記事カテゴリー

キャリアの棚卸しをする方法とは?7つのステップから考えよう!

自身の仕事(業務)や経験から、今後のキャリアの方向性や目標を決める上で「キャリアの棚卸し」が有意義です。転職時だけでなく、転職する気がなくとも、自身のキャリアの振り返りなどとして、定期的に実施することをオススメします。キャリアの棚卸しは一度やっておけば、次回以降はまた0からやり直しせずにすみ、追加して実施できるため、最初に丁寧にやっておくことで、定期的に実施しやすくなるでしょう。今後の働き方にも影響を与えるので、キャリアの棚卸しを一度もやったことがなければ、実際にやってみませんか?

室内でできるチームビルディングのゲーム例とは?初期段階で活用しよう!

チームビルディングには「対話」「ゲーム」「アクティビティ」「スポーツ」など様々な方法があります。室内で実施できるゲームは、天候に左右されずに気軽に実施できる点から、チーム結成の初期段階に適しています。屋外と比べると環境の変化が少ないため、ゲームをすることで「単に楽しかった」だけで終わらせてしまっては意味がありません。今回はチームビルディングにおすすめな室内ゲームの例と準備すべきもの、身につくスキルについて説明します。

キャリアの棚卸しとは?過去の仕事や経験を自己分析に活用しよう!

自己分析方法の一つとして「キャリアの棚卸し」があります。「キャリアの棚卸し」では自分の過去の仕事(業務)や経験から「何が出来るのか、何がやりたいのか、やりたいことを実現するために何が必要なのか」を明らかにできます。自分自身の職業人生に向き合って考えることで、今後のキャリアの方向性や目標を立てることができ、転職活動時にはもちろんのこと、転職する気がなくとも非常に有意義になります。キャリアの棚卸しは自己分析方法の一つであり、今後のキャリアの方向性や目標の道標ともなるでしょう。自分が今何をすべきか、目標と過程を定期的に振り返ることで、「やりたいことが変わったのか」「今どこにいるのか」「今何をすべきか」を明確にし、自身のキャリアプランに活かせるため、転職活動時でなくても、定期的に実施することをオススメします。

キャリアパスとは?意味や形成の仕方や考え方、メリット・デメリット

キャリアパスとは、自社内で目指す職位や職務に到達するための道筋や順序のことを意味しており、どのような経験を積み重ねて能力を高めていくべきかを明確にするためのものです。2人に1人が転職する時代において、将来に対する漠然とした不安などが離職のきっかけになることもあり、従業員に将来像を明確にもってもらうことは、活躍人材の育成だけでなく離職防止にもつながります。今回はキャリアパスとはなにか、キャリアアップやキャリアプラン・キャリアデザインとの違いはなにか、キャリアパスを活用するメリットやデメリットについて説明します。

他己分析シートとは?ジョハリの窓を活用して、効果的な他己分析をしよう

他己分析とは、他人から見た自分を分析する方法で、自己分析と併せて実施することで、より効果的に自分自身のことを知れます。他己分析を行うためには、他己分析を行う目的を明確にし、質問事項をまとめ、回答を分類・分析する必要があります。初めて他己分析を実施する際に有効的なジョハリの窓から、他己分析シートを作る方法について説明します。

他己分析の質問例とは?目的や意図を明確にし、事前に質問を準備しよう

「自己分析」だけではわからない自分を知るための方法が「他己分析」です。複数の人に自分について聞くことから始まりますが、何を聞いたらいいのかわからない、自分の長所を聞くなんて恥ずかしい!と思う方も多いでしょう。今回は、他己分析を行う上で明確にするべき質問例や目的、意図について説明します。

採用マーケティングの手法とは?採用プロセスごとの改善方法について

採用マーケティングとは、従来の採用プロセスにマーケティングの手法を取り組んだ採用手法です。労働市場や人材獲得における競合他社などの動向は常に変化しているため、動向に注意しながら自社の採用プロセスを改善し続ける視点が今後優秀な人材を獲得する上では必要不可欠です。今回は採用マーケティングにおける具体的な採用プロセスとそのポイントや注意点について説明します。

他己分析とは?自己分析との違いやメリット・デメリットについて

他己分析とは、自己分析の手法の一つで、他人からどう見えているのかを知る自己分析方法です。知らない自分が見えるだけでなく、他人からどう見えているのかを理解し、他己分析と自己分析の結果を比較することで、精度の高い自己分析を行えます。今回は他己分析とはなにか、他己分析を行うことで得られるメリットについて説明します。

自己観察のやり方とは?定期的に自分自身を振り返ろう!

自分の強み・弱みや特徴が明らかになる自己分析に対し、何故その行動を起こしたのかといった行動理念、価値観が明らかになる自己観察があります。自己観察には、自己分析のようにまとまった時間に行う方法と、日常生活のふとしたタイミングで自己観察を行う方法の2種類に分けられます。これからそれぞれのやり方について説明します。