査を最大限に活用するために、人事業務やマネジメントシーンにおける適性検査の活用例について資料化した小冊子を無料でダウンロードして頂けます。

    ダウンロードにはプライバシーポリシーの同意が必要です。

    プライバシーポリシー

    関連するタグ